恐怖の、田舎暮らし
コロナのこともあり東京を離れて地方に移住する人が増えています。
しかし地方移住のなかなか大変なようで、
「ワナ」あるいは「ドツボ」にハマった事例も。
工事費をぼったくられたり、自治会費をふっかけられたり…
役場に生活相談した内容がすべて集落に筒抜けだったりと、
プライバシーや守秘義務なんかは蔑ろにされるようです。
田舎には田舎のルールが存在し、よそ者にとっては恐怖かも。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
四十歳、未婚出産 [ 垣谷美雨 ]   日本のヤバい女の子 [ はらだ有彩 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

工事費をぼったくられる

コロナ禍の終息が見えない今、首都圏周辺の別荘を扱う不動産業界が活況を呈している。第二波、第三波に備えようと、買い気にはやった首都圏の住人が大挙して押し寄せているからだ。だが、こうしたときにこそ “移住事故”は発生する…。

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

震災風俗嬢 (集英社文庫(日本)) [ 小野 一光 ]
キミのお金はどこに消えるのか 令和サバイバル編 [ 井上 純一 ]

移住人気の高い場所が住みやすいとは限らない――この「移住地の法則」を知らずに、人気の土地という理由だけでそうした土地に飛び込み、 “ワナ”に、あるいは“ドツボ”にはまる人々がいる。今まさに移住を考えている人のために、そうした事例をご紹介しよう。

お金さま、いらっしゃい! [ 高田 かや ]   ストップthe熟年離婚 [ 清水一郎 ]

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

風光明媚な町と子育てのしやすさを売りにしている関東地方のA市では、地元工事業者が移住者から「ぼったくる」ような事態が起きている。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

3年前、終の住処にと土地を購入し、賃貸住宅に住みながら長く土地と人を見極めたうえで、ようやくここへきて自宅の施工に着手したある移住者家族を、度肝を抜くような事態が襲った。

馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください [ 藤森かよこ ]   生活保護の受け方がわかる本(第3版) [ 神田 将 ]

「家を建てる場所には上水道が通っていないので、辺りでは井戸を掘って飲料水や生活用水として使っています。移住者相手だと見積もりからしてボッタクリ価格を持ってくるという話は聞いていたので、施工業者を選び抜いて、いよいよ施工着手をした形でした。

で、いざ井戸を掘る見積もりがきた。それを周囲の知人のところに持っていって、近い場所やほぼ同じ施工環境で、同じ業者が過去にどういう見積もりをしているか調べたんです。そしたら、うちだけ、見積もりが100万円も高いんですよ。これには笑っちゃいましたね。同じ環境での井戸掘削で、移住者であるうちだけ100万円も乗せてふっかけてきている。こりゃ、聞きしに勝る、でしたね」



自治会に入るのにウン十万円…

移住者とみるやの「ぼったくり」は何も工事現場に限ったことではない。

地方ではゴミを出すための「共同集積所」は、区や組と呼ばれる地元自治会の“私有財産”であるという建前のもと、自治会に入れない者は集積所を使えない、すなわちゴミ出しができないという実態があるのは有名な話だ。

だが、A市のとある集落では、区長がこうした移住者の切々たる訴えに対して、区の自治会に入りたければ、入会金としてウン十万円を支払えと迫った事件も発生した。

「区(の自治会)に入る権利金のようなものは本当は5万円で、支払った金額のうち、5万円をのぞいた大金は区長の懐に入ったと、そういうわけでした…」

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

いつまでたっても「よそ者」

そんな移住者の男性が今でもその地に留まり続ける理由はただ一つだという。

「孫がね、喜んでくれるんですよ。孫にとって田舎をつくって上げられたこと、これが私がここに留まり続けるただ一つの理由です。春夏秋冬とね、幼い孫が遊びにきてくれることだけが楽しみ。

こっちの言葉では、よそ者を『きたりもん』と呼ぶらしいのですが、きたりもんはもう死ぬまできたりもんだって、やっぱり仲良くなった、ヨソから嫁いできた90歳になるおばあちゃんがそう教えてくれましてね。

役場になど相談もしなくなりましたね。以前、役場に生活相談した内容がすべて集落に筒抜けになってね、俺たちの悪口を役場で言いふらしやがってって、大変なことになりかけたことがありましたから。役場に勤める若い人も、たいがい、守秘義務なんて観念が薄いから、今日、どこそこの誰が役場にきてこんなことを相談してって、自宅に戻って父親や母親にしゃべるんでしょうね。それがすぐに集落中に筒抜けになるんです」
https://news.livedoor.com/article/detail/18568918/(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2