貧乏かわせみ

ローン、浪費、結婚、トラブル、家、年金、フリーター、虐待、タワマン、 貧困、田舎、会社、共働き、見栄、家庭、無職、ホームレス、節約、 女性、老後、若者、破産、派遣、生活保護、パラサイト。 40代、50代、下級国民、少ない年金、手取り、年収、孤独、不安、貯蓄ゼロ。 ど貧乏、離婚、年下、三角関係、妊娠、シングルマザー、コロナ、中絶、流産、中身、おっさん、おばさん、嘘、架空。

カテゴリ:節約

1貧乏
離婚したい一心で1000万円を貯めた女性がいます。
心が定まっているとお金も貯まるのかもしれませんね。
予定より早く1000万円に到達したようですが、
家庭内別居でこの1000万円を自由に使うのもアリのような気が。
やはり無理せず長続きさせることが大事なようです。
見習いたいけど見習えない…


日本の貧困女子 (SB新書) [ 中村 淳彦 ]
得するお金のスゴ技大全 知ってるだけで年間50万円浮く!! [ 丸山晴美 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

1000万円…非常に大きな金額ですよね。貯めようと思ってもなかなか手が届かないでしょう。続きを読む

1貧乏
手取り金額が絶望的に少ない我が家ですが、
そんな家庭でも貯める秘訣はあるんだとか。
手取りの10%を貯蓄するのが今風みたいですね。
30万円の手取りがあれば3万円、20万なら2万円、
それ以下でも、それなりに…
ハッキリしているのは一度に大金は貯まらないということです。
1日でも早く、1円でも多く貯めようとしなければ…
頭で理解しているつもりでも、実践が伴わない我が家の家計。


一生楽しく浪費するためのお金の話 [ 劇団雌猫 ]
底辺キャバ嬢、家を買う (光文社文庫) [ 黒野伸一 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

◆手取りからの貯蓄割合は20代で平均10%
金融広報中央委員会が発表している「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査)(2019年)」によると、手取り収入から貯蓄に回している割合は、20代で平均10%、30代で11%となっています。続きを読む

1貧乏
ネットニュースで、世帯年収400万円の人が、
「昼食はカップ麺」だと生活苦を強調する記事が出ていました。
それに対して「カップ麺なんて贅沢品なんだよ」や、
「弁当作れ」といった怒りの声が上がっていました。
節約自慢や貧乏自慢はピントがズレてると腹が立つものです。
私も、昼食にカップ麺は贅沢品だと思います。
奮発したとしても袋麺かな。


一生楽しく浪費するためのお金の話 [ 劇団雌猫 ]
底辺キャバ嬢、家を買う (光文社文庫) [ 黒野伸一 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

世帯年収400~600万円の「昼食はカップ麺」になぜか厳しい声 
ニュースサイトが配信した「世帯年収400~600万円の実情『昼食はカップ麺。毎月カツカツ』」という記事が、ネット上で話題となった。年収400~600万円世帯の声を伝えたもので、とりわけ続きを読む

5貧乏

思わぬ臨時出費が重なって貯金ゼロになってしまいました。
もしもの備えとして、50万か100万を手元に置いておきたいかな。
一度には貯まらないので気長に取り組むしかありません。
しかし老後のことを考えると、あまり時間がないような気もします。
まずは簡単な節約から…
3つのヒントを見つけました。せめてこれぐらいは…


日本の貧困女子 (SB新書) [ 中村 淳彦 ]
得するお金のスゴ技大全 知ってるだけで年間50万円浮く!! [ 丸山晴美 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

経済的に余裕がない貯蓄ゼロの人が今の生活をそのまま続けていても、収入が増えなければ、貯金できる確率は限りなくゼロに近いのではないでしょうか?続きを読む

主婦の嘆き、食費の節約
某ネットサイトの「子ども3人でも食費2万円台」という記事に、
ネットで反発の声が相次いだようです。
多かったのは「夫(家族)に『もっと節約できないのか』と言われる」との声。
「これ以上節約するのは無理」「食費が削られるのではないか」との嘆きも。
夫婦2人と女の子3人の5人家族のようですが、
月の食費2万円台には無理がありますよね。
頑張って節約しても5万円前後が妥当だと思いますが…
5人家族で食費2万円台が普通とは思ってほしくないかな。


日本の貧困女子 (SB新書) [ 中村 淳彦 ]
得するお金のスゴ技大全 知ってるだけで年間50万円浮く!! [ 丸山晴美 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

ESSE onlineが7月中旬に配信した記事「子ども3人でも食費2万円台。節約上手のスーパーの回り方」という記事に、ネット上で反発の声が相次いだ。続きを読む

↑このページのトップヘ