収入激減、貧乏芸人
コロナの影響は社会の貧しい人たちを襲っていますが、
お笑い芸人の人たちにも直撃しているようですね。
日頃からアルバイトで生計を立てていた人たちが、
外食産業の自粛で大幅な収入減。
これに加えて本業のライブも出来ない状態なので、
なかには親から仕送りをしてもらっている人もいるようで…
コンビ解散もあるようですが、見切りをつける勇気は必要かも。


ゆる貯め家計 1年で100万円貯められる [ 横山光昭 ]
37独身、年収300万円知っておきたいお金のこと [ 横山光昭 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

新型コロナウイルス感染拡大の影響は、様々な職業に及んでいるが、それは「お笑い芸人」たちの生活も直撃している。ブレイクする日を夢見て、爪に火を灯しながらアルバイトと掛け持ち生活をしている若手芸人も少なくないが、彼らの生活もコロナで一変しているという。

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない [ 松崎 のり子 ]

 テレビでよく見る売れている芸人など一部を除き、多くの芸人はライブを中心として活動している。ライブの出演料は1回500~3000円程度だが、まだブレイク前の芸人たちにとっては貴重な生活の糧であり、活動の拠点でもあった。しかし、3月から徐々にライブが減り始め、4月に緊急事態宣言が出されてからは、ライブを開催すること自体できなくなった。その状況が6月に入った今も続いている。

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

一生楽しく浪費するためのお金の話 [ 劇団雌猫 ]
底辺キャバ嬢、家を買う (光文社文庫) [ 黒野伸一 ]

芸歴8年目の芸人Aさん(20代男性)が語る。

「僕は月に20本くらいライブに出ていました。大体ライブ出演料として月に4万円くらいの収入があったのですが、4月、5月は0円になってしまいました。おそらく6月も同じだと思います。やることがまったくなくなってしまったので、YouTubeを始めたりインスタライブを始めたりしています。僕の周りでも始めている芸人が多いです。あとは、自分の書いた記事を販売できる『note』も始めました。まだ収益は微々たるものですが、何もやらないよりかはマシかと思ってやっています」

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

 ライブができず行き場を失った芸人たちは、どうにかして稼ぐ方法を探し求めている。だが、ずっと続けてきたバイトにもコロナは暗い影を落としている。Aさんが続ける。

令和版 離婚ハンドブック [ 比留田薫 ]
派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫) [ 青木 祐子 ]

「僕は芸人活動以外に居酒屋でバイトをしていたのですが、その店も休業になってしまい、そのまま閉店してしまいました。休業中にいくらか補償はもらったのですが、完全に収入源を絶たれてしまいました。今は貯金で何とかやりくりしていますが、今回ばかりは両親に助けを求めようかと考えています……」(Aさん)

生活の面でも出費を抑える工夫を始めたという。

「今までは外食とかコンビニの弁当で食事を済ませていたのですが、これを機に自炊を始めました。といっても今までまったく料理をやってこなかったので、もやしをコショウで炒めるだけとか、特売で買った卵を使った簡単な料理とかに挑戦しています。スーパーの食材コーナーに行くようになって初めて知ったのですが、納豆や豆腐ってこんなにも安く売っているんですね。あと、今まではライブやバイト先で毎日誰かしらとは話をしていたのですが、最近では1週間誰とも話してないなってことがよくあります。一人暮らしの寂しさに気づきました」(Aさん)

 6月になってごくわずかであるがライブが開催され始めている。しかし、その場合もソーシャルディスタンスを守るために様々な措置がとられている。例えば200人のキャパの会場で20席しか作らず、開演中もずっとドアは開けっぱなしにして換気を十分にし、舞台と客席の間には飛沫感染防止のため透明のビニールシートをかける、などだ。

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

芸歴15年目のものまね芸人Bさん(30代男性)が語る。

「僕の活動の拠点はショーパブと営業などのイベントだったのですが、3月終わり頃から全部キャンセルになってしまい、収入は20分の1くらいに激減です。5月はラジオとテレビで1本ずつ仕事があったのですが、どちらもリモート出演でした。もちろん仕事があるだけでもありがたいのですが、やっぱり生の人と触れ合いながらの方が楽しいですしやりがいもありますね」

 現在の仕事が減っていることだけでなく、これから先の仕事の見通しも暗いという。

「最近は、芸人仲間とZoom飲みをよくやっているのですが、そこで出た話題は、『今年の学園祭は期待しない方がいいね』というものでした。毎年10月、11月の学園祭シーズンは芸人にとって稼ぎ時なので、これはかなり痛いです」(Bさん)

 芸人は学園祭だけでなく、年末年始には企業の忘年会や新年会にも呼ばれることがあり、それも貴重な収入源となっている。しかし、コロナの影響で業績が悪化している企業も多く、「たとえその時期にコロナが落ち着いていたとしても、今年は期待できないでしょうね」(Bさん)とため息を漏らす。

 こうした状況下で、解散するコンビも出始めている。元々、解散を考え始めていた時にコロナ禍で仕事がまったくなくなり、そのまま解散を決意するというパターンが今のところ多いようだ。活躍の場を失った芸人たちの苦境は、まだ終わらない。
https://bit.ly/2NfyaPq(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2