貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。嘘じゃないガチ貧乏は悲しく切ない。

カテゴリ:生活

亀裂、ママ友グループ
ママ友グループのトラブルは多いですよね。
特に今はコロナの影響でどの家庭も収入減…
外食等で必要以上に出費があったり、
お金の貸し借りが起きるようなグループなら抜けるべきです。
気心が知れた人たちとだけ付きあうようにしましょう。
貧乏なのに背伸びするとロクなことになりません。
ママ友グループに参加しなくても何も困ることはないのですから。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない [ 松崎 のり子 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

キッズサークルで集まった6人のママ友グループ

今回お話してくれたのは、キッズサークルに3年間通っていたTさん。もともとほかのママとは世間話をする程度のお付き合いだったそうですが、そこに新たに入ってきたのが、シングルマザーのAさんでした。続きを読む

ハズレ夫の、ポンコツ
コロナの影響でテレワークの人が増えました。
これからは自宅で仕事が主流になりそうな気配です。
会社に出勤しているのなら気にもならなかった、
夫婦のお互いのポンコツぶりが気になるものです。
たとえ夫婦でも一日中、一緒にいるのは苦痛かもしれません。
「よかれ」と思ってやっていることが全然ダメだったり…
ストレスばかりでは広い心で接するにも限界があります。
コロナ離婚…他人事ではありませんね。貧乏が加速します。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない [ 松崎 のり子 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

新型コロナウイルスの影響が大きくなった3月頃から、一斉休校の開始やテレワークの推奨で、家族が「一緒にいる時間」が増えた家庭は多いと思います。続きを読む

タワマンを買わない、江戸っ子
昔からの東京人は、湾岸エリアのタワマンを買わないそうです。
海沿いは潮風や強風の影響などで、年数が経つと雨漏りが起きたり、
高層建物であるために足場を組むことができず、
必要な修繕が施せず高額になるみたいね。
東京を知らない人が買うのがタワマンとか。
地方都市の埋め立て地に建つタワマンなんかも同じかもしれませんね。
災害には弱いし、お高いし…うちはどれだけ無理しても買えませんが。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない [ 松崎 のり子 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

東京を知らない地方の人ほどタワマンを買いたがる根本的理由

タワーマンション(タワマン)は、眺望や都心部へのアクセスの良さから憧れの象徴となっている。続きを読む

危機、突然の熟年離婚
熟年離婚を突然に突きつけられたら…
思いがけない不幸やピンチはダメージが大きいですよね。
信頼していたパートナーからの突然の別れなら尚更です。
熟年離婚は誰にでも起こることだと専門家が警鐘を鳴らしています。
切り出す方は離婚に対し心の準備が出来ていますが、
言われた側はいきなり奈落に突き落とされた気持ちかもしれませんね。
熟年離婚の当事者の半分は予想もしていなかった人たちで、
突然やってくるのが熟年離婚です。今からでも心の準備だけは…


一生楽しく浪費するためのお金の話 [ 劇団雌猫 ]
底辺キャバ嬢、家を買う (光文社文庫) [ 黒野伸一 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

■転勤族の夫に離婚を突き付けられ…

 さて、私はポジティブな「熟年再婚」を勧めていますが、再婚は“離婚ありき”です。熟年離婚したことで、結婚しているときより不幸になっては元も子もありません。「経済的に困窮する」「病気になって看病する人が誰もいない」など、ネガティブな話ももちろんあります。続きを読む

夫にイラッ
夫の言葉や行動にイラつく妻は大勢います。
妻が夫に殺意を持った瞬間・・・
そんな怖い瞬間2例が紹介されていました。
自分が残業で家に帰ったら夫に「夕飯は?」と言われたら、
これはちょっと許せないかな。
こういうこと、ありますよね。


派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫) [ 青木 祐子 ]
令和版 離婚ハンドブック [ 比留田薫 ]   お金本 [ 左右社編集部 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

結婚している女性から聞く夫の愚痴のひとつといえば「夕飯問題」です。夫の食事をめぐって「文句を言いたい!」という女性はたくさんいるといいます。「思わず殺意がわいた」妻達の怒りの声を聞いてみました。続きを読む

↑このページのトップヘ