老後に2000万円の、1年後
昨年、なにかと論争を呼んだ「老後に2000万円足らない問題」、
公的年金だけでは生活が成り立たないので、
自己資金で補填すると2000万円も必要とかといわました。
貧乏人は奈落の底に叩き落された気分でしたよね。
最新データでは不足分が2000万円から1200万円に修正縮小されました。
しかし1000万円を超えているので、一般的な夫婦にとっては大金ですね。
どちらにしても年金だけでは生活は無理なようです。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
四十歳、未婚出産 [ 垣谷美雨 ]   日本のヤバい女の子 [ はらだ有彩 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

2019年の「裏流行語大賞」だった「老後に2000万円」問題
あの頃の騒動はもう忘れてしまっても「老後に2000万円」というキーワードはまだ記憶に残っているのではないでしょうか。

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

震災風俗嬢 (集英社文庫(日本)) [ 小野 一光 ]
キミのお金はどこに消えるのか 令和サバイバル編 [ 井上 純一 ]

金融庁が2019年6月に公表したレポートの記載のちょっとした一文が選挙前もあって政争の具として炎上、さらにマスコミやSNS投稿などで大きく拡散されたものです。



国民の認知度を考えるとこれは流行語大賞ものだったわけですが、最終候補にすら残らないという意外な結果となりました。たぶん、報告書を受け取らなかった麻生大臣が流行語大賞のトロフィーを受け取ってくれるわけがないという「忖度」があったのかもしれません。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

ちなみにこのレポート、大臣が受け取らなかったとしても金融庁のホームページには今もしっかり掲載されています(情報開示の姿勢としてはとても大事なことです)。

馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください [ 藤森かよこ ]   生活保護の受け方がわかる本(第3版) [ 神田 将 ]

改めて読み返してみると、レポートの前提となった議論はちゃんとしているし、「老後に2000万円」は2カ所にしか出てこないし、さらに「この金額はあくまで平均の不足額から導きだしたものであり、不足額は各々の収入・支出の状況やライフスタイル等によって大きく異なる。」と断っていることが分かります。

あくまで一例としてあげた数字だったのに、そこだけが切り取られて一人歩きしてしまったのは、実にもったいないことだったと思います。

お金さま、いらっしゃい! [ 高田 かや ]   ストップthe熟年離婚 [ 清水一郎 ]

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

人生100年時代、毎月5万円の不足も積み重ねれば2000万円という話だが
ところで、この「老後に2000万円」の元となったデータは2017年の家計調査年報(総務省)をベースにしており、数字の内訳は以下のとおりです

高齢夫婦無職世帯 2017年(いわゆる年金生活世帯)
 支出合計: 263,717円
  (消費支出 :235,477円)
  (非消費支出:28,240円)

 収入合計: 263,717円
  (公的年金等社会保障収入:191,880円)
  (その他収入(仕事や企業年金等):17,318円)
  (不足(取り崩し)  54,519円)

これに「人生100年時代」を想定して30年を単純計算すると

月54,519円×12×30年=1963万円

となるわけです。なるほど2000万円が老後に必要ということです(なお、報告書では「約5万円×約30年」としている)。

ところが、実はこの数字、最新データではずいぶん違ってきているのです。しかも40%もダウンしている、としたらどうでしょうか?

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

2019年の家計調査年報では「月の不足」は40%ダウン!
令和元年(2019年)の家計調査年報では、同じ年金生活者夫婦の家計はこうなっています。

高齢夫婦無職世帯 2019年
 支出合計: 270,929円
  (消費支出 : 239,947円)
  (非消費支出:30,982円)

 収入合計: 270,928円(端数処理の関係で収入合計とは1円異なる)
  (公的年金等社会保障収入:216,910円)
  (その他収入(仕事や企業年金等):20,749円)
  (不足(取り崩し)  33,269円)

たった2年でなんと、不足額が40%ダウンしてしまいました。この数字で先ほどの計算をし直してみると

月33,269円×12×30年=1,198万円

まで下がってしまいます。「老後に2000万円」はなんと、「老後に1200万円」になってしまったわけです。

統計にはどうしてもブレが出てしまいます。長い目で見て「公的年金だけでは老後の収支は不足している」ことは間違いないのですが、国民の実態を正確に捉えるというのはなかなか難しいことなのです。
https://bit.ly/3g81vrF(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2