貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

カテゴリ:貧乏・貧困

池袋母子餓死
今から約20年前、東京都池袋のアパートの一室で、
77歳の母親と41歳の息子が餓死した事件がありました。
二人の生活費は母親の年金、85650円だけ。アパートの家賃が85000円。
残金650円で毎月を暮らしていたことになります。
どんなに辛かったでしょう、どんなに苦しかったでしょう。
老いた母の覚え書きに・・・涙が止まりません。


毒親育ち [ 松本耳子 ]
お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

1996年4月27日、東京都豊島区池袋のアパートの一室で、77歳の母親と41歳の息子が餓死した状態で発見された。のちに「池袋母子餓死事件」と称されたこの事件。今から約20年前のできごとであるが、貧困がいまだ問題視される現在においても、頭の片隅に留めておかねばならないように思える。

 当時、この事件が話題を集めたのは母親の日記が公開されたからだった。母子が命を落とした1996年の6月14日、豊島区は「餓死した背景を明らかにする社会的意義がある」として母親の手記を公開した。

 母親が綴った1993年12月24日から、遺体として発見される直前の1996年3月11日までの記録は『池袋母子餓死日記 覚え書き(全文)』(公人の友社)として出版されている。周囲にモノが溢れている現代、なぜ母子は餓死しなければいけなかったのか。その一部を改めて振り返ってみる。続きを読む

産後うつ になった夫
夫と離婚して、子どもと暮らす38歳の女性です。
彼女は、産後うつになった夫となぜ別れたのか?
どんな暮らしを送り、どうやって子どもを育てているのか?
別れた夫に、子どもを会わせているのか?
養育費はどうなっているのか?
色々なことに答えてくれています。


毒親育ち [ 松本耳子 ]
結婚貧乏 (幻冬舎文庫) [ 平安寿子 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

松田亜美さん(仮名・38歳)

 中性的な雰囲気を持つ9歳年下のヨガ教室アシスタントの男性と、付き合い始めて半年で妊娠。結婚して彼の実家で同居を始める。出産に備えて、夫はがむしゃらに働いたが、アルバイトを掛け持ちして、疲労でうつになってしまう。

■妻ではなく夫が「産後うつ」になる

 彼に覇気はなく、発言はマイナス思考。病院には行っていたが、薬は飲んでいなかった。自分の殻に閉じこもり、ゲームばかりするように。そんなとき、松田さんは出産を迎える。

「10月末の出産でした。彼は立ち会ってくれました。双方の両親に、助産院の場所を連絡したんですけど、陣痛が急に強くなり、5時間ぐらいで生まれてしまって、間に合わなかった。産んだとき、彼には『ありがとう』って、お礼を言われました」続きを読む

買われた少女
買われた少女たちの展示会が反響を呼んでいます。
勿論これは、買った大人たちに責任がありますが、
少女達に忘れないでほしいのは、
大多数の人たちは、自分の体を売るようなことはしないということです。
スマホで援助相手を探す知恵があるのなら、
別の方法を探してみるべきですね。簡単には同情できません。


毒親育ち [ 松本耳子 ]
名前のない女たち貧困AV嬢の独白 [ 中村淳彦 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

児童買春の実情を少女たちが写真や文章100点で伝える「私たちは『買われた』」展が、大阪市で12日まで開かれた。

 昨年から全国巡回しており、来場者はのべ5千人を超えた。大阪では初開催で、全国から28人が体験を寄せている。

 繁華街をさまよう子、自動販売機の明かりで暖を取る子……。写真のかたわらに少女らが「買われる」に至った独白が添えられている。続きを読む

シングルマザーに優しい町
北の大地に「シングルマザーに優しい町」を目指している所があります。
年と共に家族のあり方も変わってきていますが、
思いがけず離婚、そして貧困へ・・・これがワンセットになっている今、
解決策は地方にあるのかもしれませんね。


毒親育ち [ 松本耳子 ]
名前のない女たち貧困AV嬢の独白 [ 中村淳彦 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「日本最寒のまち」だけど…暖かかった

 北海道の北西に位置する幌加内(ほろかない)町は人口約1500人の豪雪地帯。戦後、氷点下41・2度を観測した「日本最寒のまち」だ。でもこれからは「日本一、シングルマザーにやさしいまち」になるかもしれない。

 3月下旬、高橋望さん(29)(仮名)は幼子2人と茨城県から町に移った。元夫の暴力から逃れ、新天地でひとり、子を育て、働くため。不安はあった。「でも、すぐなくなりました」

 まず、茨城からフェリーで北海道苫小牧(とまこまい)市の港に着いた時、これから働く、町内の介護施設の所長が片道200キロの道のりを車で迎えに来てくれた。第一声は笑顔で「よう来たねえ」。

 その夜、住まいとなる町営住宅まで案内され、部屋に入ると暖かかった。「着いて寒いと心細いだろう」と町職員がストーブをたいて待ってくれていたのだ。続きを読む

↑このページのトップヘ