貧乏の娯楽、金持ちの娯楽
貧乏人の楽しみ・娯楽の筆頭と言えばギャンブルかな。
あとはゴシップ好きで炎上大好きとか。
お金持ちは楽しみや娯楽に対する考え方も違うようです。
お金や他者に対する姿勢が違うのですから、
貧乏と金持ちの娯楽の質は対極にあるかもしれませんね。
その場にとどまってウサ晴らしに躍起になっている人と、
前を向いて進んでいる人とでは雲泥の差があるかもです。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
四十歳、未婚出産 [ 垣谷美雨 ]   日本のヤバい女の子 [ はらだ有彩 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

お金持ち体質と貧乏体質の人にとっての「娯楽」はまったく異なります。

ここで言うお金持ち体質とは、収入や資産ベースで「具体的にこの金額以上の資産を持っている人」というものではなく、「新たなキャッシュフローや資産のストックと結びつく要素を持っている人」を指しています。

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

震災風俗嬢 (集英社文庫(日本)) [ 小野 一光 ]
キミのお金はどこに消えるのか 令和サバイバル編 [ 井上 純一 ]

職業柄、お金持ちの方々とビジネスをさせていただく機会を多くいただくので、個人的体験も踏まえてご紹介します。



投資する人とギャンブルする人

言い尽くされていることですが、お金持ち体質の人は投資をし、そうでない人はギャンブルをします。ギャンブルと言えば「宝くじ」や「競輪競馬」「パチンコ」などを連想しますが、最近ではそうではないケースも有るように感じます。

お金さま、いらっしゃい! [ 高田 かや ]   ストップthe熟年離婚 [ 清水一郎 ]

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

「年金問題」などが話題に上がり、人口減少や少子高齢化が懸念されていることで「投資をしましょう!」という呼び掛けがなされるようになりました。それまで資産運用に関心がなかった人も、「傍観者からプレーヤーへ」転身する姿が見られますが、資産運用という投資をするべきステージでも、うまくいかない人は「ギャンブル」をしているのです。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

多くの人に買われている人気銘柄を、すでに価格が高騰しているにも関わらず一度に大量に買い、「上がってくれ! 頼む!」とお祈りをしているような状況です。

馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください [ 藤森かよこ ]   生活保護の受け方がわかる本(第3版) [ 神田 将 ]

投資とは本来、期待値や大数の法則といった統計を考慮したゲームですから、そこを理解せずに割高の銘柄を買った後に「上がってくれ!」と祈るのは、宝くじを買ってお祈りをするのとあまり変わりません。投資のプレーヤーとして参加したのに、結果的にギャンブラーになっているわけです。

「運試しそのものを楽しんでいる」というなら問題はないのですが、「資産を増やしたい」という思いで挑戦するなら、ギャンブラーではなく投資家になるべきではないでしょうか。

うまくいかない人の運試し・他力本願の姿勢は、自己投資ができないなど、あらゆる場面で出てしまいます。

実務家と評論家

うまくいく人は実務家で、そうでない人は評論家です。

飲み屋へ行くと、よく「自分がうまくいかないのは会社が悪い。政府が悪い」と人のせいにする人の「愚痴」が聞こえてくることがあります。しかし、この姿勢は子供が親に駄々をこねているのと変わらない稚拙な態度だといつも感じてしまいます。

文句を言っている人は、社会のシステムに成人になるまで健康に育てられ、会社から給与をもらって生活ができています。そうした恩を忘れ、文句をつけやすいことばかりを言っているのです。

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

確かにこの国は問題を抱えている部分があるのは間違いありません。どの会社も課題を抱えているでしょう。しかし、世の中問題を抱えていない国や会社はありませんから、「不満のない世界」などユートピアであり、そうした人は不満を言いながら世の中に存在しない理想郷を夢見ながら時間を過ごすことになるでしょう。

うまくいく人は愚痴を言う暇があれば行動をします。国や会社の改善を待つより、自分が行動をするほうが圧倒的に早く、自分が行動するほうが一日も早くリターンを得ることができるからです。愚痴ばかりいうことがエンタメになっている批評家ではなく、行動をする実務家を目指す方が豊かになれるのです。

興味の対象が自分か、他人か

他人に批判やお説教をして炎上の渦に加わる人は、「ゴシップ」をエンタメとして楽しんでいるように思えます。いい憂さ晴らしになっているのは良いのですが、その分自分を高めることにリソースを割くことができませんから、ドンドン前へ進む人とは差がついてしまう一方であると感じてしまうのです。

このように、うまくいく人とそうでない人の「娯楽・エンタメ」は対極の位置にあるように思えます。
https://bit.ly/37qgQie(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました