8貧乏
還暦・60歳の時の貯蓄額は大切だと思います。
みなさん一体、どれくらいお持ちなのか調べてみました…
還暦人の平均貯蓄額は驚きの3000万円!
貯蓄額100万円未満の人(私もこの層)は2割ほどですが、
老後資産2,000万円以上の人が35%もいます。
とってもざっくりした数字で表すと、
3人に1人が1000万円未満、3人に1人が1000~2000万円、
3人に1人が貯蓄額2000万円以上・・・こんな感じになるようです。


派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫) [ 青木 祐子 ]
令和版 離婚ハンドブック [ 比留田薫 ]   お金本 [ 左右社編集部 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

一般的に60歳というのは定年退職の年齢であり、「還暦」を人生の節目の一つと捉えている方も多いのではないでしょうか。住宅ローンの完済年齢を60歳に設定している人も少なくないでしょう。



還暦を迎えた後にセカンドライフを楽しもうと考える方も多いものですが、セカンドライフを満喫するにあたってやはり気になるのはお金の問題です。ただ毎日生活するのに必要な金額と、ゆとりを持ちながら生活するために必要な金額は、当然差が出てきます。

四十歳、未婚出産 [ 垣谷美雨 ]   日本のヤバい女の子 [ はらだ有彩 ]

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

還暦人が思うゆとりある生活に必要な金額は?
今年6月にPGF生命は、今年還暦を迎える1960年生まれの男女を対象に「2020年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」を行いました。

この調査によると、還暦人が思う「これからの人生で、毎月の生活費として最低限必要な金額(配偶者がいる場合は夫婦2人分)」の平均額は199,710円、「ゆとりのある生活を送るために毎月必要な金額」の平均額は288,399円でした。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

震災風俗嬢 (集英社文庫(日本)) [ 小野 一光 ]
キミのお金はどこに消えるのか 令和サバイバル編 [ 井上 純一 ]

生活費として最低限必要な金額と、ゆとりのある生活を送るのに必要な金額の間には、9万円ほどのギャップがあることが分かります。

同調査では、生活費を除いた「毎月自由に使える金額(配偶者がいる場合は夫婦2人分)」についても調査しており、最も多かった回答は「5万円台(23.5%)」となっており、全体の平均金額は56,356円でした。

ただ一方では、5万円未満の金額を回答した人の合計は50.1%と全体の半数を占めており、生活の余剰金についても二極化が進んでいるということが言えそうです。

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

貯蓄額2,000万円に満たない人の割合が約3分の2
還暦の人のお金事情と言えば、少し前に世間を賑わせた「老後2,000万円問題」が気になるところですが、本調査では還暦人の現段階での貯蓄金額の平均額は、「3,078万円」と出ています。

「意外とみんな持っている…」と思われた方もいるかもしれませんが、この金額はあくまで全体の平均金額であることに注意が必要です。

貯蓄額で最も多くの割合を占めたのは「100万円未満(20.8%)」となっており、「500~1,000万円未満(12.0%)」、「1,000~1,500万円未満(11.9%)」、「100~300万円未満(11.6%)」と続いています。

その一方で、「1億円以上」と回答した人が7.3%、「5,000万円以上~1億円未満」が8.0%、「3,000万円以上~5,000万円未満」が9.9%となっていることから、十分な貯蓄を有している人たちによって平均金額が押し上げられていると言えるでしょう。
https://bit.ly/30xHo0h(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2



トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

みんなのお金の使い方、貯め方 [ 主婦の友社 ]
月給13万円でも1000万円貯まる節約生活 [ 小松美和 ]