ホームレスだった男、42歳
現在は日雇いをしながら小説を書いている42歳男性。
一時的ですがホームレスだった時があったようです。
無一文になる前に何とかしないと、
お金が無くなってから動いては遅すぎますよね。
社会生活から脱落すれば、復帰するのに困難が伴います。
今回の男性は長期のホームレスではなかったにしろ、
ホームレス生活の惨めさは、なった人にしか分からないかも。


派遣社員あすみの家計簿 (小学館文庫) [ 青木 祐子 ]
令和版 離婚ハンドブック [ 比留田薫 ]   お金本 [ 左右社編集部 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 現在42歳、僕はまったくお金にならない小説を書きながら、日雇い派遣の仕事などで食いつないでいる。しかし以前、仕事をせずに小説だけを書き続けていた時期がある。その頃、ほんの一時ではあるが、ホームレスになっていたことがあった。

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

みんなのお金の使い方、貯め方 [ 主婦の友社 ]
月給13万円でも1000万円貯まる節約生活 [ 小松美和 ]

 ネットカフェを転々とする生活を送っていたのだが、ネットカフェに泊まるお金さえも尽きようとしていた。収入になることをまったくしていなかったのだから、当然といえばあまりにも当然のことだった。



◆お金が底を尽きそうになり、日雇い派遣に登録

 早急にお金を稼がなくてはならなかった。その手段は日雇い派遣しか思いつかなかった。インターネットで適当に派遣会社を選んで応募する。その後、スタッフ登録のために登録センターまで出向いた。

四十歳、未婚出産 [ 垣谷美雨 ]   日本のヤバい女の子 [ はらだ有彩 ]

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

「工場や倉庫での軽作業や飲食系の仕事などを紹介できますが、どんな仕事をやりたいですか?」

 どんな仕事もやりたくないです。毎日ただ小説だけを書いていたいです。そんな本音を押し殺して僕はこう答える。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

「飲食系の仕事をやりたいです。昔、居酒屋でバイトしていたこともありますし、料理を作るのが好きなので」

「飲食系でしたらすぐに紹介できる仕事があります。来週から二週間開催されるフードイベントがあるのですが、いかがですか」

震災風俗嬢 (集英社文庫(日本)) [ 小野 一光 ]
キミのお金はどこに消えるのか 令和サバイバル編 [ 井上 純一 ]

 スタッフのすすめるそのイベントで初日から働くことにした。

◆ひたすらご飯を炊く仕事

 会場は東京湾に近い広場である。ハンバーグやかき氷、タピオカなどのさまざまなブースが出されており、派遣先の会社はそのうちの数店舗を運営していた。僕が配属されたのはご飯のブースだった。

◆イベントで余ったご飯のおかずをゲット

 みんなでブースの後片付けをしながら、僕は残ったご飯をどんぶりによそっていく。それを何杯もトレイに乗せて他のブースを回っていった。

「ご飯余ってしまったんですけど、どうですか?」

 多くは「いえ、大丈夫です」と返されるのだが、中には「ありがとうございます!」と喜んで受け取ってくれるところもあった。ひととおり回ってから自分のブースに戻り、後片付けを再開した。しばらくして、そこにひとりの女の子がやって来た。

「さっきはご飯ありがとうございました。よろしければ、これをどうぞ」

 そう言って彼女が差し出してきたのは紙皿に盛られた数個のハンバーグである。計算どおりだった。「海老で鯛を釣る」とは正にこのこと。イベント期間中はいつもこのやり方で美味しい食事にありつくことができた。

 後片付けも終わり、スタッフたちと駅まで歩いた。彼らとは一回り以上も年が離れていた。が、上下関係のない職場でいっしょに働いたことでそんなことはまったく気にならないほど仲良くなっていた。駅の近くまで来たところで僕はふいに足を止めて言った。

「あ、やばい。忘れ物した」
「待ってようか?」
「いや、いいよ。先に帰ってて」
「わかった。じゃ、また明日」

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

◆僕には帰る場所がない…野宿スポットを探す

 そして僕が向かった先はイベント会場ではなくコンビニである。忘れ物をしたというのは嘘だった。僕にはもうネットカフェに泊まるお金も残っていなかった。駅から電車に乗ったところでどこにも帰る場所なんてなかったのである。とりあえず、派遣先の担当者にサインをもらったタイムシートをコンビニのファックスで派遣会社に送る。日雇いとはいえ、即日給料がもらえるわけではなく、タイムシートをおくってから3営業日後に給料が振り込まれることになっていた。

 次に銭湯に向かった。真夏日だったのでその日一日の汗を流したかったし、ホームレスであることがバレないように身なりだけはきれいにしておきたかった。入浴料金の470円くらいはまだなんとか残っていた。のぼせそうになるほどゆっくりと湯船に浸かり、ひげも剃ってから銭湯を出た。

 それから野宿できそうなスポットを探した。東京の美しい夜景の一端を形成する高層ビル群を遠くに眺めながら、人通りの少ないうら寂しい道を歩いた。東京湾に面した広場に植木の植えられた段々畑のような石段があり、そこで寝ることができそうだった。

 いちばん下の石段の陰でバスタオルを体にかけ、リュックを枕にして横になる。蚊のプーンと不快な音が耳元に近づいてくる。刺されないように体を小さく丸めてバスタオルで全身をスッポリと覆った。やがて蚊の音は遠ざかり、ぴちゃぴちゃと水の音だけが聞こえるようになる。

 息苦しくなってバスタオルから顔だけ出した。目の前に設置された白いフェンスの向こう側に東京湾が広がっている。その真っ暗な水面に遠くの湾岸から放たれる光が微かに映し込まれてちらちらと揺らいでいた。
https://news.livedoor.com/article/detail/18022513/(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2