貧乏かわせみ

年金貧乏、タワマン貧乏、隠れ貧乏、若者貧乏、老後貧乏、貧困女子、貧困男子、ローン破産、生活保護。貧乏は悲しく切ない。為替

カテゴリ:転落・事件簿

パパ活
パパ活で詐欺に遭う女性が増えているようです。
騙すつもりが騙された・・・そんな感じでしょうか。
実際にどんな手口で騙されるのか、ちょっと知りたくないですか?
「パパがお金を盗んで逃げた」なんていうのもあります。
ここで語られているのはどれも可愛いものですが、
口を閉ざすぐらい、恐ろしくてエゲツないものもあるようです。


0円で空き家をもらって東京脱出! [ つるけんたろう ]
ズボラな人でも毎日500円玉が貯まるすごい方法 [ 市居愛 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

若い女性が経済的に援助してくれる男性を探す活動=パパ活。お小遣いをもらえるはずが、「パパに騙された!」という詐欺被害にあう女性も増えているといいます。続きを読む

絶滅する?・・・ヤクザ
最近はヤクザの世界も様変わりをしているようです。
兄貴分にLINEで「ヤクザやめます」と送り、そのまま飛んでしまうとか。
情報網も発達して、法律も厳しくなりました。
暴力団やそれに類する団体に所属していると、監視の目が厳しいようです。
社会の必要悪の部分かもしれませんが、
一般人に迷惑掛けすぎなんだと思います。
弱きを助けるヤクザなら・・・陰ながら応援するんですけどね。


「おひとり」を不安0で生き抜く女子貯金 [ 横山光昭 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「弱きを助け強きを挫く――」。仁義を重んじ、義理人情に篤い生き方を説いた任侠道。その精神的継承者として、かつての日本人はヤクザを礼賛した。続きを読む

転落・・・元エリート
自分の実力を勘違いして、大手企業を辞めた人の話です。
元大手新聞社記者で、現在は地方の小さな新聞社で働く40代の男性は、
フリー記者となった今、実力を勘違いしていたことに気づいたそうです。
大手企業に勤めていると、それだけで「肩書き」となりますが、
その看板がなくなると、途端にどの取引先も相手にしてくれなくなります。
今は年収が激減して後悔の日々。
「全ては後の祭りですね」と語った姿が侘しすぎますね。


お金の味 借金の底なし沼で知った [ 金森重樹 ]
ズボラな人でも毎日500円玉が貯まるすごい方法 [ 市居愛 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

だれもがうらやむような大手企業に勤める人が、さらなるステップを求めて独立したり、フリーランスに転向する例は枚挙にいとまがない。続きを読む

転落・・・バブル期入社
バブル期入社の50代は、浮き沈みの激しい時代を生きてきました。
価値観が根底から変わる世相でしたから、
一歩踏み間違えて奈落の底に堕ちた人も多そうですね。
人の人生は、なかなか思うようにはならないものです。
我が身が貧乏に沈むと、憂うことばかりで嫌になります。
沈んだら最後、浮かび上がれません。


「おひとり」を不安0で生き抜く女子貯金 [ 横山光昭 ]
定年夫婦になる! 100歳までお金に苦労しない [ 井戸 美枝 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 年功序列が崩壊したといわれるが、いまだに年齢階層別平均賃金では50代がピーク。しかし、リストラ、転職失敗、介護など、一度道を踏み外せば、いとも簡単に年収300万円以下へと転落する。続きを読む

↑このページのトップヘ