8貧乏
「長生きなんてしたくなかった…」そう呟く老いた母。
貧困、ひきこもりの子どもなど、
高齢の親が直面する苦悩は厳しいものがあるようです。
自らの命の残りを逆算しながら、
自立できない我が子を心配し続ける老いた母親…
一つ間違えば事件になりそうな現実がゴロゴロしていますね。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
37独身、年収300万円知っておきたいお金のこと [ 横山光昭 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「あんたが死んでも、なんとかなるさ」
家族がいてもかなりの困窮状態にある高齢女性がいる。
長生きしていると、子どもを残していく不安もある。

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

一生楽しく浪費するためのお金の話 [ 劇団雌猫 ]
底辺キャバ嬢、家を買う (光文社文庫) [ 黒野伸一 ]

関東地方に住む会社員の加藤正子さん(80歳)の悩みは、20代半ばからひきこもり生活をしている長男(55歳)の将来だ。20年前までは、ときどき短期アルバイトをし、趣味のオーディオ機器を買いに秋葉原に出かけることもあった。しかし今ではずっと家にいる。



「夫が亡くなった15年前に遺産を分割しました。今はインターネットバンキングでお金をやり取りし、欲しいものを購入しているようです。一緒に食事をすることもありますが、ほとんど別々。お互いのペースで暮らしています」

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

令和版 離婚ハンドブック [ 比留田薫 ]
派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫) [ 青木 祐子 ]

長男がひきこもった理由
長男がひきこもりになった理由は、正確にはわからない。同級生や同僚にいじめられたこともなく、きっかけとなる出来事も思いあたらないと言う。加藤さんは「私が希望した『良い大学を出て良い会社に入る』コースに乗れなかったことが原因ではないか」と分析する。

「私のきょうだいは私だけ高卒で、ほかはみな大卒。家庭の事情で進めなかったので、私に引け目があったのかもしれません。親の介護と仕事、夫の病気の看病など、本当に忙しい人生の中で一方的に『やりなさい』と命令するばかりで、きちんと向き合ってこられなかったのです」

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

みんなのお金の使い方、貯め方 [ 主婦の友社 ]
月給13万円でも1000万円貯まる節約生活 [ 小松美和 ]

私が死んだら、この子はどうなる
少し前までは、「私が死んだら、この子はどうなるのか」と不安でいてもたってもいられなかった。貯金を使い果たしたら、仕事もなく生活していけるのか。食事や買い物は、と生活面でも不安材料は山積。すでに嫁いでいる長女からは、「お母さん亡き後、お兄さんの面倒は絶対に見られない」と言い渡されていた。

数年前「私が死んだらどうするの」と長男に聞くと、「あんたが死んでも、なんとかなるさ」と返されたという。その返答に加藤さんは覚悟を決めた。家や土地の証書を1ヵ所にまとめ、預金、支払うべき料金などのことを長男に少しずつ説明し、将来に向けて徐々に準備を進めている。

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

心配だけが残る
それでも心配は尽きない。この先、近所と良い関係を保っていけるか。町会の役員が回ってきたら、対処できるのか。近所の人は決して言葉には出さないが、加藤家の長男が引きこもりだと感づいている。

「先日、引きこもりの青年が殺人事件を起こしたというニュースを見ました。私もご近所の方にもけっして他人事ではありません。あのニュースを見て息子は、『テレビは悪いことばかりを報道するね』と感想を述べました。夫の死も見ているし、善悪の判断はつくと信じています」

加藤さん自身がひきこもりの親を対象にしたカウンセリングを受けたことで、親子関係も好転しつつある。息子は「あんた変わったよね。聞く耳を持つようになった」と話すようになり、かつては成立しなかった会話のキャッチボールができるようになった。生きている間に、さらに距離が縮むのを加藤さんは願っている。
https://bit.ly/2FlAvYb(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2