貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

カテゴリ:貧乏・貧困

胸糞な毒親
どんな親でも、子の幸せを願っていると思いますか?
子は親を選ぶことは出来ません。
毒々しい親の元に生まれたならば、少なくとも成人するまでは地獄です。
子どもの、心も体もボロボロにし金銭的にも追い込む、
そんな酷い親はいます。これが現実です。
毒親は後悔なんてしません。疎遠になるのが一番です。


お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

10月上旬に『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』(dZERO刊)というタイトルで売り出した。

紹介するのは、関西に住んでいる46歳の女性の手紙だ。



■子どもの自尊心を壊し、カネを無心する母親

母へ。あなたの足音や気配にいつもびくびくしながらすごしていました。

初潮が来た時は「他の子より早い。ませてる」と言い、ナプキンの使い方がわからず困ってる私を無視。私は下着を汚し、自分が汚い存在に思えてトイレで泣きました。翌日、あなたはめんどうくさそうにご近所に「早々に生理が来て恥ずかしい」と言いながら赤飯を配り、私は「私は恥ずかしい人間。人に迷惑をかけぬよう、母の言う通り生きなければ」と思うようになっていました。続きを読む

ホームレスになった
このご時世、いつ誰がホームレスになるやもしれません。
68歳の俺さんがホームレスになって4年。
悲観的な毎日かと思っていましたが、意外にも・・・


大貧帳 (中公文庫) [ 内田 百間 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

路上に寝転がるホームレスのおじさんたちをみて、皆様は何を思うだろうか? 彼らの健康を気に掛ける優しい心の持ち主もいれば、「俺はこんなに仕事しているのにぐうたらしやがって」と怒りを覚える人もいるはずだ。前者と後者はおそらく育った環境が違うのか、そもそも人種が違うのか……。

 しかし両者に共通して言えること。それは、「自分だけは大丈夫!」と心のどこかで安心していることだ。日本の終身雇用制度は崩れ去り、管理職でもバッサリ切られる時代。大企業に就職が決まり、鼻が伸び切っている大学生もそれで“人生上がり”なんてわけにはいかない。誰だってホームレスになる可能性はゼロではないのである。

 もしホームレスになった場合、あなたは生きる希望を失ってしまうだろうか。それとも開き直って明るく生きることができるだろうか。続きを読む

年収格差で家庭内孤立
妻は公務員で、年収は夫の倍以上・・・
世帯収入として多いと思いますが、なにせ家庭内別居です。
夫は不安と貧困に苦しんでいそうですね。


難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! [ 山崎元 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

◆妻との年収格差から父親としての威厳なし

――林 耕一さん(仮名・44歳)/フリーの広告マン/年収350万円

 フリーの広告代理業を営む林耕一さんは「家庭に居場所がない」と嘆く。その背景にあるのは、妻との年収格差だ。

「私が就職活動をしていた’95年は超氷河期。どこからも内定をもらえず、仕方なく公務員を目指したんですが、それもダメでした。結局、広告マンの真似事をしながら、今まで生計を立ててきたけど、月に24万円を稼ぐのが精いっぱい。しかもフリーなので、不安定なんですよね。広告マンって聞こえはいいですけど、要は中年フリーターですから。それに比べ、公務員予備校で知り合った妻は、市役所の係長なので、年収は約800万円。よく『1人でも生きていける』と言われます」続きを読む

48歳シングルマザー
48歳のシングルマザーの貧困です。
状況は極めて悪く、一筋の光も見えていません。
このままだと・・・どうなるんでしょう。


難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! [ 山崎元 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

今回紹介するのは、26歳の知的障害者の息子と2人暮らしのバツ2のシングルマザーだ。

バス代もなく面接に行けない状態

「もう手持ちのおカネが1892円しかありません。これからどうなるんだろう……みたいな不安だらけ」

関東地方の田舎町、最寄り駅までバスで30分以上かかった。晴天の下、癒やされる田園風景が広がる。しかし、待ち合わせ場所にやってきた佐藤雅美さん(仮名、48歳)の表情は、どんよりと曇る。表情が緩むことはなかった。バツ2のシングルマザー、26歳の知的障害者の息子と2人暮らし。息子は療育手帳Aをもつ重度障害者である。続きを読む

↑このページのトップヘ