貧乏かわせみ

女性の貧困、老後、貧困、若者、破産、派遣、生活保護、パラサイト。 40代、50代、下級国民、少ない年金、手取り10万、年収200万、孤独、不安、貯蓄ゼロ。 ど貧乏、離婚、年下、三角関係、妊娠、シングルマザー、コロナ、検査薬、中身、おっさん。

カテゴリ:生活

親の都合
コロナの特別定額給付金10万円、
10万円×人数は大きいですよね。4人家族なら40万円、
5人家族なら50万円、10人家族だったりしたら100万円…
それぞれの家庭が使い道を考えたと思いますが、
みなさん、子どもの分はどうしたんでしょうね。
自分の名前で貰えたのなら子どもだって10万円欲しい…
分配に関しては泣き笑いがあったようですが、
大人も含めて不満があった人は、次の10万円に期待しましょう。


日本の貧困女子 (SB新書) [ 中村 淳彦 ]
得するお金のスゴ技大全 知ってるだけで年間50万円浮く!! [ 丸山晴美 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

コロナ禍で多くの人が収入を減らす中、“干天の慈雨”となったのが、1人あたり10万円の特別定額給付金。当初は収入現象世帯に限って1世帯あたり30万円という案だったものの、続きを読む

エアコンを、つけてくれない義母
この季節、夫婦間でもエアコンの設定温度で揉めたりしますが、
「エアコンをつける・つけない」で意見が違うと大変でしょうね。
我が家は室温が29度を超えたら湿度によってつけて、
30度を超えたら必ずエアコンのスイッチを入れるようにしています。
結婚相手の実家がエアコンをつけてくれない…
こういうお悩みがかなり多いようで、
連れていった子どもの熱中症が心配ですよね。
飼っていた鳥が熱中症で死ぬって…これはもう危険レベル。


ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]
37独身、年収300万円知っておきたいお金のこと [ 横山光昭 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

結婚相手の親と「エアコンをつける・つけない」で意見が違うと大変です。ガールズちゃんねるに 6月中旬、 「義母がエアコンをつけるのを嫌がる」と不満を訴えるトピックが立ちました。続きを読む

夫婦間の隠し事
某証券会社の調査によると、
夫婦間の隠し事の1位は「お金関係」で、
次いで「恋愛関係」、「趣味関係」となりました。
証券会社の調査だけにお金に関して掘り下げていますが、
恋愛関係を隠し事にしている1割弱の人が気になります。
不倫はいつかバレるので、早めの撤退がいいと思うのですが、
特有の背徳感で燃え上がってるのかもね。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
四十歳、未婚出産 [ 垣谷美雨 ]   日本のヤバい女の子 [ はらだ有彩 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

松井証券は6月30日、「夫婦の家計管理事情に関する調査」の結果を発表した。調査は3月、結婚3年以内の20~30代男女各200名(以下、若年夫婦)、結婚30年以上の50~60代男女各200名(以下、熟年夫婦)の計800名を対象にインターネットで行われた。続きを読む


姑がイヤミな人だと憂鬱ですよね。
また、嫌な姑にかぎってお金にだらしなかったりするものです。
知らぬ間に、家の通帳から400万円もの大金が消え、
ダメ夫が姑に渡していたら…
夫と姑に見切りをつけた妻は周到に離婚の準備をします。
そして、いよいよ…


ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]
37独身、年収300万円知っておきたいお金のこと [ 横山光昭 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

家庭によってその形はさまざまですが、信頼関係が崩れてしまうと修復が不可能になってしまう場合があります。
Youtubeチャンネル『平成の雄叫び』には、家族関係に悩む妻の話が公開されています。続きを読む

ずっと無職、大学中退して
大学を中退してから10年以上も無職だった男性。
資産のある親元で、ずっとひきこもり生活を送っていました。
そんな彼が外に出るきっかけとなったのが…
ある日、唯一の友人から「結婚式に招待したい」と言われます。
式に出席すれば、同世代の人たちと会うことになりますが、
人と会う苦手よりも、友の幸福を祝したい気持ちが勝ったようで、
彼へのご祝儀だけは「自分で稼ぎたい」と一念発起しました。
人生初のアルバイトを経て式に参加できたのは、
友の細かな配慮もあったようで…いい友達ですね。


ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]
37独身、年収300万円知っておきたいお金のこと [ 横山光昭 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

37歳の男性は大学1年の頃からひきこもり状態となり、一度も就労経験がなかった。そんな生活を10年以上続けた30歳の半ばころ、唯一の友人が結婚すると聞き、「祝儀を自分で稼いで渡したい」と突如マンションの夜間管理人バイトとして働き始めた。以来、ずっと働き続けられた意外な理由とは――。続きを読む

↑このページのトップヘ