5貧乏
10代のネット依存が深刻化しています。
ネットゲームの課金で180万円も使ったとか…
こういうのは中毒性があるように作ってあります。
大人が子ども達を守るより他に術がないような気がしますが…


100万円貯まる! ぬりえ貯金 (TJMOOK)
ひとり暮らし 月15万円以下で毎日楽しく暮らす [ すばる舎編集部 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

小学生や中学生など子供のスマートフォン所持率が上がるにつれ、スマホやネット依存症に陥る子供が急増し、社会問題となっている。そんな中、神戸市は「スマホとスマートに付き合う」方法を子供たち自身に探ってもらうためのユニークな合宿を9月に六甲山中(同市灘区)で実施した。

■課金180万円
「ネットゲームの課金が180万円いったことがある」「気がついたら午前0時を過ぎていることが多く、授業中眠い」…。



神戸市立「自然の家」で9月23日から2泊3日で行われた合宿。ワークショップの時間に、子供たちは自身のスマホやネットへの依存ぶりを口々に明かした。

参加したのは同市内の小学5年から中学2年の子供17人。皆、初対面だ。スマホに接する時間が1時間と比較的少ない子供もいるが、中には4~8時間というヘビーユーザーも。子供たちは4、5人ずつの班に分かれ、スマホ・ネットの「いいところ」「悪いところ」を書き出し、班のメンバーで協力して1枚の模造紙にまとめ、スマホについてじっくり考えた。

■大人への提言も
親に対しては「怒るなら、なぜ悪いのか、理由を説明してほしい」「依存していたらスマホを没収してほしい」。学校には「今回の合宿のようなネットの勉強を授業でもしてほしい」、行政には「大きい公園や遊べる場所を作って」。アプリやゲームをつくっている企業にも「時間制限をおもしろい形で導入してほしい」と要望した。

老活・終活のウソ、ホント70 [ 川村匡由 ]
老後になって後悔しないために、知っておくべき88のこと [ 山崎武也 ]

ネットの声
「大人でも夢中になる場合が有るので学生さんのだと余計にかも知れません」

「スマホに限らず依存は他に居心地のいい場所がないことが要因でもあるはずなので」

「今は大手の通信業での契約は、使用者ご子供のスマホの場合、課金できないセキュリティになっていて、課金する場合は親がパスワードを解除する必要があります」
https://bit.ly/3Mj7XNH(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね

どれか一つ、貧乏な私を応援してください
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ    ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2