3貧乏
夫の仕事中は、妻にとって羽を伸ばせる貴重な時間。
なかにはチャンスと言わんばかりに、浮気癖が出る妻もいるようです。
都内で暮らす西条彩乃さん(仮名・41歳)は見てしまいました。
ご近所の奥さんが不倫相手を自宅に連れ込むところを…
逢瀬は独特の背徳感があるので、余計に燃え上がったのかも。
しかし悪いことはバレるもので近所でも噂となりました。
やがて夫の知るところとなり不倫妻は家を追いだされ、
家も売り払う結果となったので、慰謝料は高額だったかも。


日本の貧困女子 (SB新書) [ 中村 淳彦 ]
得するお金のスゴ技大全 知ってるだけで年間50万円浮く!! [ 丸山晴美 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

◆白昼堂々、自宅に男を招きいれる場面を目撃
「今から5年ほど前、ウチのはす向かいにある中古の一軒家に引っ越してきたご夫婦の奥さんです。当時、私は子供がまだ幼かったので仕事を辞めていて、日中も家にいることが多かったんです。

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

震災風俗嬢 (集英社文庫(日本)) [ 小野 一光 ]
1年で100万円貯まるすっきりお片づけ生活 [ 丸山晴美 ]

 その奥さんは子供がいなかったのですが、専業主婦らしく平日も家にいるようでした。けど、昼間に堂々と旦那さんではないスーツ姿の男性を迎え入れていました」



 それも2~3時間は家に滞在しており、玄関先で抱き合ってキスしていることもあったそうです。同じ男性が何度も彼女の家に来ていたのを目撃し、「これは不倫だ!」と確信しました。

「貯まる女」になれる本 [ 丸山晴美 ]   職場の女子のトリセツ [ 有川 真由美 ]

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

 私はそのことを誰にも話さなかったんですけど、近所の奥様方の中ではすでに知っている人もいて、気がつけば彼女の噂でもちきりになっていました(笑)」

 ちなみにこの奥さん、ご近所付き合いはまったくしておらず、彩乃さんは挨拶程度で話をしたこともほとんどなかったそうです。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

老活・終活のウソ、ホント70 [ 川村匡由 ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

◆ご近所で噂になってしまった不倫妻
「近所と交流があれば周りの目もあるし、あそこまで大胆なことはできなかったのではないでしょうか。その家の隣に住んでいる奥さんはママ友なんですけど、『今、2階の寝室らしき部屋のカーテンが閉まった!』ってLINEで実況レポートしてくれるんです。 不倫するのなら、せめてホテルに行くとかすればいいのにとは思っていました」

◆不倫をしていた女性が家を出て行った…?
 しかし、交流がなかったこともあり、その夫に不倫の事実を伝えようとする人もいませんでした。 そんな中、不倫をしていた女性が家を出て行ったという話がご近所中に広まります。

「これも情報元は隣家のママ友からの『浮気がバレたのか旦那さんが怒鳴る声が聞こえた』ってタレコミです。それ以降、誰も彼女の姿を見かけなくなったので、家を追い出されたんじゃないかって」

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

◆引っ越しからわずか1年に売家に
 不倫妻の夫はその後もしばらく1人で住んでいましたが、3か月ほどで引っ越してしまいます。結局、夫婦はこの一軒家に1年も住んでいなかったのです。

 家は買い手がついて今は別の家族が住んでいますが、住宅ローンと完全に相殺するのは難しかっただろうし、彼女や浮気相手が払う慰謝料も結構な額になったんじゃないかなって。引っ越し当初は奥さんが出勤する旦那さんを家の外まで見送って、仲睦(なかむつ)まじそうに見えたんですけどね」

 仮に付き合いがまったくなかったとしても近所の人たちには常に見られていると思うべきでしょう。自宅に浮気相手を連れ込むのは間違ってもやめたほうがよさそうです。
https://bit.ly/38HMaNT(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2