貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

カテゴリ:生活

墓場まで持っていく秘密
夫婦でも、何かしらの秘密があったりします。
粗方のことは許せたとしても、我が子が自分の子でなかったら・・・
夫としては、知らないままの方が幸せなんでしょうね。


毒親育ち [ 松本耳子 ]
姑の言い分嫁の言い分 [ 今井美沙子 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

他の男の孫を可愛がる

 ■子どもの父親は……

 夫婦の実態を取材するノンフィクション作家の亀山早苗氏が語る。

 「夫に依存症を隠しているケースも多いです。パチスロにハマった主婦の方で消費者金融に400万円の借金を作った人もいました。

 アル中もそうです。もともと飲めない女性が子育ての不安を抱えるなかで、ある日ワインを飲んだらおいしかったらしく、すぐにキッチンドリンカーになりました。

 昼間飲んで、空き瓶は棚の奥にしまいシャワーを浴びるので夫は気がつかない。でも私から見れば完全にアル中状態でした。

 妻は夫に自分の不満を話してもムダだと思っているので、どこで発散できるかということに興味がいくのです」

 そして、究極の秘密は子どもの出生だろう。続きを読む

結婚記念日
二人にとって大切なはずの結婚記念日・・・
せっかくの記念日なのに、楽しく迎えられない場合もあるようです。
なかには結婚記念日に離婚を決意・・・こんな修羅場には同情します。


お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「結婚記念日」は、他人であった男女が晴れて家族になった大切な日。夫婦で「お祝い」をする人も多いだろう。

しかし、年数を重ねると日にちを忘れてしまうケースや、知っていても「どうでも良くなる」ことも。本来なら、何年たっても結婚した日は祝うべきだと思えるのだが…。続きを読む

迷惑住民
出来れば避けたいのが、ご近所トラブル。
まあしかし、ある一定の限度を超えた非常識な人がいるのも事実。
音・ニオイ・マナーなど、迷惑住民は意外と多いようです。
具体的な解決策は・・・難しいですね。
拗れると事件になることだけは、ハッキリしています。


毒親育ち [ 松本耳子 ]
結婚貧乏 (幻冬舎文庫) [ 平安寿子 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

いつの世もご近所トラブルは尽きないものですよね。

 不動産・住宅サイト「SUUM(スーモ)」では、全国の集合住宅に住む20~49歳の既婚男女400人を対象に「マンション・アパートで非常識だと思われる行動」に関するアンケートを実施しています。

 騒ぐ、暴れる、叫ぶ…。マンションやアパートに住む人たちが感じているリアルなご近所トラブルとは、果たしてどんなものなのでしょうか?続きを読む

ガン夫との離婚
どんな病気でも「治そう」とすると大変ですね。
これが生死に関わる病だったりすると尚更です。
ガンという病気は患者本人もそうですが、家族もまた辛いものです。


難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! [ 山崎元 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「ぼくがついている」「大丈夫」「一緒に頑張ろう」…もしあなたががんを宣告されたら、夫から掛けてほしいのはこんな言葉だろうか。だが、今、闘病中の妻に真逆の言葉を浴びせる夫が増えているという。2人に1人ががんになる時代、「献身的介護」を美徳とする日本の夫婦関係に大きな変化が生まれていた――。

 闘病しながら夫との関係に悩む女性がん患者がいる一方、“支える側”になった女性も、多くの悩みを抱えている。続きを読む

離婚の決め手
誰もが、離婚するつもりで結婚はしないと思います。
しかし、現実は3組に1組が離婚しています。
離婚を決めた、最後の言葉や出来事は何だったのでしょう?
海外の掲示板に書かれたものですが、
そのまま、この国にも当てはまりそうですね。
かなり、辛そうなのもあります。簡単に立ち直れないだろうな・・・


大貧帳 (中公文庫) [ 内田 百間 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

離婚は人生に大きな打撃を与えるので、決断までにかなりの時間や労力を費やす人が多いものです。

関係を修復する努力や妥協をしても離婚に至ることがありますが、いったいその決め手は何だったのでしょうか。

海外掲示板に寄せられた、離婚経験者たちの 「最後の一打は何だったのか」 に対する回答をご紹介します。続きを読む

夫いじめ
夫は暴力的で妻は、か弱い・・・
こんなのはただの幻想かもしれません。
妻からの「夫いじめ」が陰湿で恐い。
風呂にも入らせてもらえず、安物ばかりを与えられ、
こうなると解決策を探すよりも離婚したほうが、お互いのためかも。


大貧帳 (中公文庫) [ 内田 百間 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

いじめは子どもたちだけの問題ではなく、大人社会にも存在します。それは、たとえば最も身近なコミュニティである家庭においても起こり得ることです。

「妻からのいじめ被害を訴える夫は少なくありません」と語るのは、夫婦問題専門家として、これまで2万件以上の相談に乗ってきた岡野あつこさん。その実態について聞きました。続きを読む

シングル親
シングル親が多い都道府県は、
1位、沖縄県
2位、宮崎県
3位、青森県
4位、鹿児島県
5位、佐賀県

都会よりも地方の方がシングル親が多い傾向にあります。
一人で子育てするには、都会は厳しいんでしょうね。


毒親育ち [ 松本耳子 ]
結婚貧乏 (幻冬舎文庫) [ 平安寿子 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

この15年、離婚は減り続けている。こう聞くと驚く人が少なからずいるのではないだろうか。離婚には、いろいろと知られない実像がある。今回は国勢調査などのデータを使って、離婚のリアルを探っていこう。続きを読む

↑このページのトップヘ