助けて下さい、紙に書いてホームレス
コロナ不況が現実のものになってきていますね。
この不景気は、過去に例のないスピードだと思います。
大きな被害を受けているのが、ギリギリの暮らしをしている貧乏人で、
元から脆弱だった生活基盤が一気に崩壊していきます。
ホームレスになった41歳の男性。
給料から雇用保険料が天引きされていれば、
たとえ会社側が未加入であろうと失業保険は適用されるのですが…
色々と不運が重なっているようですが、他人事ではありません。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない [ 松崎 のり子 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

◆元ネカフェ難民:激務、失業、新型コロナ。ネカフェ代すらなくなった

「普通の会社員より感染しにくいと思います。だってずっと屋外にいますから」

 4月初旬、緊急事態宣言が出る直前の新宿駅前で「助けて下さい」と書かれた紙を持ち、路上に立つ男性の姿があった。小川康英さん(41歳・仮名)は、すでに半年以上、失業状態にあるという。

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

一生楽しく浪費するためのお金の話 [ 劇団雌猫 ]
底辺キャバ嬢、家を買う (光文社文庫) [ 黒野伸一 ]

「前職は訪問介護の会社で正社員でした。毎日14時間ほど拘束される激務でしたね。12年間勤めていましたが昨年8月に倒産してしまって。驚いたのは毎月雇用保険料が天引きされていたはずなのに実際には加入されていなくて、倒産しても失業保険がおりなかったことです。社員寮も2週間以内に退去となり、収入だけでなく部屋まで一緒に失いました」

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

令和版 離婚ハンドブック [ 比留田薫 ]
派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫) [ 青木 祐子 ]

 実家は貧しく幼い頃から父親に虐待を受け、地方に暮らす親兄弟とは母親が亡くなったのを最後に連絡はとっていないという。

「路上生活にまでなったのには、少しでも経験を評価してもらって条件のいい仕事に就こうと、職探しを焦らなかった影響もあると思います」

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

 数か月間、ネットカフェを拠点にしながら職を探したが、貯金がゼロに。1月半ばからは新宿中央公園やバスタ新宿のタクシー乗り場を寝床に路上生活をしていたという。

「役所に生活保護のことを相談しに行ったら水際作戦であしらわれ、炊き出しがどこでやっているのかも教えてもらえませんでした」

みんなのお金の使い方、貯め方 [ 主婦の友社 ]
月給13万円でも1000万円貯まる節約生活 [ 小松美和 ]

◆緊急事態宣言で日払いの皿洗いもなくなる

 貴重品入れ、歯磨きセットやコンタクトなど生活用品、楽な服の上下1セット、下着、ユニクロのダウンジャケット、それにコンビニの割り箸やスプーン。それらを詰め込んだ手提げかばん2つが所持品のすべてだ。キャッシュカードの入ったリュックは、路上生活になって日が浅い頃、公園で寝ている間に盗まれてしまった。

「ただ、外出自粛が本格的になるまでは個人経営の居酒屋に頼み込んで忙しい時間帯に皿洗いをさせてもらっていたんです。その日働いた分を現金でもらい、まかないも出てありがたかったですね」

 しかし、都内で新型コロナウイルスの感染が拡大し緊急事態宣言が出されたことで繁華街の賑わいも消沈。頼りにしていた飲食店での日銭稼ぎもできなくなった。

「皿洗いばかりでは先のことも見えないので寮や住み込みで働ける求人に当たっていますが、コロナの影響でどこも『これからどうなるかわからなくて採用どころではない』と門前払い。以前は話くらいは聞いてもらえましたが……」

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

◆新型コロナ感染よりも風邪やインフルが怖いですね

 今では一日1回食事ができればいいほうだという。空腹に加え、人の多いターミナル駅周辺で過ごすことで否応なく感染リスクにさらされるように思えるが、何らかの感染対策はしているのか?

「2時間おきに必ず手洗い、うがいをします。今はこの身一つが資本なので、コロナよりもむしろインフルエンザや普通の風邪のほうが怖いですし。コロナの最新情報は図書館の新聞でチェックしています。ただ、図書館も休館になったときはそれもできなくなりました」

 しかし、諦めずに求職活動をしていたところ、なんとか働けそうな口が見つかったという。

「こんな時節だからか、看護助手職でいい返事をいただけた病院があります。ただ、身分証明のために運転免許証が必要なのですが、有効期限が切れていて。1か月以内なら猶予期間内で更新も間に合うんですけど、食べられるかどうかの毎日で、とてもそのお金を用意できずにいます」

「助けて下さい」と書いた紙を持って駅前に出たのは、その免許証更新代を工面するためだった。

「ここ最近は『これでダメならもう死のうか』と思ったりします。そういうことを考える時間だけはいくらでもありますから」
https://bit.ly/2UsF87H(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2