3貧乏
新型コロナの影響による店舗の営業自粛などで、
収入が半分以下になった女性の声です。
パートの50代シングルマザーは月給約5万円となり、
逼迫した生活状況を語っています。
40代シングルマザーは子どもの学費のために、
生活を切り詰めても足りない現状を嘆いています。
色々な支援金はありますが、網から漏れる人の方が多いようですね。
我が家も支援金などとは無縁です。貧乏なのにどれも対象外。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
四十歳、未婚出産 [ 垣谷美雨 ]   日本のヤバい女の子 [ はらだ有彩 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

新型コロナ第3波の影響は、前回の緊急事態宣言と同様に飲食業界のみならず、全国の観光地にまで及んでいるようだ。栃木県の観光地で飲食関連のアルバイトをする50代女性は、昨年末から客足が冷え込み「1月のシフトも10日」と半減し、給料も「半分以下になる見込み」と嘆く。

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

震災風俗嬢 (集英社文庫(日本)) [ 小野 一光 ]
キミのお金はどこに消えるのか 令和サバイバル編 [ 井上 純一 ]

コロナで仕事の依頼が半減「これから先、元に戻るのか不安」
「フリーランスのライターで、5社とそれぞれ業務委託している」と切り出すのは、埼玉県の30代女性。しかし新型コロナの影響で、よりによって収入源であったメインの1社からの依頼が半減したという。辛うじて“ボウズ”だけは免れたものの、稼ぎ頭だっただけに痛手だ。



「これから先、元に戻るのか不安。ただ、コロナの影響で執筆が増えたジャンルもある。1社だけに頼らず、複数の委託先を持っておくことが大事だと思った」

一時的に収入は減ったものの、今回の辛酸が挽回への活力となったようだ。

お金さま、いらっしゃい! [ 高田 かや ]   ストップthe熟年離婚 [ 清水一郎 ]

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

「子どもはバイトをしていましたが、それもコロナで出来なくなり……」
サービス系のパート・アルバイトをする千葉県の50代女性は、2人の子ども抱えるシングルマザー。現在は店舗の営業自粛に伴い、休業補償が支給されているという。しかし、そこには従来の残業代などが含まれないため、月給は半分以下に。その詳細を「5万円くらい」と明かし、逼迫した生活状況も説明する。

「この1年間、子どものために貯めてきた貯金を切り崩し生活してきましたが、もう限界です。色々な支援もあるようですが、うちには当てはまらず申請もできません。まったく先が見えず不安です」

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

兵庫県の40代女性も2人の子どもを養うシングルマザーで、前述と同様に窮状を明かす。個人でリラクゼーションサロンを経営しており、昨年の年末にかけて「やっと客足が戻りつつあったのに」と続ける。

「今年に入り2回目の緊急事態宣言が出て以降、月の売上げは5万円くらい減りました。子どもはバイトをしていましたが、それもコロナで出来なくなり……。子ども2人の学費を払わなければならず、生活を切り詰めても足りません」

女性は「いつまでこの状況が続くのか分からず、精神的にも辛いです」と苦しい心境を吐露している。
https://news.livedoor.com/article/detail/19619696/(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏な私を応援してください
      連日の応援に感謝♪

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2