エリート高校生
偏差値70超えの高校に入学したのですが、
教師の叱責で体調が悪化した男性。
病院で発達障害という診断が下ると、その結果に本人は納得。
大学受験に失敗し今は飲食店で皿洗いをしています。
自分の道を模索中ですが、年収は頑張っても130万円程度とか。
学べる機会があっただけ、この人は恵まれている気が…


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない [ 松崎 のり子 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

進学校に合格も、発達障害と診断

人間の価値は偏差値だけではない。そんなことは百も承知と思いつつも、教育熱心な親ほど偏差値に縛られてしまうことがある。

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

一生楽しく浪費するためのお金の話 [ 劇団雌猫 ]
底辺キャバ嬢、家を買う (光文社文庫) [ 黒野伸一 ]

「我が子を幸せに導くために」と、高学歴を求める傾向は、昔も今も変わらない。だが、そんな教育がぴったりとはまる子どもばかりではないのが現実だ。

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

令和版 離婚ハンドブック [ 比留田薫 ]
派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫) [ 青木 祐子 ]

北関東地方に暮らす田村彰史さん(仮名、20代)、高校受験では偏差値70越えの公立トップ校に入学したものの、そこでの体験がもとで体調が悪化、発達障害という診断を受けた後、立ち直れぬままの日々を過ごしている。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

現在の年収は100万円ほど。「自立して家庭を持つとか、そういうことはできないんだなと思うと、やりきれない気持ちになることがあります」。学歴重視を押しつけられた青年は、幸せとは言えない日々を送っている。

みんなのお金の使い方、貯め方 [ 主婦の友社 ]
月給13万円でも1000万円貯まる節約生活 [ 小松美和 ]

田村さんが通っていたのは、地元で成績トップと言われる進学校だった。毎年、卒業生の多くが旧帝大をはじめとする国公立大学や、難関私立大学への進学を決めていた。田村さんは小学生時代から成績は優秀そのもの。塾に通うことなく地元の私立中学を受験し突破していた。地方の中学受験は首都圏のそれとは少し違う事情がある。

そのままエスカレーターで高校に上がることが目的ではなく、地元難関高校を目指すために中学入試をするという場合があるのだ。中学校のクラスには、「目指せ!トップ校」という目標が掲げられていたという。

「そのまま系列の高校に進む人もいましたけれど、受験して出る人が一定数いました」

専門学校はダメ!大学ありきの進路指導

馬鹿にする同級生を見返してやろうと頑張ったのが勉強だった。だが怒鳴る教師の態度に恐怖を覚えるようになると、成績も急降下、発達障害を持つ人は、一般的にストレスに弱いと言われるのだが、体の不調はストレスがかかりすぎたことで生まれたのかもしれない。

診断が下りてもこの教師からの指導は変わらなかった。学校全体も大学受験に向けて渇を入れる雰囲気が強くなっていった。

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

どれだけ頑張っても年収130万円

地元の国立大学を受験したものの、結果は不合格。そのまま現在にいたっている。

「卒業してすぐの頃は、教師に言われたこともあり、浪人して再チャレンジというのも考えて大学受験塾に入りました。でも、どこか違和感を覚えていました」

たまたまその塾が閉鎖されることとなり、そのまま大学受験もフェードアウトしてしまったと話す。

高校3年時の模試の結果。偏差値はのきなみ40台で、中学時代から大きく落ち込んだ…

「もう親も“大学に行け”とは言わなくなりました。今は障害者雇用枠で飲食店で働いていますが、体調のこともあり、それほど多くは働けません。こんな言い方はあれなのですが、自分よりも偏差値の低い学校出身でも、調理師免許を取って生き生きと働いている人を見ると、こういう生き方だってあったよなと。それに比べて、いくら偏差値の高い学校を出ていても、僕は皿洗いです。どれだけがんばっても年収はおそらく130万円くらいで頭打ちです」

青春時代を取り戻すために

ただ、偏差値という呪縛にとりつかれてしまった親の場合、そこに目を向けられる親がどれだけいるだろうか。生きづらさを抱えながら、それでも、人は生きていかなければならない。

田村さんは今、体調を崩すほど勉強漬けだった青春時代を取り戻すかのように、皿洗いの日々の中で自らの生き方の模索をはじめている。

「いろいろと、やってみたいなと思うことも最近は出てきました。親からは“好き勝手なことばっかりして!”と言われることもありますが、とにかく、やりたいなと思ったことに今は挑戦してみようと思っています」

高校を卒業して数年、呪縛から解放された二十歳を過ぎた青年は巣立ちの時を目指し、失敗を繰り返しながらも自分自身の手で自分の道を探しはじめている。
https://news.livedoor.com/article/detail/18518590/(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2