縁切り、兄家族の逆鱗
兄弟間の確執はよくあります。
殆どが何らかの形で金銭が絡んでいますね。
感情の行き違いもありますが、やはり問題はお金です。
兄弟間だと言葉足らずの場合もあったりして、
一度でも拗れた関係は修復は無理なのかもしれません。
大事なのは自分たちの生活です。
お金の無心をしてくる肉親は、縁切りしかないですよね。
一度でも助ければ二度三度、キリがありません。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
「3足1000円」の靴下を買う人は一生お金が貯まらない [ 松崎 のり子 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

きょうだい間のトラブルは、根が深い。親が差をつけて接してきたために不仲となる例もあれば、大人になってから配偶者や相続が原因で揉める例もある。

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

一生楽しく浪費するためのお金の話 [ 劇団雌猫 ]
底辺キャバ嬢、家を買う (光文社文庫) [ 黒野伸一 ]

関係を断ち切った当事者に、決断までの苦悩と、いまの思いを聞いた。レイコさん(仮名)が縁切りを決めた訳は。



◆自他ともに認める、両親の“掌中の珠”

きょうだいとの絶縁を決めた人たちには、必ず引き金となる決定的な出来事がある。しかし絶縁された側は、その理由を理解できていないことが多い。

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

令和版 離婚ハンドブック [ 比留田薫 ]
派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫) [ 青木 祐子 ]

レイコさん(75歳)は、親の愛情格差を根に持った兄から絶縁された。不動産業を営むレイコさんは、兄2人、姉1人の4人きょうだいの末っ子。自他ともに認める、両親の“掌中の珠”だったという。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

「私は親に溺愛されて育ちました。上の3人は欲しいものがあっても我慢する生活だったのに、私は何でも買ってもらえた。正直、親の愛情を重荷に感じることすらあったくらいです」と、幼少期を振り返る。

みんなのお金の使い方、貯め方 [ 主婦の友社 ]
月給13万円でも1000万円貯まる節約生活 [ 小松美和 ]

「実家は北海道ですが、きょうだいのうち長兄以外は、東京に家庭を持ちました。ある時、次兄が48歳で白血病を発症。両親は治療費の援助のために実家を売却することにしたものの、田舎なので売れても二束三文にしかなりません。そこで私は勤務先の不動産会社に実家を600万円で買い取ってもらい、それを私がローンで購入するという策を講じたのです。私が家主になれば、両親もそのまま実家で暮らせますから」

残念ながら次兄は、その600万円を役立てる前に亡くなった。そして数年後、実家は土地開発のため、市に1000万円で買い取られることが決まる。ところが、これが長兄との確執の引き金になってしまったのだ。

「私はそのお金でローンを返済。残金は両親ときょうだいに分けてあげました。でも長兄から『額が少ない』と猛烈に抗議されたんです。もともと私ばかり親に贔屓されるのを不快に思っていたところに、長兄を差し置いて家のことに手を出したのが気に障ったのでしょう。長年のうっぷんが爆発したかのような怒り方でした」

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

◆「お金貸しなさいよ、儲かってるくせに!」

父親が亡くなると、レイコさんは母親を東京に呼び寄せて5年間一緒に暮らし、見送った。けれど長兄との関係は修復できず、母の遺骨を父と同じ墓に埋葬することはおろか、墓参りをすることすら許してもらえなかったという。

「家族のために良かれと思ってやっても、なぜか兄の機嫌を損ねてしまう。それでも盆暮れにはお米を送り、長兄の息子が就職で上京すると聞けば世話をしたりと、私なりに精一杯心を砕いてきました。すると2年前に、長兄の妻から電話がかかってきたんです。お礼でも言われるのかなと思っていたら、『お金貸しなさいよ、儲かってるくせに! 親の遺産もあるんでしょ?』と強い口調で責められて。結局、言われるままに200万円を送金しました」

半年後に再び義姉から無心されたが、今度は断った。理由は、自身の息子から、「たとえ身内でも『2度目はない』ときちんと断らないと、相手のためにならないよ」と諭されたからだ。

「それ以降、お中元やお歳暮を送っても、送り返されてくるようになってしまいました。姉からは『もうお兄さんにかまうのはやめなさい。まあ、あなたは生まれた時から恵まれた星の下にいるからね』と言われます。幸い私には経済的な余裕がありますし、親に愛情深く育てられたせいで困った人を放っておくことができない。だから兄とも、どうにかして仲直りしたいんです」

今は2度目の無心を断ったことを後悔しているというレイコさん。次に義姉から連絡があったら、すぐにお金を渡そうと心に決めている。

血を分けたきょうだいだからといって、必ずしも良好な関係を築けるとは限らない。今回話を聞いた人たちのように、「関係を断つ」という選択肢があってもいいのだ。断たれる側はつらいだろうが、最優先すべきは、自身の平穏な人生なのだから。
https://bit.ly/2MkGgWg(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2