貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

カテゴリ:マネー

年収550万で株
巷には儲かる系の話がゴロゴロしています。
年収550万円の45歳投資ビギナーが、
マネー情報誌を鵜呑みして、思っていなかった結果に・・・


難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! [ 山崎元 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

年収550万円という45歳の会社員男性。妻は専業主婦で、子供2人は小学生。マイホーム資金をつくろうと、マネー誌の「推し銘柄」を購入したが、あっという間に70万円を失った。現在の貯蓄額はわずか60万円。しかも毎月の家計は赤字という。損を取り戻すにはどうすればいいのか。FPの横山光昭氏がアドバイスする。

●家族構成(4人家族)
会社員のNさん(45)/専業主婦の妻(42)/小学校5年生の長男/小学校3年生の次男
●手取り収入(月) 36万7000円(夫)、0円(妻)
●手取りボーナス 50万円(夏)、50万円(冬)
●貯蓄 60万円続きを読む

湾岸タワマン
数年前までは、タワーマンションといえば時代の花形でしたね。
しかし、ここへきて不動産市場が変わってきているようです。
世情のことは置いておいたとしても、
経年劣化によるマンションの修復は必要となります。
これがタワーマンションだと、かなり割高に・・・


住宅ローン返済苦しくなったら読む本 [ 保田行雄 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

東京都の湾岸エリアでは、タワーマンション市場に静かな異変が起きている。新築のタワーマンションでは、ここ2年ほどの傾向であった「強気の値付け」が影をひそめ、やや弱気な価格政策が見られるようになった。

 また、3年前に「超強気」の値付けで売り出した物件が、竣工2年を経て「ひと声500万円」という値引き販売が常態化した。実際には住戸によって1000万円以上の値引きも行われていると推測できる。ディベロッパーの販売政策が弱気に転じた証拠であろう。続きを読む

モンスター飼い主
医療現場でモラルに欠けた行動をとる患者(モンスターペイシェント)がいます。
これと同じで、動物病院にもモンスター飼い主がいるようです。
ペットを家族だと思って、無理難題を言うようですが、
なかには飼えなくなったので「安楽死」を希望する飼い主もいるとか。
治療費の踏み倒しなんかは、朝飯前のようです。


年収90万円で東京ハッピーライフ [ 大原扁理 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

深夜2時、愛猫のアメリカンショートヘア(3才・メス)を抱えて夜間外来に飛び込んできた40代の飼い主女性は、最初から半狂乱状態だった。

「うちの子、吐き気が止まらないんです! 大至急診てください! お願いします!」

 勝手に診察台に愛猫を寝かせる飼い主に仰天しつつ、獣医師が病状を聞くと、「それを調べるのがあなたの仕事でしょう!」とピシャリ。検査のために採血しようとしたら、いきなり怒鳴られた。続きを読む

フェイクニュース
フェイクニュースが社会問題になっていますね。
webサイトやSNS、動画サイトやブログなどには、嘘が蔓延しています。
どれもこれも広告収入目当てなのですが、
彼らが儲けたお金は誰が損するかと言えば、回りまわって閲覧者・一般人です。
それにしても貧乏人は、大袈裟な見出し・スキャンダルに弱いね。
どうしても気になる人は・・・ネット広告が出ないようにして閲覧しましょう。
皆がこのような対処をすれば、ネットの嘘は激減します。


難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! [ 山崎元 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

衆院の解散総総選挙が決まり、与野党だけでなく、マスコミも慌ただしくなってきた。今回の選挙で専門家たちが注目しているのは、アメリカ大統領選でも話題になった“フェイクニュース”がどれだけ影響を及ぼすか、ということだ。全国紙野党担当記者が解説する。

「フェイクニュースをネット上に流布していたアメリカの男性が『トランプは俺が勝たせた』というほど、フェイクニュースが選挙に影響している可能性があります。日本でも、右派左派を標榜した根拠や正確性に乏しい政治情報やコメントがネット上に溢れかえっている。最近では、右派に有利な記事を書くアルバイトの存在も発覚し、ネット上で話題になりました」続きを読む

↑このページのトップヘ