手取り15万円、47歳の闇
親に人生を狂わされた47歳男性の深い闇です。
高校卒業後、親の会社の資金繰りが悪化。
給料を殆ど親に渡していましたが、それでも足りず、
消費者金融の負債が400万円。男性は自己破産します。
30歳を過ぎてからは、非正規雇用の仕事を転々とし、
努力しスキルを上げて働いても雇い止めの繰り返し。
どうしても手取り15万円の壁が超えられません。
かなりメンタルも病んでいるようです。


日本の貧困女子 (SB新書) [ 中村 淳彦 ]
得するお金のスゴ技大全 知ってるだけで年間50万円浮く!! [ 丸山晴美 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

自己肯定感なんてゼロ

非正規労働者の「非」も、就職氷河期の「氷」も。これらの字を目にするだけで苦痛だと、ケンタさん(仮名、47歳)は言う。ただただ怒りや悲しみ、虚しさが募るのだと。

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

震災風俗嬢 (集英社文庫(日本)) [ 小野 一光 ]
1年で100万円貯まるすっきりお片づけ生活 [ 丸山晴美 ]

30歳を過ぎてからは、非正規雇用の仕事を転々としてきた。「努力も、自己研鑽もしました。でも、ここなら働き続けられると思ったら、雇い止め――。これの繰り返しです。(手取りで)15万円の壁が超えられない。自己肯定感なんてゼロです。自己責任というなら、お願いですから、誰か20万円稼げる方法を教えてくださいよ」。



30歳のとき、大手飲料メーカーの子会社に契約社員として入社。営業を担当し、自家用車でスーパーなどを回った。しかし、1日に何度も重いケースを上げ下ろししなければならず、椎間板ヘルニアを発症。5年足らずで雇い止めにされた。

「貯まる女」になれる本 [ 丸山晴美 ]   職場の女子のトリセツ [ 有川 真由美 ]

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

このときの雇い止めが原因で、ケンタさんはメンタル不調に陥ってしまう。病院で、うつ病と診断された。さらに、別の大手飲料メーカー子会社の契約社員になったが、うつ症状がぶり返し、1年もたなかったという。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

食べていけるだけの給料が欲しかった

その後は大手自動車メーカー系列の販売店で、洗車を担当するパート社員になった。ここでは、まじめな仕事ぶりもあり、正社員との関係も良好だった。顧客から洗車が丁寧だと感謝されると、整備士たちは必ずそれをケンタさんの耳にも入れてくれたという。

老活・終活のウソ、ホント70 [ 川村匡由 ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

問題は給料の低さだった。毎月の手取りは14万円ほど。年末年始やゴールデンウィークなどの大型連休時に店舗が休みになると、手取りは10万円を切ることもあったという。

もともとかかりつけの精神科医からは「まだ仕事をするのは早い」と止められていたところを、将来への不安と焦りから、無理をして就職活動をしたのだった。定年まで働けると期待して応募したのに「いつ捨てられるかわからない」と思うと、再びメンタルが悪化。

これが、ケンタさんの30歳以降の“キャリア”である。ケンタさんが正社員なら、腰痛やうつ病で即失業ということはなかっただろう。また、「3カ月空けての再契約」や「5年で雇い止め」は、会社による脱法行為である。

ところで、ケンタさんは30歳になるまで、何をしていたのだろう。

ケンタさんの父親は、東京都内で小さな会社を経営していた。ケンタさんは高校卒業後、電気設備工事の施工図などを書く仕事に就いており、25万~30万円ほどの月収を得ていた。しかし、そのころ、父親の会社の資金繰りが悪化。両親から頼まれるまま、給料のほとんどを手渡し、さらには消費者金融から借金もした。しかし、結局会社は倒産。ケンタさんに残されたのは、400万円を超える借金だった。

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

「お金の無心をしてくるのは、いつも母でした。私が借金の額を尋ねても『お母さんを信じてくれればいいから』『これで最後。これで何とかなるから』と言うばかりで……」

終わりの見えない借金地獄に、ケンタさんは勤怠が不安定になり、そのたびに転職を繰り返した。結婚するつもりで付き合っていた女性とも、借金が原因で別れたという。不幸な環境だとは思うが、断るべきは断らないと、会社を転職しても、問題は何1つ解決しなかったろう。貧困の連鎖を断ち切る機会は、ケンタさんにもあったのではないか。私の疑問に、ケンタさんはこう答えた。

「親を信じた私がばかでした。正直、親のことは恨んでいます。ただ……。父は私にも、母にも暴力をふるう人でした。母はかわいそうな人でもあったんです。私には母を見捨てることができませんでした」

父親はすでに他界。晩年は絶縁状態だったが、仕事を転々とするケンタさんのことを「甘えている」「努力が足りない」と批判していたという。母親からは、数年前に口論になった際、初めて「私たちがあんたの人生を狂わせてしまった」と言われたという。

ケンタさんは最後は自己破産を選択。ちょうど30歳になる直前のことだった。人生の再スタートが切れると思ったが、その後の“非正規人生”はすでに書いたとおりである。30歳を過ぎてからの再チャレンジを、社会は許してはくれなかったということだ。

食事に気を遣う気力も余裕もない

取材で出会ったケンタさんは大柄な人だった。身長180センチ、体重100キロ。しかし、体重のベストは75キロだという。今度こそ働き続けられると期待しているときは、食生活にも気を遣うので健康的にやせる。しかし、その期待が裏切られるたび、食事に気を遣う気力がなくなり、太ってしまう――。その繰り返しだという。

「最近はパンか、うどんか、パスタか、お米でお腹が膨れればいいという感じです。それがいちばん簡単だし、安いですから。そもそもたいして生きたいとも思ってない人間が、なぜ食事をしないといけないのか。安楽死できないかと、毎日本気で思っています」

ケンタさんは、今はビル清掃の仕事をしている。実は毎月の収入は20万円ほどだという。しかし、契約形態は雇用ではなく、業務委託。最近、増えつつある“名ばかり事業主”である。究極の不安定労働でもあり、いつクビになるかわかったものではない。

「ただただ社会への恨みが募るだけです」
https://bit.ly/37bWryk(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1