30代の、お財布事情
40代の人も50代の人も参考になりそうな、
30代のお財布事情です。
既婚者は未婚者の倍の貯蓄額があるんだとか。
これは、ある程度の収入がないと結婚できないことの表れかもしれません。
でも負債もあります。
30代で二人以上の世帯の負債額は1,329万円にもなります。
人生のうちで最も多くの負債を抱えるのが30代なんだとか。
この点は辛いかも。


日本の貧困女子 (SB新書) [ 中村 淳彦 ]
得するお金のスゴ技大全 知ってるだけで年間50万円浮く!! [ 丸山晴美 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

30代は人生のターニングポイントでもあります。仕事では転職や起業、プライベートでは結婚や出産、親の介護など、様々な変化が起きるのが30代です。

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

震災風俗嬢 (集英社文庫(日本)) [ 小野 一光 ]
1年で100万円貯まるすっきりお片づけ生活 [ 丸山晴美 ]

そんな中、切っても切れない悩みがお金。独身でも既婚者でも、お金の悩みは尽きません。老後のことも考え、今後どのようにお金と付き合っていけばよいのか。貯蓄額や体験談を見ながら考えてみましょう。



平均貯蓄額で見る30代のお財布事情

まずは、単身世帯と2人以上の世帯、それぞれの平均貯蓄額を見ていきましょう。

金融広報中央委員会(知るぽると)の「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査)平成30年調査結果」(各種分類別データ)によると、30代の単身世帯(金融資産を保有していない世帯を含む)の金融資産保有額は317万円です。

「貯まる女」になれる本 [ 丸山晴美 ]   職場の女子のトリセツ [ 有川 真由美 ]

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

ただし中央値は40万円ですから、単身世帯の半数以上は金融資産保有額が40万円以下ということになります。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

※ここでいう「金融資産」とは、家計が保有する金融商品のうち、貴金属や現金、事業のために保有している金融商品、預貯金のうち日常的な出し入れや引落しなど生活費に対応する部分を除いた「運用のため、または将来に備えて保有している部分」となっています。
また、「金融資産を保有していない世帯」とは、預貯金や株式などの金融商品を保有していない世帯と、預貯金のみは保有しているがそのうち「運用または将来の備え」がゼロの世帯を指します。

老活・終活のウソ、ホント70 [ 川村匡由 ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

それでは、2人以上の世帯ではどうでしょうか? 総務省統計局の「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2018年(平成30年)平均結果-(二人以上の世帯)」によると、30代二人以上の世帯の平均貯蓄額は631万円となっています。

数字だけ見ると単身世帯と比較して余裕があるように感じますが、必ずしもそうとは言えません。実は、30代二人以上の世帯の負債額は1,329万円で、最も負債額が大きい年代でもあるのです。子育て中の世帯も多くなり、住宅の購入などでローンを組むこともあるでしょう。結婚して2人以上の収入があれば楽ということにはならないのです。

30代女性が抱えるお金への心配事

単身でも既婚者でもお金に関する不安は尽きません。特に女性は、結婚や出産など、仕事以外にも心配することがたくさんあるでしょう。ここである2人の体験談を紹介します。

独身のAさんは、30歳を過ぎてマンションを購入したそうです。自分の資産ができ、気持ちの面ではメリットが大きかったようですが、デメリットもありました。その中の1つがお金です。

固定資産税やローンなど、トータルで払う金額はアパート時代と変わらないのに、持ち家ということで言葉にできないプレッシャーを感じていたといいます。また、家族から頼られて祖母と同居することになり、その費用を負担した時期もあったそうです。
自分の資産ができたのに、お金の面では思いもよらない負担が増えることもあるのですね。

夫婦共働きのBさんは、起業してバリバリ働いていて、収入は夫よりも上です。しかし、普段の家事・育児はBさんが主に行っています。現在の仕事に将来性があるとも限らず、もし収入が減った時を思うと不安でたまらないそうです。それ以外にも、夫が仕事をやめたら、自分に何かがあって働けなくなったらと考えだすと、不安は尽きないといいます。

このように女性は、独身でも、結婚していても、将来に関して様々な心配事を抱えているのですね。

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

30代の今こそ老後の資産形成を始める時

何かとお金がかかり、不安も大きい30代。結婚や子育てで余裕がないと感じる方も多いかもしれませんが、実は30代は資産形成を始めるのにおすすめの時期なのです。

20代はまだまだビジネスパーソンとしての経験が浅く、自身のスキルアップのためにお金を使いたい時期です。しかし、資産形成には時間がかかるので、なるべく早く始めたい。ですから、時間を味方につけるという意味でも、30代は資産形成を始めるベストタイミングといえます。

資産形成は難しいと考える方も多いかもしれません。そんな方におすすめなのが、投資信託です。プロの投資家が運用してくれるので、忙しい中でも無理なく始めることができるでしょう。また、NISAやiDeCoであれば非課税制度を利用することもできます。まずはリスクが少ないものから始めて、少しずつ老後を意識して資産形成をしていきましょう。

まとめ

何かと不安が大きい30代。定年を迎えるまでにはまだまだ時間がありますが、老後の不安を解消していくには早いうちから資産形成をしていくことも大切です。「まだ30代だし、自分の人生がどうなるかも分からないのに、老後資金なんて…」と思うかもしれませんが、老後はほとんどの人に訪れる未来。資産を増やすには時間が必要です。

独身の方も、家庭がある方も、お金について一度しっかり向き合ってみませんか。
https://bit.ly/39AM48E(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1