貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。びんびん貧乏、びんびんビンボー

カテゴリ:生活

7貧乏
別れたのに出ていかない元パートナー…
私の周りでもあった話ですが、一つ間違えば事件になりそうですね。
生活環境を急に変えるというのもストレスになったり、
とっても面倒だったりするものです。
色々な手続きが面倒なので離婚を諦めた人がここにも…
どんなことにも期限は大事だと思います。
せめて最後ぐらいは軽やかな別れを…


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
四十歳、未婚出産 [ 垣谷美雨 ]   日本のヤバい女の子 [ はらだ有彩 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

専業主婦やパート勤めしかしていない女性が離婚した場合、経済的に自立するのは大変だ。結婚生活が長ければ、それだけ職歴のブランクもあるため、正社員として再就職するのも簡単ではない。続きを読む

8貧乏
カレの実家が貧乏な団地住まいで、
結婚に悩んでいる女性の相談がネットに書き込まれました。
団地=貧乏とは限りませんが、団地に低所得者が多いのも事実です。
義両親になる人たちは生活に余裕がなくカツカツならば、
この先、いくらか援助が必要になってきそうですね。
お金の心配は切実な問題なので、この結婚は諦めた方がいいかも…
好きだけでは続かないのが結婚ですから。


一生楽しく浪費するためのお金の話 [ 劇団雌猫 ]
底辺キャバ嬢、家を買う (光文社文庫) [ 黒野伸一 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

パートナーの実家が経済的に困窮していると、いくら好意があっても結婚をためらってしまうものだ。お悩み解決掲示板に9月中旬、「彼氏の実家が団地住まいであるため、結婚して良いのか悩んでいる」という相談が寄せられた。続きを読む

4貧乏
バツイチの女性ライターによる離婚相談です。
相談者は30代前半の妻、あーみーちゃん。
離婚を決断するポイントはあると思います。
夫婦で離婚前提で揉めている時って疲れますよね。
お互いに引き下がらないし…
それでも「相手を許すところから始める」のは必要かもしれません。
私も最近、許すところから始めてなんとか離婚を回避しました。
夫婦は合わせ鏡・・・その通りだと思います。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
四十歳、未婚出産 [ 垣谷美雨 ]   日本のヤバい女の子 [ はらだ有彩 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

夫婦は合わせ鏡
今日の授業のテーマは、離婚するかどうかを見極める境界線について。

よく言われることだけど、夫婦って合わせ鏡。この言葉は真理だと、先生は思っています。どういう意味かと言うと、夫婦とはお互いが相手によって、自分の欠点も長所も気づかせて修行させてくれる相手だということ。続きを読む

3貧乏
他者の悪口を言うと死亡リスクが上がると、
医学部教授が医学的見地から主張されています。
悪口を言うと身体的変化が起きて健康を損なうようです。
また、ロクでもない人ばかり寄ってきて精神衛生上もよくありません。
悪口を言うと病気になって不幸になって貧乏になる…
他者を褒め称えましょう。これが貧乏脱出のヒントかも。


日本の貧困女子 (SB新書) [ 中村 淳彦 ]
得するお金のスゴ技大全 知ってるだけで年間50万円浮く!! [ 丸山晴美 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

東北大学大学院医学系研究科教授の辻 一郎氏によると、「人の悪口を言う人は死亡リスクが高い」といいます。これは「人の悪口をいうような人はバチが当たる」などという感覚論ではなく、医学的根拠に基づく主張です。

悪口を言う人はなぜ、死亡リスクが高いのでしょうか?続きを読む

75歳まで働いても生活苦
FPに老後マネーの相談をしている62歳の独身男性。
退職金も入り余裕があると思っていたのですが…
現在は手取りで19万円、貯金は1000万円。
しかしこのまま働き続けても80歳で貯金はゼロになり、
75歳まで働いても、ずっと生活苦のままです。
老後生活の支出削減が必要のようですね。
つつましく生きるつもりなら、貯金1000万円で足りると思うのですが。
1000万円にほど遠い我が家なんかは一体どうなることやら。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない [ 松崎 のり子 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

● 年金受給が迫り 急に老後が不安に……

 年金受給が間近に迫り、「老後の生活は成り立つのだろうか」と不安になられる方が多くいらっしゃいます。50代から「ねんきん定期便」で受給額をなんとなく把握していても、暮らし方を真剣に考えることなく「なんとかなるだろう」と思って過ごしていた方に多いように感じます。続きを読む

↑このページのトップヘ