損する節約
実は損しているという「節約」の落とし穴を、経済評論家が解説しています。
「電子マネー派はトク、現金派は時代遅れ」とは一概に言えない、
「低金利だから預金よりも投資」という考えは見直してもいいなど、
情報に惑わされず、より堅実な節約が良いようですね。
オイシイ話はありません。
大不況がやってくるので借金せずに現金を持ちましょう。


派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫) [ 青木 祐子 ]
令和版 離婚ハンドブック [ 比留田薫 ]   お金本 [ 左右社編集部 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

コロナショックの影響で日本経済は大不況に陥る可能性が出てきた。経済ジャーナリストの荻原博子さんは「庶民がすべきことは借金をせず、節約して現金をキープすること」と説く。

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

みんなのお金の使い方、貯め方 [ 主婦の友社 ]
月給13万円でも1000万円貯まる節約生活 [ 小松美和 ]

しかし、“節約”にも「トクだと思わされて、実はソンしている」という落とし穴が隠れているのだそう。オイシイ話のウソを見破る目を身につけよう!



「電子マネー派はトク、現金派は時代遅れ」の落とし穴

 6月30日までキャッシュレス消費者還元事業が実施されているのは周知のとおり。ピッとやるたびに2%から5%が値引きされていくのだからおトクに決まっているのだが、意外な落とし穴がある。

四十歳、未婚出産 [ 垣谷美雨 ]   日本のヤバい女の子 [ はらだ有彩 ]

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

〇〇ペイと呼ばれる電子マネーの決済額は少額で、しかも頻繁に使われる。オートチャージ機能がセットでつけられているのが一般的だから、お金を使ったという実感がないままに決済を繰り返し、いつの間にか高額の出費になってしまうのだ。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

「外国にキャッシュレスが多いのは、現金を持っていると危険だから。治安のいい日本でキャッシュレス化は必要ないと思いますよ。お金の管理が苦手で、毎日いくら電子マネーを使ったのかを把握できない人は、現金払いがオススメ。電子マネーを持つなら、自分がよく買い物をする店で使え、前もって券売機やコンビニATMでチャージしてから使うセルフチャージできるカードにすること」(荻原さん、以下同)

震災風俗嬢 (集英社文庫(日本)) [ 小野 一光 ]
キミのお金はどこに消えるのか 令和サバイバル編 [ 井上 純一 ]

「カードや電子マネーでポイント稼ぎ」の落とし穴

 カードで使う金額は、ポイント稼ぎの思いもあって、現金払いのときよりも2割くらい多くなると言われている。仮に毎月の食費が4万円くらいの場合、カード払いで2割増えれば、8000円くらい多く使ってしまうことになる。夕飯の買い物で、予算を1日に2000円と決めたら、千円札2枚を財布に入れて出かける。そうすれば必要なものを吟味し、余分なものは買わなくなる。

「生活費はまとめて引き出す」の落とし穴

 食費などの生活費の月6万円を、どうやって引き出していますか。給料日直後に6万円を引き出すと、気が大きくなりプチ贅沢してしまいがち。曜日や時間を考えずに引き出すと、手数料1回220円で5回下ろせば1100円とバカにならない。

「例えば給料日が25日なら、5のつく日に2万円ずつ平日の日中に引き出す。6万円で1か月生活するよりも、2万円で10日間生活するほうが、計画的に使えるはずです」

「半額セールだからまとめ買いしておく」の落とし穴

 半額セールで気をつけたいのが、消費期限が迫っている肉や魚が結構あること。たくさん買い込んで、食べきれないということも。そもそもスーパーが値引きする時間は、空腹になる時間と重なっていて、ブレーキがきかなくなってしまうのだ。

「飴を口に放り込むと空腹感がおさまり半額セールでも理性的に買い物ができますよ」

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

「ガソリン代が安いから遠くのスタンドへ」の落とし穴

 車を運転する人なら、こんな算数をしてみましょう。

 近くに1L130円のガソリンスタンドがあるけれど、片道5キロの安いスタンドまで1Lで10キロ走る車で行くとします。これはおトク? 実は、そのスタンドでガソリンを入れた場合、130円以上おトクでないと給油に行く意味はないことに。

「大切なのは、安いガソリンスタンドに行って、トクするか、トントンか、ソンかを考える力を持つこと」

「妻の小遣いは生活費の中から」の落とし穴

 妻の小遣いもちゃんと予算に組み込まれているでしょうか。妻の小遣いは生活費の中からというのは、案外使いすぎてしまうことがある。美容院代、化粧品代、ママ友とのランチ代などが生活費の支出に紛れ込んでしまうからだ。妻の小遣いも、生活用の財布と分けること。

「おトクなふるさと納税にも税金」の落とし穴

 300万人以上が利用している『ふるさと納税』。産地直送のおいしい肉や果物などがもらえるのが魅力だけれど、気をつけなければいけないこともある。

 寄付に応じて支払う税金が安くなる制度なのだが、1度にまとまったお金を出して、あとから回収していくシステムなので、例えば、5万円の寄付をすると、住民税で戻ってくるのは、寄付金控除の2000円を引いた4万8000円。これが毎月4000円ずつ、1年かけて給料から住民税が引かれることになり、すぐに全額返してもらえるわけではないのだ。
https://news.livedoor.com/article/detail/18102558/(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2