貧乏かわせみ

女性の貧困、老後、貧困、若者、破産、派遣、生活保護、パラサイト。 40代、50代、下級国民、少ない年金、手取り10万、年収200万、孤独、不安、貯蓄ゼロ。 ど貧乏、離婚、年下、三角関係、妊娠、シングルマザー、コロナ、検査薬、中身、おっさん。

カテゴリ:転落・事件簿

2貧乏
コロナ禍で暇を持て余した会社員が、
転売・せどりに、多数参入したようですね。
品薄が続いたマスクには悲喜劇が繰り広げられましたが、
手痛い代償としては商品代金と捌ききれない在庫の山に…
誰でも思いつく副業では、なかなか儲けまでは出ないようです。
我が家も副業をしたいのだけれど、初期投資ゼロで何かないかな。


一生楽しく浪費するためのお金の話 [ 劇団雌猫 ]
底辺キャバ嬢、家を買う (光文社文庫) [ 黒野伸一 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

コロナ禍でのマスクの転売で「邪悪」なイメージが増した転売・せどり。だが、在宅ワークで暇を持て余した会社員が多数参入し、市場は荒れてしまったという。痛い目を見たビギナー転売ヤーたちを取材した。続きを読む

4貧乏
不動産会社の言葉を信じ、後悔する大家さんが多いようですね。
現状を一級建築士が解説しています。
「黙っていても家賃収入が入る」と家賃保証を持ち掛ける業者は多く、
欲目もあるのですっかり騙されるようです。
業者からたびたび家賃の値下げを求められ、全戸空室になるケースや、
空室がなくても赤字経営に陥る場合も多々あるとか。
本当に長期で儲けが出るのなら、不動産会社が直接経営しますよね。


ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]
「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない [ 松崎 のり子 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「黙っていても家賃収入が入ってくる」訳ない
地主さんや家主さんにアンケートを取ると、「マンション経営って難しそう。誰か専門家がやってくれないか」「もしマンションを建てても借り手がいなかったらどうしよう」と、買った後、建てた後の管理についての不安があがります。続きを読む

2貧乏
3人のシングルマザーに聞いた「私が離婚を後悔する理由」です。
三者三様の後悔があるようですが、
子どもと経済面は離婚の際のネックになっているようですね。
円満離婚は至難の業だと思いますが、
傷つく人が少なく、怨恨が残らないようにしなくてはなりません。
離婚するときは、万全な準備がいりますね。
あとから後悔しないためにも…


名前のない女たち貧困AV嬢の独白 [ 中村淳彦 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

離婚して後悔しているのは15%
弁護士プラットフォームの運営会社が、離婚した男女を対象に、離婚理由やその後の気持ちについてアンケートを行ないました。このアンケートにより、離婚して後悔したと答えた人は全体のおよそ15%。離婚を悔やむ気持ちを、3人の女性が語ってくれました。続きを読む

2貧乏
2015年1月の寒い日、
91歳の母とその介護をしていた64歳息子が遺体で発見されました。
二人は母の年金など月8万円で暮らしていましたが、
その金額だけでは最低限の生活さえ難しい状況だったようです。
子の責任感が強い場合、親子共倒れ状態になる場合があります。
助けがない、終わりが見えない在宅介護には絶望しか…
一人で抱え込まないようにしなくてはいけませんね。


ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]
37独身、年収300万円知っておきたいお金のこと [ 横山光昭 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

平均寿命と健康寿命の差は、介護期間の大まかな目安と考えることができます。つまり、平均的な介護期間は10年前後となりますが、個人差が大きいため、中には20年30年といった長期間、介護が続くケースもあります。続きを読む

8貧乏
もしコロナで死亡すると、
保険会社は災害割増特約を適用し保険金が倍になるそうです。
某界隈では「コロナはボーナスタイム」とも言われており、
「コロナ 保険金殺人」でネット検索する人も大勢いるみたいですね。
コロナだと証拠隠滅もしやすいとか何とか…
本格的な不景気が迫っているので、
事件になるようなことが多くなるかもしれません。ご用心。


ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]
37独身、年収300万円知っておきたいお金のこと [ 横山光昭 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

いったい誰が検索?「コロナ 保険金殺人」
「コロナ離婚」や「コロナ不倫」の急増がニュースになる昨今だが、日本はいよいよ「コロナ保険金殺人」まで警戒しなければならない物騒な時代に突入したようだ。続きを読む

↑このページのトップヘ