普通の暮らし、年収1600万円
2人の子を持つ年収1600万円の既婚者が、
その暮らしぶりをネットで公表しました。
関東郊外に5000万円の一軒家を持ち、子どもは私立の学校、
本人は「普通の生活」と言っていますが、
怒りとも嘆きともとれる声が多数寄せられています。
年収1200万円の独身者と1600万円の既婚者の″普通の暮らし″に、
「外車2台所有なんて普通じゃない」など反響続々です。
金持ちの悪意のないマウントって、すっごく不快ですよね。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない [ 松崎 のり子 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

はてな匿名ダイアリーに5月末、「年収1000万のリアルを教えよう」というエントリが注目を集めた。投稿者は36歳の男性で独身、都内在住で通信大手のエンジニア、年収1200万ほどとのこと。

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

一生楽しく浪費するためのお金の話 [ 劇団雌猫 ]
底辺キャバ嬢、家を買う (光文社文庫) [ 黒野伸一 ]

「年収1000万円」に対する学生の誤ったイメージを払拭するべく「実際にどれくらいの生活レベルか教えよう」と、生活費のあれこれを明かした。

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

令和版 離婚ハンドブック [ 比留田薫 ]
派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫) [ 青木 祐子 ]

例えば、普段の食事は吉野家やコンビニ飯、ファッションはユニクロで、1DKでさほど広くもない普通の部屋のアパートの家賃は15万円だという。さらに、
「ワイワイ飲む時は一人あたり1万円くらい。たまに焼き肉などで一人あたり1.5万円を超えると、今日はちょっと贅沢したなうまかったなって感想」
「成城石井以外では、値段はほとんど気にせず買う。でも150円のビールと250円のビールを悩まず買うくらいで、豪勢な生活と呼ぶには程遠い」
などと綴っている。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

「俺なんて1万円の飯食うなんて人生で一度も無いぞ」という人も

結論としては「年収1000万に夢を見るな。待っているのは普通の生活」とまとめた投稿者。ブックマークは1000近く付き、"マウント"と捉える人や、自分の境遇と比べてダメージを受けている人が多かった。
「一億総中流は遠くなりにけり。この増田(投稿者)の生活を、すっかり贅沢だと思えるようになっちまったよ」
「いやいやいや俺なんて1万円の飯食うなんて人生で一度も無いぞ。麻痺してるな。大金持ちだよ」
という声のほか、食材やビールの値段を気にせず買えるのは、贅沢ではないとしても「一番身近な『QOL(クオリティーオブライフ)が上がる』ってことだと思うんだよな…」などとこぼす人もちらほら。

みんなのお金の使い方、貯め方 [ 主婦の友社 ]
月給13万円でも1000万円貯まる節約生活 [ 小松美和 ]

国税庁の調査(2018年)によれば、年収が「1000万円超1500万円以下」のサラリーマン男性は、わずか5.6%。全体の平均給与は441万円で、非正規雇用の平均は179万円だ。低収入にあえぐ人も多い中、いくら「夢見るほどのもんじゃない」と言われたところで、むしろ「その普通に憧れる!」という人のほうが多いのではないだろうか。

一方、コメントには「これ独身だからちょっといい暮らし出来てるけど、子供できたら全てが変わる」という指摘も多かった。

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

輸入車2台、子ども2人私立に通わせる暮らしは「普通」?

では、子持ち既婚者の場合はどうだろう。この投稿に触発されたのか、翌日に別の44歳の既婚男性が「年収1600万円のリアル」という投稿をしている。関東郊外に5000万円の一軒家を持ち、子どもは2人、住宅ローンの返済は月13万円、朝晩は妻の作った食事を家で食べるという。

1人で食事するときは吉野家が多く、平日のランチは700円以上では高いと感じる。飲み代は自腹なら5000円まで、などと綴ったが、
「(車は)2台保有。両方とも輸入車。一台は生活の足。もう一台は趣味。ローンで買った」
「私立の学費や塾などで、一人年間100万円ぐらいかかっている。子供の教育に有用だと思ったものは躊躇なく買い与える」
とのこと。結論として「年収1600万に夢を見るな。待っているのは普通の生活」と、前述の投稿の形式を踏んで締めくった。

こちらもブックマークが800ほどつく注目ぶりで、
「アホか。外車2台所有して子供みんな私立に行かせられる暮らしのどこが普通じゃ。豪遊は無理なだけで『普通にいい暮らし』じゃねーか」
「『子供の教育に有用だと思ったものは躊躇なく買い与え』られんのが金持ちなんだよ、どうしてこういう人たちはそれが『金持ちだから出来ること』だとわからないんだ…」
など怒りとも嘆きともつかないコメントが多数上がった。確かにこの生活は、年収1600万円だからこそ実現可能なものだろう。中には、税金の多さで手取りが激減することに共感する人もいたが、彼らにはまったく悪気がないだけに、余計に隔たりを感じてしまう。
https://news.livedoor.com/article/detail/18356943/(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2