貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。

カテゴリ:転落・事件簿

父親の絶望
5歳児を衰弱死させた残虐な父・・・
しかし裁判内容を紐解いていくと、この父親の子どもに接するものがあります。
軽度な知的障害があった場合、孤立した父親が子育てをする難しさがありますね。
周囲が気がつけばよいのですが、本人が隠せば・・・悲しい事件です。


貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 2014年に神奈川県厚木市内のアパートで、幼い男の子の白骨遺体が発見された。父親が一審では懲役19年の殺人罪に問われたが、今年1月の二審判決ではその原判決が全部破棄され、懲役12年の「保護責任者遺棄致死罪」となった。

 いったいこの事件で何が起きていたのか。児童虐待の問題にも詳しいジャーナリストの杉山春氏が迫ります。続きを読む

セレブと再婚したい
相手より優位に立とうとするマウンティング女子。
見ているだけでも危ない雰囲気が漂いますが、
実は結婚詐欺のカモだったりするようですよ。過度な虚栄心は身を滅ぼす・・・


貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

“マウンティング”という言葉をご存じだろうか。「女性同士が容姿やファッション、仕事や出産など様々な場面においてお互いに格付けし合い、自分の優位性を誇示すること」(『知恵蔵2015』より引用)を指すという。

 この言葉は「マウンティング(女子)」として「2014年ユーキャン新語・流行語大賞」にもノミネートされた。

 今回は、実際にマウンティング行為にハマってしまって、ぶっ飛んだ行動を取った妻たちを取材してみた。続きを読む

鬼畜な親
子どもを虐待するのは、血のつながった親が殆どです。
殴られ蹴られ息絶える子供たち・・・それを捨てる親。
鬼畜な親が報道されるたびに、健全な子育てをしている親が苦悩します。


貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

虐待事件のニュースが毎日のように流れてくる。

「ああ、またか」と耳をすり抜けて行く感さえないだろうか。

厚生労働省の調べによると、平成26年度、児童虐待に関する相談件数は過去最多の88931件、亡くなった人数は69人(以下同)。亡くなった人数は、心中も含めて「虐待」と認められたものだけなので、実際の数はいったいどれくらいになるのだろうか……。
虐待をするのは実の両親がほとんど続きを読む

増え続ける介護殺人
これからの10年後には団塊世代が75歳以上になります。
政府指針でも在宅介護を増やす方向のようですが、果たして誰が介護する?
介護疲れの人たちによる殺人事件が増える一方で、予防策は何もなされていません。


貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 こんな悲劇があっていいのだろうか?

 ニュースを見ていると、しばしば目にする「介護殺人」の文字。介護への疲れから逃れるために、殺人へと発展してしまう、痛ましいこの種の事件。超高齢化社会を迎えた日本において、1年間に発生する介護殺人の件数は数十件に上るとみられており、もはやありきたりな事件のひとつとなってしまった。だが、毎日新聞大阪社会部取材班による書籍『介護殺人』(新潮社)を読めば、そんなニュースに立ち止まらざるを得なくなってしまうだろう。介護殺人事件の「加害者」たちを追った本書に描かれているのは、愛するがゆえに殺人にまで追い込まれてしまった、介護者/殺人者たちの苦悩である。続きを読む

↑このページのトップヘ