貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。為替

カテゴリ:貧乏・貧困

毒親介護の、現実
「毒親介護」は人生を狂わせるそうですよ。
有名ジャーナリストが毒親介護の現実について語っています。
毒親と離れて暮らしていたが介護で再び親と関わり、
子として苦しむケースが多数報告されているとか。
母親の問題行動で欠勤するなどし、
「いつ潰れるか分からない」と話す人もいるようです。
せめて経済的な余裕があればよいのですが、毒親は大抵がド貧乏。


日本の貧困女子 (SB新書) [ 中村 淳彦 ]
得するお金のスゴ技大全 知ってるだけで年間50万円浮く!! [ 丸山晴美 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

介護だけでも大変なのに、その対象がかつて自分を物理的、精神的に虐待した親=毒親だとしたら。どんなに嫌でも介護せざるをえない状況はありうる。また、介護によって、実は毒親だったと気がつくこともある。『毒親介護』を書いたジャーナリストの石川結貴氏に聞いた。続きを読む

手取りが、親の年金より少ない
現在、40歳前後の人たちは就職氷河期の人たちでした。
一流大学を出ても同じで、就職にかなり苦労したようです。
司法試験に挑戦した後、塾講師に転身した40代男性。
仕事に遣り甲斐を感じていましたがある日、衝撃の事実を知ります。
給料の手取りが親の年金額よりも少ない・・・
それ以来、自身の結婚を諦めたんだとか。


日本の貧困女子 (SB新書) [ 中村 淳彦 ]
得するお金のスゴ技大全 知ってるだけで年間50万円浮く!! [ 丸山晴美 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

仕事のやりがいを給与だけに求めてはいけないが、あまりに給与が少なければ、情熱を失っても責められない。現在都内で塾講師をする40代男性のNさんは、30代の時に“ある事実”を知ったことをきっかけに、マジメに働く意欲を喪失。続きを読む

43歳無収入おばさんの、危険
実家で暮らす「子供部屋おじさん」が増えていますが、
女性の「子供部屋おばさん」の方が経済面で深刻なようです。
おばさんの方が家事手伝いで無収入のケースが多いんだとか。
子育てアドバイザーの体験では、
親亡き後、たちまち生活に困窮するようですね。
「子供部屋おばさん」の生活をどうするか?
早期の家族会議が必要だと警鐘を鳴らしています。


日本の貧困女子 (SB新書) [ 中村 淳彦 ]
得するお金のスゴ技大全 知ってるだけで年間50万円浮く!! [ 丸山晴美 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

実家の「子供部屋」で暮らす独身の男性を指す「子供部屋おじさん」というネットスラングが注目を集めている。続きを読む

貧乏な毒親、子どもを作る
世の中には、どうしようもない親が一定数いますね。
貧乏でロクでもない毒親が子供を作る驚愕の理由です。
奨学金を生活費にして子どもに返済させ、
成人後も家に金を入れさせるつもりらしいのです。
これには「ゾッとした」「子どもがかわいそう」と非難の声が殺到。
ここまでではなくとも、これに近い人はいますね。
子どもにしてみたら、毒親からは早く逃げるにかぎります。


日本の貧困女子 (SB新書) [ 中村 淳彦 ]
得するお金のスゴ技大全 知ってるだけで年間50万円浮く!! [ 丸山晴美 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

子ども1人を一人前に育てるには2000万円くらいのお金がかかるというのが通説で、経済的な事情で子どもを産まない、産めないという人もいる時代。続きを読む

↑このページのトップヘ