2貧乏
日本の国会議員の給与は世界トップクラス、
お金の分だけ働いてくれれば問題ないのですが、
国会で審議するのは週刊誌のネタばかり…
週刊誌の記者に議員を兼ねてもらった方が安上がりかな。
議員さん、ちゃんと仕事をしてください。
国会は立法の府ですよ。


50代から老後の2000万円を貯める方法 [ 水上克朗 ]
東大卒でも貧乏な人 高卒でも成功する人 [ 吉永賢一 ]

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

国会議員のスキャンダルが相次ぐなか、注目されるのがその給与。「ろくな仕事もしないで!」という批判がそこら中から聞こえてきますが、そもそも国会議員の給与は一般と比べてどうなのでしょうか。みていきましょう。

国会議員の平均年収…2,255万円
歳費とは、会社員でいう給与のこと。議長であれば217万円、副議長で158万4,000円、議員であれば129万4,000円。2022年、衆議院は465名、参議院は248名ですから、1ヵ月に10億円近くの給与が国会議員に支払われている計算です。新型コロナ感染拡大を受けて、2022年5月から歳費2割減となり、何度か期限が切れては延長となっていました。再開を主張する政党、議員はいるものの、いまのところ法律通り、国会議員であれば月130万円ほどを手にしています。



さらに会社員でいえば賞与にあたる期末手当が支払われます。「歳費月額及びその歳費月額に百分の四十五を超えない範囲内で両議院の議長が協議して定める割合を乗じて得た額の合計額」などの細かい取り決めはありますが、2022年の夏は約286万円が支払われました。さらに月100万円の文書通信交通滞在費、通称「文通費」。非課税でさらに領収書なしでOKという、会社員であれば信じられないような条件で、たびたび批判の声があがっています。

衆参両議院が国会議員578人の所得をまとめた『所得等報告書』によると、2021年、議員1人当たりの平均年収は衆議院で2,091万円、参議院で2,492万円、国会議員全体で2,255万円でした。

誰か教えて! 一生にかかるお金の話 [ 花田敬 ]
手取り20万円 子育て家族の貯金の教科書 [ 横山 光昭 ]

ネットの声
「国会議員は一度当選すると犯罪や懲罰以外でやめさせられること基本ないので相当立場が守られています。働いても何もしなくても守られています」

「日本の議院内閣制は、イギリス議会を模範にしている。イギリスは内閣以外、ボランティアである。日本も戦前はボランティアで、議員になると財産を失う事もあった」

「別に国会議員の給与が高いことが問題ではない。国民のために働いているように見えないことが問題」
https://bit.ly/3CGcJAc(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね

どれか一つ、貧乏な私を応援してください
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ    ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2