4貧乏
50代になった就職氷河期だったみなさん、
いよいよ老後が見えてきた年代になりました。
大卒50代の非正社員の7人に1人が手取り月12万円以下…
これではお肉もなかなか食べられず、カップ麺がご馳走のようです。


月給13万円でも1000万円貯まる節約生活 [ 小松美和 ]
元証券ウーマンの一生使えるお金の話 貯金ゼロから「貯め体質」 [ さぶ ]

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

大卒50代・非正社員…7人に1人が「生活費月12万円」
大卒50代・非正社員の給与分布をみていくと、中央値は月22万3,100円。月16万円未満、手取り月12万円未満が14.0%と、7人に1人という水準です。大学まで出たのに、50代にして生活費が月12万円以下……悲惨といわずにはいられません。

50代ということは、あと10年ほどで定年。昨今、正社員化の支援が活発に行われていますが、企業側もあと10年ほどで定年という人を採用するほど、体力はありません。大卒・50代・非正社員の人たち、もう正社員への道は閉ざされたといってもいいでしょう。



65歳になれば年金がもらえますが、支給額は現役時代の給与を反映していますから、年金だけで暮らしていくなんて夢のまた夢。年を重ねても仕事ができるうちは仕事をする、という未来しか描くことはできません。

今日は肉が食べられた
悲劇的な未来はもちろん、昨今の物価高で、まさに“いま”の生活も厳しさが増しています。聞こえてくるのは、自虐ともいうべき声。

――やった! 今日は肉が食べられた

――カップ麺…今日はご馳走です!

――電気もガスも止まっているけど、水道があるから大丈夫

もう開き直るしかなくなったともいえる、50代・非正社員の人たち。貧困という負のスパイラルは断ち切るのは難しく、不幸は生きてる限り続く……といっても言い過ぎではありません。

日本のヤバい女の子 [ はらだ有彩 ]
急に仕事を失っても、1年間は困らない貯蓄術 [ 佐藤 治彦 ]

ネットの声
「私も氷河期世代で正社員での就職口は狭き門でした。30歳くらいまではフリーターで凌ぎ、その後は当時新しい業界であった介護職に就きました」

「国は非正規と呼ばれる契約を法律で規制するべきだと考えます」

「この様に生活保護基準に近い収入しか得られない人が増えている」
https://bit.ly/3ej1e9Y(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね

どれか一つ、貧乏な私を応援してください
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ    ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2