貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

カテゴリ:借金

銀行カードローンで破産
銀行カードローンがサラ金化しているようですね。
銀行の無担保カードローン事業は総量規制などの適用外で、
年収の3分の1を超えても新規に貸し出すことが可能なようです。
昔サラ金、今は銀行カードローン・・・こんなところでしょうか。
借金癖のある人は食い物にされます。これは、昔も今も変わっていません。


お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

銀行が無担保で個人に融資する「カードローン」が社会問題化している。利便性の高さを背景に過剰な融資が行われ、「銀行がサラ金化している」との声も上がっているのだ。

 日本銀行によると、銀行カードローンの6月末の融資残高は前年同月比8.6%増の5兆6793億円で5年前の1.7倍となっている。銀行のカードローンは改正貸金業法に基づく総量規制の対象外だ。銀行のホームページを見ると、カードローンの紹介について、消費者金融業者の広告かと見紛うような宣伝文句が目立つ。

 一方、2016年の自己破産者の申し立ては前年比1.2%増の約6万4600件。銀行のカードローンの返済で生活が苦しくなり、弁護士に相談するケースも増えているという。銀行のモラルはどうなっているのか。長年サラ金や多重債務の問題に取り組んでいる、東京市民法律事務所代表弁護士の宇都宮健児氏に話を聞いた。続きを読む

奨学金団体
奨学金が返せない人が大勢いるようですね。
ただしこれは、借りた方にもかなりの責任が・・・
もし返済が滞るようなら、借入先に連絡をし相談してみましょう。
そんな最低限の事もしない人は・・・悪質だと判断されます。
つまり、厳しい取立に遭う人は自らそうした人たちです。
借りるだけ借りて知らん振り・・・こんなのは同情できませんね。


お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

経済的理由で修学が困難な学生を支援するための「奨学金」ですが、近年その過酷な取り立てが物議を醸しています。無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』編集長の柴田忠男さんが紹介する一冊に記された、サラ金顔負けのブラックな「奨学金事情」とは…。

『ブラック奨学金』 今野晴貴・著 文藝春秋続きを読む

固定資産税
土地や家屋を相続すれば、固定資産税等や不動産の維持費がかかります。
自分が住んでいれば別ですが、
住みもしないのに税金ばかり払うことに・・・
賃貸や売却、行政移管などを試みましたが全てダメ。
このままだと毎年、税金ばかりを納めなければなりません。


お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

少し前に、親から相続した土地と家屋について相談を受けました。この相談を通して、空き家問題だけではなく、土地も個人にとって負の財産となりかねない怖さを垣間見ました。

 相談に来られたのは、東京にお住いの30代後半のご夫婦で、相談の対象となった不動産はご主人の両親が亡くなるまで住んでいた実家の土地・家屋に関するものでした。その土地と家屋を相続したご主人は、固定資産税等の不動産の維持費が馬鹿にならず、このままではお金がもったいないうえ、将来子どもの養育費などを考えると生活不安の材料になるのではないかと心配しての相談でした。続きを読む

無職になった独身女性
仕事に忙殺され退職・・・
ウツにならずに済んだのですが、次の仕事が決まっていません。
結果、友人に借金の申し込み。
彼女の場合は運が良かったのかもしれません。本まで出せたのですから。


お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「こんな会社、思い切って辞めちゃおうかなあ」

 会社勤めをしていれば、誰もが一度はそう考えたことがあるはずだ。でも、次の仕事のあてがない無職は想像以上につらいもの。収入がなくとも、健康保険や住民税などの支払いは容赦なく押し寄せる。いつ終わるとも知れない貯金を切り崩しながらの生活は、いつしか心までもすり減らしていく。続きを読む

↑このページのトップヘ