貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

カテゴリ:その他

美人
人も羨む美人はいますね。
でも、そういう人にかぎって・・・トンデモない男がついています。
「美人で才女なのに、その男?」と疑問に思う事がありますが、
危険を察知するドキドキと、恋のときめきを間違えるようです。
あー、なるほど。貧乏くじの原因は・・・それか。


毒親育ち [ 松本耳子 ]
名前のない女たち貧困AV嬢の独白 [ 中村淳彦 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

美人でモテるのに、なぜそんな危ない男を好きになってしまう?
もちろん美人にも、いろいろなタイプがいます。今回 取り上げたいのは、幸せな恋愛が似合う美人で、誰が見ても可愛い女性なのに一緒にいるのは破滅男……というケース。

浮気性だったり、お金にルーズだったり、DVだったり、薬物中毒だったり……と、危ない男を選んで周りをハラハラさせる美人。きっと、あなたの周りにもいることでしょう。

仕事でも評価されて、モテて、相手も選び放題なはずなのに、なぜよりによって破滅男を選んでしまうのでしょうか? 今回は、美人が破滅男を選びがちな理由について探ってみます。続きを読む

別れの原因
あの日、あの時、愛を確かめ合ったのに別れる男女。
男と女が別れる時は、何かしらの大きな原因があるものです。
「別れの原因ランキング」なるものが発表されました。
それによると、第2位は男女共に「お金にルーズ」となっています。
さて、気になる第1位は・・・


毒親育ち [ 松本耳子 ]
結婚貧乏 (幻冬舎文庫) [ 平安寿子 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

入学、就職、引っ越しなど新生活がスタートする人も多いと思います。新生活に伴って、生活や環境の変化が起こりますよね。そんな時って、自分にいっぱいいっぱいになっちゃって、恋人にワガママな態度を取りがちじゃないですか!?

銀座ダイヤモンドシライシが20〜39歳の男女500人に「新生活&プロポーズに関する調査」を実施。このランキングを覚えておけば、恋人を失うことはなさそう!?

では早速、新生活のタイミングで恋人と別れる原因になった原因ランキングBest5を発表! 5位〜2位を男女別に見てみましょう。続きを読む

すべて、うまくいかない
すべてがうまくいかない41歳の女性。
彼女の場合は、繊細と言うよりも場の空気が読めないのかもしれません。
5分先のことが予測できたら・・・生き方が変わってくるような気がします。
頑張れ。


毒親育ち [ 松本耳子 ]
贅沢貧乏 (講談社文芸文庫) [ 森茉莉 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

人間関係がうまくいかず転職を繰り返し、婚約も破棄し、人付き合いをあきらめてしまいつつある女性。彼女が前に進めない理由とは……?

ときどき、どうしてこれほど繊細なのだろうと思う人がいる。他人の言うことを気にしすぎたり、自分がうっかり言ってしまったことを後悔し続けたり。あまりに繊細だと、生きていくのはつらすぎる。続きを読む

義父との一線
私の知り合いに、義父(夫の親)との子どもを出産した女性がいます。
夫が働かず貧しく、少しでも家計が楽になることを期待して年金暮らしの義父と同居。
しかし、夫が留守の時に義父に襲われ妊娠、女児を出産。
数年後、お子さんは病気で亡くなるのですが・・・

現代で「義父との一線」というと何やらドロドロしたものを感じますが、
紫式部が著した『源氏物語』となると、かなり趣が違ってきます。
養女である玉鬘(たまかずら)に思いを寄せる光源氏・・・


大貧帳 (中公文庫) [ 内田 百間 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「なんだか怪しいものを感じる」グサリと刺さる妻の釘

若き日の恋人、夕顔の忘れ形見の玉鬘。日に日に母親に似てくる彼女を見て、たまらなくなった源氏は思わず紫の上に話します。「不思議に人を引きつける魅力のある娘だよ。母親(夕顔)は大人しすぎるくらいの人だったけど、玉鬘は物事をよくわきまえて、しっかりしているから安心だ」。

その口ぶりから怪しいものを感じた紫の上は「なんだかお気の毒ね。あなたをそこまで信頼なさっていて。私だって、あなたをお父様かお兄様だと心から信じていた時期がありましたわ」。ギクッ!源氏は内心(鋭い!これはヤバイな)と思いつつ、「そんなことはない」と否定。その後も引き続き、足繁く玉鬘の部屋を訪れます。続きを読む

↑このページのトップヘ