1貧乏
ある家族に届いた税務署からの突然の“お知らせ”…
あまりのことに青ざめてどうしていいかわからず、
相続専門の税理士の元に相談しに来たんだとか。
税務署はしっかり調べてから通知を出すようなので、
どんな言い逃れも通用しません。
税務署からの通知は、それはそれは恐ろしいものです。


貯金0でも「お金に強い女」になれる本 [ 笠井裕予 ]
得するお金のスゴ技大全 知ってるだけで年間50万円浮く!! [ 丸山晴美 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

税務署からの突然のお知らせ
「いきなり税務署から『相続税についてのお尋ね』っていう書類が届いたんです!」慌てて私の事務所に駆け込んできたのは、埼玉県に住む佐藤さん(仮名)ご一家。

定年夫婦になる! 100歳までお金に苦労しない [ 井戸 美枝 ]
老後になって後悔しないために、知っておくべき88のこと [ 山崎武也 ]

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

お話を聞いてみると、半年前に突然お父様を亡くされ、相続人は奥様とお子様2人の合計3人。葬儀と四十九日が終わって、遺品の片付けもひと段落してほっと一息着こうと思っていた矢先、突然税務署から前述の「相続税についてのお尋ね」という書類が届いたとのことです。



普段、税務署から連絡など無い佐藤さんご一家は、慌ててインターネットで相続専門の税理士を探し出し、私たちの事務所に駆け込んでこられたのです。

「お父さんが亡くなったことをどうして税務署が知ってるんですか? 誰にも亡くなったことを言ってないのに。税務署から送られてきた封筒の中を見たら、亡くなった日もちゃんと書いてあって。誰かに家を見張られているようで、家族一同怖くてパニックになりました」

四十歳、未婚出産 [ 垣谷美雨 ]  老活・終活のウソ、ホント70 [ 川村匡由 ]

トラコミュ ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫  60代からの新しい人生

佐藤さんがびっくりするのも無理はありません。実は、税務署は「いつ、誰が亡くなったのか」を自動的に把握する仕組みを持っているのです。その仕組みとは、通称「ゴッパチ」と呼ばれている相続税法第58条のことです。

相続人が死亡届を役所に提出すると、自動的に役所から税務署に死亡の事実が伝えられる仕組みになっています。このため、亡くなったことを税務署に知らせず、相続税の申告をしなくても黙っていればバレない、という甘い考えは通用しないことになります。

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

ネットの声
「取るときは速攻、払う時はノロノロ、それが税務署」

「いくら払っても増え続ける日本政府の借金。いくら払っても恩恵を感じない税制。人の死をも徴税に変えてしまう政府行政」

「相続税を払わないコツは、基礎控除内で収まるよう被相続人に消費に使ってしまうよう、生前に言っておくことです」
https://bit.ly/3JI7Jhq(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ 40代女子の日常 ≫  40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ  にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ    ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2