貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

カテゴリ:借金

女子力
女性雑誌の編集をしていた女性ライターのお話です。
最近の女性は「女子力」を上げるために懸命なようですね。
「パッと見、普通」の30代OLには、借金が100~300万円という人もザラにいる。
この現実を、どう思いますか?



 私は、女性誌の編集者として20年近く活動している。そのなかで、多くの女性たちから話を聞いてきた。雑誌をつくる時に最も大切なのは、「生の読者の声」だ。それゆえ、リサーチが雑誌の鮮度を決める。今まで、雑誌の購買層に合わせて、10~40代の2000人ほどの女性に会った。続きを読む

奨学金
奨学金の取立てが厳しいことは誰もが知るところとなりました。
日本学生支援機構の奨学金制度は借りた人が返すことによって、
次の人たちが借りれるようになっています。
取り立てないと資金が底をついてしまうのが現状なので、
何もしないというわけにはいきません。どうすればいいのでしょう?



 格差が固定化され、世帯収入の差も広がる一方で、大学をはじめとする高等教育機関の学費は年々高額化している。

 1990年、大学の初年度納付金額の平均が約65万円だったのに対して、2014年は96万円と大幅に増加(文部科学省の「国公私立大学の授業料等の推移」を基に国公私立大の授業料の平均値を算出)。

 そうした状況下で「家計は苦しいが、大学に進学したい」という学生は、どうするか。奨学金制度を利用するのである。今や、大学生の約4割が日本学生支援機構の奨学金制度を利用している。続きを読む

借金
過払い金請求は広く認知されましたね。
ここで誤解されやすいのは、過払い金請求すれば借金が無くなる。
これではありあません。場合によっては債務がゼロになることもありますが、
基本的には、債務責任がなくなる方法はひとつです。
「借りたものは返す」これが法律で定められたルールなのでお間違いなく。



頻繁に放送されていた過払い金請求のCMを、パタッと見なくなりましたね。過払い金請求というのは、簡単にいえば、払いすぎた利息を取り戻す方法です。

いまは借金とは無縁の生活を送っている人でも、将来はどうなるかわかりません。そこで、意外と誤解されやすい借金返済に関する真実をお伝えしたいと思います。続きを読む

↑このページのトップヘ