貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

カテゴリ:生活

モンスター化した30代娘
心の病・・・
全国で数百万人の人が抱えている現実があります。
重篤な場合だと日常生活が送れないどころか、事件化する場合もありますね。
引き篭もってモンスター化する我が子は、
親にとっても子にとっても悲しいことです。
早めの治療しか手立てはありません。深刻になる前に解決策を探しましょう。


ひきこもりに出会ったら [ 斉藤万比古 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 国内の精神疾患患者数は392万人(2014年、厚生労働省障害保健福祉部作成の資料より)を超えます。精神疾患はもはや身近な病気です。一方、病気の自覚がない人や、症状が慢性化した人ほど医療につながりにくい現実があり、家族も苦しんでいます。危機的な家庭からのSOSを受け、本人を説得して医療機関に移送するスペシャリスト、押川剛さんが実際に直面した事例を報告します。【毎日新聞経済プレミア】

 ◇10代の終わりごろに強迫性障害を発症

 私(押川)は1992年、神奈川県で警備会社を創業し、96年、病識のない精神障害者を説得して医療機関に移送する、日本初の「精神障害者移送サービス」を始めた。

 今回は、中部地方で自然食品の会社を経営するA夫妻(ともに60代)と、30代の娘B子さんのケースを紹介する。続きを読む

毒親
すべての親が、子どもを第一に考えているわけではありません。
昭和のホームドラマは、麗しい親子関係ですが・・・
子を食い物にする親・・・これも現実です。


「毒親」の子どもたちへ [ 斎藤 学 ]
シングルマザー、家を買う [ 吉田可奈 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

最近では、子供にとって「毒」のような悪影響を及ぼす母親のことを、「毒親」や「毒ママ」と腐す風潮が出てきた。

そんな中、『GIRL’S TALK』にある女性ユーザーが長年抱えてきた「母親との関係」についての書き込みを投稿。その内容に驚きの声があがっている。

■「義祖父母に似ている娘」を毛嫌いする母親
トピ主であるラヴィーナさんの母親は、家と外で態度が180度急変。例えば、学生時代にラヴィーナさんが「通学路で痴漢に遭った」と母親に相談するも、「そんな道を通る(レベルの低い)学校に行くから」と投げ捨てるように言われたという。

しかし、家庭訪問の際に担任に話した際には「かわいそう…」と芝居を打っていた。続きを読む

漂流する遺骨
孤独死が増えています。
これは都会だけの話ではありません。地方都市でも年々増加の傾向にあります。
なかには腐敗が進んで棺を開けることさえできない遺体もあるようですが、
好きで孤独死になる人はいないと思います。遺骨も多数、行き場を失っています。
どんな大家族でも最後は一人になります。
自分の最期を考えると・・・他人事ではありませんね。


孤独死のリアル [ 結城康博 ]
シングルマザー、家を買う [ 吉田可奈 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

自宅で誰かに看取られることなく息を引き取り、そのまま放置される「孤独死」が年々、増えている。「平成27年版高齢社会白書」によれば、東京23区内で一人暮らしで65歳以上の人の自宅での死者数は2013年に2869人。2002年には1364人だった。

孤独死の要因としては、生涯未婚率の上昇だけでなく、非正規雇用の拡大など様々な要因が挙げられるが、単身世帯の増加に伴い、孤独死の数も今後増えていくと予想されている。未婚者だけでなく、たとえ既婚であっても死別によって最後は夫婦のどちらかが「おひとりさま」になる。そう、孤独死という結末はもはや、誰にでも襲いかかる現実なのだ。続きを読む

老後の不安
老後の生活にお金は必要ですね。しかし、年金がどうなるか不透明・・・
個々で備える必要がありますが、単位は数千万円になります。
金額に臆することなく備えはしたいものです。人生の最期が悲惨にならないために。


貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

目の前の生活に精一杯で、何十年も先の老後のことまで考えて貯蓄を行うのはなかなか難しい。なんて思っていたら、自分もいい歳になってきていて……。今回はマイナビニュース会員のうち男女305名に、老後にお金の面で不安はあるか答えてもらった。

Q.老後にお金の面で不安はありますか?

はい 90.5%
いいえ 9.5%続きを読む

↑このページのトップヘ