貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。びんびん貧乏、びんびんビンボー

カテゴリ:マネー

貯まらない
貯金が全くできない人と出来る人は、どこが違うのでしょうね。
貯金ゼロ円女子と堅実女子の生活の差です。
サンプル数は400人強なので、まあまあ信頼性はありそう。
調査結果からどうすれば貯まるのかと言うと、
・部屋の掃除をする 
・ATMで何度も下ろさない 
この二点でした。これなら私でも…


ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]
37独身、年収300万円知っておきたいお金のこと [ 横山光昭 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

今年こそ、将来のためにきちんと貯金をしたい…。何度そう思ったでしょうか。

貯めよう貯めようと思っても、冠婚葬祭などの思わぬ出費や衝動買い、自分へのご褒美にと買い物をしていたら、あっという間に貯金額が0になってしまった…なんてことがあると思います。続きを読む

貯金ゼロ、崖っぷち50代のお金
50代は40代と比べて貯蓄が増えるようですが、
それでも50代で貯金ゼロの、崖っぷちな人がいます。
50代の貯金の額は老後の過ごし方を左右します。
貯金が無ければ65歳まで働き、週5日で足りなければ6日、
8時間労働で暮らせなければ9時間以上働く…
貯金が無ければ死ぬまでハードワークですね。これは辛い。


ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]
37独身、年収300万円知っておきたいお金のこと [ 横山光昭 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

50代でお金を貯める必要があるの!?老後へ向けた準備のために
老後が近い50歳代にもなると、老後へ向けて具体的な準備を始めていかなければならない頃です。老後の生活は、一般的には勤労所得がなくなり、公的年金や企業年金、退職金、今までの蓄え等で生活していくことになります。続きを読む

老後に2000万円の、1年後
昨年、なにかと論争を呼んだ「老後に2000万円足らない問題」、
公的年金だけでは生活が成り立たないので、
自己資金で補填すると2000万円も必要とかといわました。
貧乏人は奈落の底に叩き落された気分でしたよね。
最新データでは不足分が2000万円から1200万円に修正縮小されました。
しかし1000万円を超えているので、一般的な夫婦にとっては大金ですね。
どちらにしても年金だけでは生活は無理なようです。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
四十歳、未婚出産 [ 垣谷美雨 ]   日本のヤバい女の子 [ はらだ有彩 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

2019年の「裏流行語大賞」だった「老後に2000万円」問題
あの頃の騒動はもう忘れてしまっても「老後に2000万円」というキーワードはまだ記憶に残っているのではないでしょうか。続きを読む

専業主婦の、お金事情
共働き世帯が過半数を超え専業主婦が減っていますね。
専業主婦に憧れる独身女性も多いようですが、
気になるのは専業主婦の「お金事情」ではないでしょうか。
専業主婦家庭の月収で一番多かったのは「20万~30万円未満」、
主婦本人が自由に使える月のお金は5万円未満。
収入や貯金額が二極化する傾向にあるようですが、
自分の自由に使うお金が少ないのが専業主婦の特徴です。
外で働かない以上に、しっかりとヤリクリしているようですね。


名前のない女たち貧困AV嬢の独白 [ 中村淳彦 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

かつて日本の女性は結婚すると仕事を辞めて専業主婦になるのが普通でしたが、現在では違います。続きを読む

1億円を、貯めた男の末路
地元企業に30年以上勤めた50代後半の男性、趣味は貯金。
給料はさほど高くありませんでしたが実家暮らしを続け、
給与の2/3以上を貯蓄に回してきました。
コツコツ貯めて54歳の時には貯金が1憶円を突破!
長年「貯金バカ」に徹したことが自らの誇りでしたが、
思いもよらない結末を迎え、更にはトラブルまで…
貯金が無いのは問題がありますが、
貯金がありすぎるのも問題があるようですね。でも羨ましい。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない [ 松崎 のり子 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

お金のストレスを抱えている人たちは、じつは「お金の置き場所」が適切ではないのです。

 ここでは、私がこれまで見てきた、「お金の置き場所」に失敗した人のエピソードをお伝えしましょう。続きを読む

↑このページのトップヘ