6貧乏
東京に住む年金生活者、
賃貸なら平均で7万円を超える家賃を払わないといけません。
年金生活に入る前に地方都市に引っ越す…
これがいいかもしれませんね。
見知らぬ土地で暮らすのは心細いでしょうけど…


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
まだ間に合う!50代からの老後のお金のつくり方 [ 深田晶恵 ]

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

住宅ローンの負担を嫌い、身軽な賃貸暮らしを送ってきた人も、リタイアして年金生活になったとたん、大変な思いをする人もいるようです。インフレが進行する状況下、生活資金のほとんどを年金に頼る高齢者のなかの「賃貸派」には、どんな苦労があるのでしょうか。実情を見ていきます。

東京に暮らす年金受給者、家賃負担の重さに辟易
都道府県ごとの最新の平均家賃をみると、全国平均は5万5,348円。トップはやはり東京都で、7万3,160円と、全国平均を引き離しています。



以下、神奈川県の6万8,747円、大阪府の6万1,855円、埼玉県の6万0,931円、千葉県の5万8,913円と続きます。東京や大阪の大都市圏周辺で家賃水準が高く、全国平均を大きく上回っていることがわかります。

「安い部屋に引っ越したいのに…」年金生活者の事情
厚生労働省の資料によると、「東京都」の平均年金受給額(厚生年金)は15万9,393円です。

東京に限らず全国的にいえるのは、高齢者の賃貸住宅の借りにくさです。株式会社R65が行った調査では、高齢者の4人に1人が「不動産会社に入居を断られた」と回答し、「5回以上断られた」という人は13.4%にも上りました。

生活が大変だから、家賃の安いところに引っ越したくても、そもそも高齢者の場合、適当な物件への引越しはハードルが高く、「家賃が高い」家に住み続けなければならないケースは多いのです。

貯金0でも「お金に強い女」になれる本 [ 笠井裕予 ]
得するお金のスゴ技大全 知ってるだけで年間50万円浮く!! [ 丸山晴美 ]

ネットの声
「持ち家だって固定資産税を毎年納めなければならない。そもそも、持ち家を購入した金額が半端ではない」

「持ち家も維持費がかかると言われますが、やはり、来年から住む所が無いから至急探さないとならなくなったとかいうストレスに比べたら、まだ良いと思う」

「現役時代並みの生活を維持したいのなら、それなりに準備しておかないと。それができなかったのなら、16万円で生活できる方法を考え実行する」
https://bit.ly/3SPBjWr(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね

どれか一つ、貧乏な私を応援してください
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ    ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2