貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

タグ:夫

セレブ妻の・・・転落
年収1200万円のエリート夫と結婚した専業主婦。
夫は転職するも結果を出せず解雇されてしまい、うつ病になってしまいました。
セレブ妻は働くことに対し、社会復帰への不安が大きいようです。
人生に「こんなはずじゃなかった」はつきものです。
お互いが大変な時こそ、支えあえる家族でいたいですね。


お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
ズボラな人でも毎日500円玉が貯まるすごい方法 [ 市居愛 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

こんなはずじゃなかった……夫が「うつ病」に
誰もがうらやむエリート夫と結婚した33歳専業主婦のA子さん。A子さんは、雑誌から抜けでてきたようなおしゃれな洋服に身を包み、セレブな雰囲気を感じさせる女性でした。そんなA子さんでしたが、夫がうつ病になってしまい、不安でいっぱいだというのです。続きを読む

キャリアウーマンから・・・貧困に
キャリアウーマンだった女性が、貧困へ転落した話しです。
義母が認知症、夫が急死、パブ勤めののち、風俗勤めへ・・・
この女性は、認知症の義母を中心として生活全般を組み立てています。
介護をしながらデリヘル嬢。彼女が義母にここまで尽くせるのは何故でしょう。
家族愛? 使命感? それとも・・・


「おひとり」を不安0で生き抜く女子貯金 [ 横山光昭 ]
定年夫婦になる! 100歳までお金に苦労しない [ 井戸 美枝 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 格差や貧困問題の是正が放置されているうちに、「アンダークラス」が900万人を突破、日本は「階級社会」への道を突き進んでいる。続きを読む

見栄で・・・貧乏
夫のブランド志向で「結婚後貧困」になってしまったという女性。
セレブな街にマンションを買ったのですが、家計は火の車。
派遣会社に勤めていますが、
とっさの出費のときは、夫に内緒で昔働いていたキャバクラ時代の客とデート。
それでも足らないので、パパ活サイトに登録しようか思案中だとか。
いやこれ、夫に問題ありますが妻にも問題ありですよね。


ひとりぐらしも神レベル [ カマタミワ ]
定年夫婦になる! 100歳までお金に苦労しない [ 井戸 美枝 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

マトモに働いている男性と結婚したら、安定した生活が待っている。普通の人はそう考えるのではないでしょうか。続きを読む

貧乏
夫は正社員、妻はパート。
「夫婦の財布を別々にしよう」という夫の提案が罠でした。
夫は高級寿司、妻はふりかけご飯って・・・
金銭面は夫婦であってもキチンとしておくべきですね。
夫には、妻に対する扶養の義務があります。
世帯年収は600万円あるので、このまま泣き寝入りはいけません。
人として最低限の生活レベルにはしてもらいましょう。


お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 昨今、度々耳にする女性の貧困問題。その現状は様々ですが、中には結婚しても妻だけ貧乏な状況に置かれることもあるようです。続きを読む

低収入の夫
お金を取るか、愛情を取るか問われれば・・・
現実的に考えれば「お金」だと私は思います。
お金のある男と結婚したらしたで、
「やっぱり愛がないと」とか言うかもしれませんが、
衣食住を満たさない暮らしを続けていれば、やがて愛も冷めます。
この点は、女性の方が現実を知っていますね。


0円で空き家をもらって東京脱出! [ つるけんたろう ]
ズボラな人でも毎日500円玉が貯まるすごい方法 [ 市居愛 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

結婚するうえで「愛情とお金」のどちらをとるかは議論になりがちだ。どちらも充実しているにこしたことはないが、そうはいかないのが現実というもの。続きを読む

帰省
夫の実家への帰省・・・とっても気が重いですね。
私の場合、夫の両親とはそこそこ良好な関係だと思っています。
しかし! お盆に帰省となると親戚の人が集まったりで、もう大変。
何を手伝うにしても勝手が違うので神経をすり減らします。
そんなこともあって、ここ数年は私は家で留守番をしています。
「どうして来ないんだ?」と夫が無神経に聞いてきますが、何もわかっていない。


おひとりさまの老後 [ 上野千鶴子(社会学) ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「お盆は実家に帰ろう」と提案すると、突然妻の表情が暗くなる。これまで嫁姑トラブルもなかったし、帰ったときには気分よく過ごしていたじゃないか――。なぜこんなにも妻は夫の実家への帰省を嫌がるのか。続きを読む

↑このページのトップヘ