転勤族家庭で、ハズレクジ
フランス語で根無し草のことを「デラシネ」と言うそうです。
転勤族家庭に生まれた現在68歳の女性。
国家公務員だった父親は2年に1回の転勤があったとか。
正社員で働いても2年経てば親と一緒に引っ越し、
その度に転職を繰り返すこととなりました。
転勤族の父を持ったことが「ハズレクジ」だったと言っています。
転々としている間に結婚の縁も途切れてしまったようで。


貯金0円からのゆきこの貯まる生活 [ ゆきこ ]
四十歳、未婚出産 [ 垣谷美雨 ]   日本のヤバい女の子 [ はらだ有彩 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

あのとき、あの選択をしなかったら……。今の私は少し違っていたかもしれない。転勤族の家に生まれたことが「ハズレクジ」だったという美佳子さん(仮名・68歳)の、歩んできた道は――

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

震災風俗嬢 (集英社文庫(日本)) [ 小野 一光 ]
キミのお金はどこに消えるのか 令和サバイバル編 [ 井上 純一 ]

小学校は4回、中学校は3回転校

私の人生における「ハズレクジ」の一つは転勤族の家に生まれたことである。父は国家公務員で、40年以上、コツコツと真面目に職務をまっとうし、私たち家族を養い続けてきた。その点では私も大いに感謝している。

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ

しかし全国各地を平均2年のペースで転々としていたことが、仕事にも結婚にも響いている、とつい思ってしまう。責任の半分以上は私自身の意志の弱さ、計画性のなさに起因しているとわかってはいるものの……。

お金さま、いらっしゃい! [ 高田 かや ]   ストップthe熟年離婚 [ 清水一郎 ]

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

父が30年前に定年を迎えるまで、私は父の転勤に伴い20ヵ所以上、各地を渡り歩いた。職場の同僚たちは「いろんなところを見てまわれて羨ましい」と口々に言う。しかし楽しい面以上に、やっと慣れてきた学校や会社をかわるのはそれだけで重い負担であり、淋しさや次の土地への不安が絶えずつきまとった。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

小学校は4回、中学校は3回転校、高校も本当なら1年ずつ転校するはずだったが、祖母と一緒に伯父の家に世話になり、転校せずに済んだ。短大は親元から通えたが、卒業後にせっかく入社した自動車会社も1年あまりで退社。次に福島で勤めた住宅会社は1年で退社し、栃木で自動車会社に2年弱勤めて2回ボーナスをいただくと、今度は長野に飛んだ。

馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください [ 藤森かよこ ]   生活保護の受け方がわかる本(第3版) [ 神田 将 ]

栃木までは年齢的に若かったこともあり運良く正社員として働くことができたが、長野以降は、すべてパートの身分だった。

この頃から私の心の中は、「どうせ正社員になって頑張っても、またそのうち退社しなければならない」と、意欲喪失、諦めの心境へと変わっていった。

最初に勤めた会社では結婚まで考えた人もいたが、私自身の迷いや両親の反対もあって結局は実らず、その後、転々としている間に結婚の縁も途切れてしまった。もしせめて1ヵ所に5~6年も住んでいれば、社内で相手もみつかったのかもしれない。

自分の身仕舞ができるくらいのお金は働いて稼がねば

父が定年になった時、私は30代半ばをとうに過ぎていた。父が終の棲家として建売住宅を求め、私は根なし草のようなデラシネ暮らしから解放された気分となった。

片付けも何とか済ませ、周囲の状況もわかり始めた半年後、今度は私自身の求職活動に奔走した。もう結婚の夢は破れ、自分の身仕舞ができるくらいのお金は働いて稼がねばと強く感じていた。

ハローワークに通って求人票を見ていると、パートだが一般事務で交通至便、しかも私の好きな保険会社があり、絶対に入社したいと願った。年齢は応募条件を1歳超えていたが、面接にこぎつけ、採用となった。

以来22年あまりその企業にお世話になり、無事60歳で定年を迎えた。しかし20年働けど一銭の退職金ももらえず、規定なので致し方ないと考えてはいるが情けない思いは募る。

受給する年金はまさに小遣いギリギリ。親と同居しているので何とか食べていけるが、その分老いた両親の介護にあけくれ、心休まる時がない。これも半分は身から出たサビ、デラシネ生活のツケが回ってきたと諦めている。
https://bit.ly/2H40MrS(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました