5貧乏
物価が上がり続けていますね。
我が家のような貧乏は完全にお手上げ状態です。
物価が上がると一番困るのは年金生活者のようですが、
いえいえ、そうじゃない人も大変ですよ。
貧乏イジメとしか思えません。


退職金がでない人の老後のお金の話 [ 横山 光昭 ]
50歳を過ぎたらやってはいけないお金の話 [ 山中 伸枝 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

2022年2月の消費者物価指数(総合)は前年同月比で0.9%の上昇だったが、実際の数値はもっと高い。昨年から今年の春にかけては、政府による携帯電話料金の引き下げ要請の影響があり、数字が過剰に低く出ている。携帯料金引き下げの効果は今年の4月以降剥落してくるので、それに併せて消費者物価指数は大きく上振れするだろう。

携帯電話料金の効果がなかったと仮定すると、すでに物価は2%以上、上昇している。今年の春闘では約2%の賃上げが実現したが、この水準では物価上昇分とほぼ相殺されてしまうので、実質的には横ばいと解釈した方がよい。



最も厳しいのは年金生活者
では、このペースの物価上昇が今後も継続した場合、私たちの生活はどうなるだろうか。インフレが進んだ場合、最も厳しい状況に追い込まれるのは年金生活者である。

現在の公的年金制度には、物価や賃金の上昇に合わせて年金額を増やす仕組みが存在している。物価や賃金が上がれば、多少のタイムラグはあるものの、その分だけ年金は上がるはずである。だが一方で、高齢者の増加に伴う現役世代の負担増加を回避するため、年金を減額する措置も同時に進めている。

最終的な年金額の増減は物価・賃金などの動向で変わってくるが、大きな方向性としては、物価が上がった分ほどには年金は上がらない仕組みと考えてよい。物価が上がっているにもかかわらず、年金が増えないという状況なので、年金生活者にとっては事実上の減額になる。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

ネットの声
「インフレで一番得するのは長期固定金利で借金している人。つまり日本政府。金利上げずにインフレを放置するだけで財政再建完了」

「原始時代に生まれたかった。今の生活より大変だろうけど今より楽しいと思います」

「消費税は売値の割合だから税収が上がり政府が得をする!だからガソリン税撤廃には手を付けない」
https://bit.ly/385j3Wx(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね

どれか一つ、貧乏な私を応援してください
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ    ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2