貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

カテゴリ:マネー

儲け話
儲け話や甘い話・・・この手の話は年中、耳目にします。
「私は騙されない」とか「私は大丈夫」とか、
何の根拠もなしに思い込んでいる人がカモになりやすい・・・
相手は騙すプロです。欲に目が眩んだ人が勝てる相手ではありません。


お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

■「自然災害でエビ養殖が困難に」弁護士からの手紙

----------
エビの養殖で、3000万円を失いました
54歳女性 会社経営
----------続きを読む

不安な40代
驚くべき数字ですが、
約8割近くの人が、将来のお金に対して不安を感じています。
年代別にみてみると、最も不安を感じているのは40代・・・
ちょうど就職氷河期だった世代ですが、
我慢を繰り返すことに慣れた人たちでさえ抱く不安・・・
これは深刻かもしれませんね。まだまだ試練は続きそうです。


45歳からのお金を作るコツ 5年後ではもう遅い! [ 井戸美枝 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

将来不安を感じているのは全世代共通だけれど…
2017年3月、全国の20代~50代の800人(男女)を対象に「将来のお金に関する意識調査」が行われました。実施したのはアクサ生命です。この調査結果によると、将来について「不安を感じている」「やや不安に感じている」と回答したのは、全世帯合計で77.1%でした。続きを読む

家計の危機
わりと裕福だと思える50代の家庭でも、
定年後の資産を考えると、あまり余裕はないようです。
生活レベルのギアチェンジも必要ですが、
やはりどこかのタイミングで、専門家に相談するのも手ですね。
ただし、悪徳アドバイザーも多いので注意が必要ですが。


45歳からのお金を作るコツ 5年後ではもう遅い! [ 井戸美枝 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

ごく一般的な50代家計に、迫る危機!?
よく25歳は「お肌の曲がり角」と言われますが、50歳は「家計の曲がり角」と言えそうです。老後を見据えた準備をするため、50代で家計のギアチェンジができるかどうかが、セカンドライフの充実度を左右するといっても過言ではありません。続きを読む

貯金500万
貯金が500万円しかなく、老後が不安・・・
そんな52歳会社員の相談です。
プロのFPが答えてくれていますが、
同様の不安を抱えている人は多いのではないでしょうか?
豊かな老後とは、どれくらいの暮らしなんでしょうね。


45歳からのお金を作るコツ 5年後ではもう遅い! [ 井戸美枝 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

あと2年で定年退職する52歳の会社員です。もらえる年金は毎月20万円程度のようですし、貯蓄は500万円ほどしかありません。退職金が出るものの、このままでは老後資金が足りず、「老後破産」するじゃないかと、ものすごく不安です。せっかくこれまで頑張ってきたのに、これってあんまりじゃないですか。「老後破産」しないために、何からするべきでしょうか。
(52歳 会社員)続きを読む

相続トラブル
節税対策で配偶者(妻)を実親(夫の親)と養子縁組させたのですが、
養子親が危篤となったとき、唐突に離婚届を突きつけられ・・・
実は妻は不倫をしていて、財産目当ての男までいる。
こうなると大変です。
養子親が自己判断できなくては、養子縁組を解消することはできません。
このまま法廷で争っても、勝ち目は薄そうですね。


結婚貧乏 (幻冬舎文庫) [ 平安寿子 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

最近では節税対策として自分の配偶者を親と養子縁組させる人も少なくないようですが、中には取り返しのつかない事態になるというケースも。自身のメルマガで、その実態を具体的な事例とともに詳しく紹介しています。続きを読む

街角インタビュー
ラジオの番組で街行く人に、
「貯金、いくらありますか?」と聞いた企画がありました。
テレビでは正直な金額を聞き出せないでしょうが、
そこはラジオ・・・声だけだと、リアルな金額を答えてくれています。
それぞれの生き方や考え方が出て面白いですね。


年収90万円で東京ハッピーライフ [ 大原扁理 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、様々な人々に声をかけ、1つのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーと共に考えるのはパーソナリティの堀内貴之。今回のテーマは「貯金、いくらありますか?」でした。続きを読む

悪質営業マン
名の知れた企業でもダーティーな部分はあります。
不動産や金融関係は、どうも評判がよろしくないようで・・・
土地は書類の体裁さえ整えば、第三者でも手続きが出来ます。
売却後、もし後から異議申し立てをしても・・・
書類に不備がない限り、申し立ては認められません。
土地に関する書類に、署名捺印をする際は細心の注意が必要です。
高齢者は狙われています。最低限の対策だけはしておきましょう。


お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

最近、いわゆるオレオレ詐欺、振り込め詐欺といった高齢者を狙った犯罪を耳にすることも多いと思います。ただそういった被害が現れる犯罪は、氷山の一角に過ぎません。

コンサルタントとして相続や財産にかかわるご相談にのる中で、しばしばご本人やご親族からお聞きする事例があります。

それは認知機能が落ちてきた高齢者に、金融商品の購入や不動産の売買を半ば強引に行わせる営業マンがいるということです。犯罪とまでは言えませんが、状況を聞いてみると極めて悪質なケースも多く、息子や娘と離れて一人で暮らす高齢者が特に狙われやすい傾向にあります。続きを読む

↑このページのトップヘ