貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

カテゴリ:貧乏・貧困

絶望
今のアラフォーの人たちは大変でしたね。
就職氷河期だったので非正規雇用となり、低賃金で派遣切り・・・
ここにきて親世代の老齢化が深刻になってきました。
兄弟がいても、兄弟共倒れのケースさえ増えています。
この国の家族制度は、社会保障制度同様に崩壊しようとしています。


お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

学生時代は就職氷河期、非正規雇用の低賃金や派遣切り、親の老齢化が近づく「7040問題」...と、難問続きの40歳前後が新たな危機に直面しつつある。他世代よりも困難な結婚相手探し、親子ばかりかきょうだい共倒れのリスクもささやかれ始めた。アラフォー世代が家族づくりをできなければ、社会全体が崩れかねない。続きを読む

多趣味
年収が200万円も増えたのに、待っていたのは貧乏生活。
誰でもワンランク上の暮らしに憧れますが、
生活を維持していくのは大変なことです。
無計画なローンは、家族を不幸にするだけですね。
緩んだ財布は早めに締めましょう。


お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
ズボラな人でも毎日500円玉が貯まるすごい方法 [ 市居愛 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

同業他社に転職して手取り年収が200万円増えた敏腕営業マン。妻と2人の子供のために念願の「家と車」を購入した。しかし、「ワンランク上」の暮らしを手に入れたことから、財布のひもが緩み、家計は月7万円の大赤字。ボーナスはローン返済に消え、残りの貯金はあと1年分しかない。この30代夫婦の危機にファイナンシャルプランナーが示した解決策とは――。続きを読む

いじめ
学校では、ちょっとしたことでもイジメに発展します。
生活保護家庭の小学6年生のA君、
ほんの些細なことから保護者達の怒りを買い、差別的な言葉まで・・・
いじめは、生徒だけでなく保護者も絡んでいることが多いようです。
今回はかなり複雑な案件でしたが、無事解決したようですね。
解決に導いた関係者の人、凄すぎます。


お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

一般的に、学校内の「いじめ」のキッカケは子どもたち同士によるものというイメージですが、中には保護者が主導して発生するという、信じがたいケースもあるようです。続きを読む

ひきこもり
中高年のひきこもりが増え続けていますが、
親世代は80代、そろそろ鬼籍に入る頃でもあります。
近い将来、経済的な支援が受けられなくなる中高年ニート、
生きるだけの財産を相続するか、それとも生活保護か・・・
声を出さなければ、そのままひっそり孤独死か。


お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
ズボラな人でも毎日500円玉が貯まるすごい方法 [ 市居愛 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

1998年から不登校やひきこもり状態の人たちの社会参加を支援してきた藤原宏美さんは、現在「NPO法人不登校情報センター」(東京都江戸川区)で訪問支援部門「トカネット」代表を務める。その藤原さんは、長らくひきこもりの人の支援事業を行ってきた。藤原さんが指摘するのは、面倒をみる「親の老い」だ。ここにきて、ひきこもりの子が40代以降ということも珍しくなく、支える親の側が70代前後と高齢化している。続きを読む

↑このページのトップヘ