妻の不満、爆発
夫婦と言えども別人格、
夫は妻を、妻は夫を思い尽くしてきたつもりが、
たった一言で深く傷つき、夫婦関係がダメになったりします。
良妻を演じてきた29歳のフリーライター。
とうとう我慢の限界を感じたようです。
でも、これぐらいのことなら夫婦にはつきものだと思うのですが、
よほど尽くしてきたのでしょうね。


日本の貧困女子 (SB新書) [ 中村 淳彦 ]
得するお金のスゴ技大全 知ってるだけで年間50万円浮く!! [ 丸山晴美 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

-この結婚、本当に正解だった?-

かつては見つめ合うことに夢中であった恋人同士が結婚し、夫婦になる。非日常であったはずのときめきは日常となり、生活の中でみるみる色褪せていってしまう…。危機を無事に乗り越える夫婦と、終わりを迎えてしまう夫婦。その違いは一体、どこにあるのか-?

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

震災風俗嬢 (集英社文庫(日本)) [ 小野 一光 ]
1年で100万円貯まるすっきりお片づけ生活 [ 丸山晴美 ]

我慢の限界に達した妻の爆発-妻の言い分-

妻:岡崎未央(仮名)
年齢:29歳
職業:フリーライター



平日の昼下がり。表参道のカフェで彼女と会った。

彼女の、落ち着いた佇まいは、経済力ある夫に守られた幸福な妻なのだろうと推測させる。

「貯まる女」になれる本 [ 丸山晴美 ]   職場の女子のトリセツ [ 有川 真由美 ]

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

「私は、フリーライターをしていて、朝から自宅で締め切りの迫った原稿の執筆作業をしていたんです。さきほど、入稿を終えたところです。」

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

「でも、仕事は、別に忙しくないんです。…というのも私、3年前に結婚してから仕事をセーブしてきたので。今は時々、某WEBメディアに恋愛系のコラムを寄稿しているくらい」

老活・終活のウソ、ホント70 [ 川村匡由 ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

しかし、彼女はそんな自身の現状に満足していないようなのだ。

「新婚のうちは仕事なんて二の次だと思ったんです。実は私の両親は幼い頃に離婚していて…なので、幸せな家庭を作ることが私にとって最優先でした。でも…今は正直、後悔しています」

苦々しい表情を見せて、未央はこれまでの経緯をポツポツと語り出した。

家族のために、家でもできる仕事を選んだが…

未央は大学卒業後、損害保険会社にエリア職として入社した。

「でも、昔から文章を書くことが好きで、主に趣味の食べ歩きや旅行ネタについてのブログを書き綴っていたら、SNSや知人の紹介で執筆の依頼が届くようになったんです。

安定収入を失うのは正直、怖かったですが…それでも好きなことを仕事にしたいという気持ちが勝りました」

そして未央が会社を辞める決心をしたのには、もう一つ理由があった。範久との結婚だ。

「範久とは学生時代からの親友の結婚式で出会ったのですが、まるでそうなることが決まっていたのかと思うくらい、トントン拍子に結婚まで話が進んでいたんです。

彼は私に『仕事を続けるも続けないも、未央の自由だ』『好きなことをすればいい』と言ってくれていました。

範久の後ろ盾は大きかったですね。それに…在宅で仕事ができれば、家事との両立もしやすい。私が思い描く“幸せな家庭”に近づけると思ったのが、最大の理由でした」

そうして未央は、結婚とほとんど同時に会社をやめ、フリーライターとしての活動をスタートさせた。

「もちろん、駆け出しのライターが稼げる金額などお小遣いにも足りないくらいです。

フリーで生きていこうと思うなら、本当はどんどん自らを売り出し、仕事を取ってこなくてはならないんですけど、それをしませんでした。

今思えば、ある種の“呪い”だったのだと思います。

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

良妻の仮面を外したとき…

事件が起きる発端は、夫婦喧嘩だった。

「実は、我が家はチワワを飼っていて、私が泊まりで外出をするときは、夫に世話を任せる必要があって。

もちろん彼には仕事があるので、そういう場合は必ず事前にスケジュール調整をします。

…と言ってももちろん、滅多にあることではありません。先ほどからお話ししている通り、私は夫のサポートを最優先に生活してきたので」

泊まりで外出というのは、範久と出会うきっかけにもなった学生時代の親友との、京都紅葉&グルメツアーだったという。

良妻を目指すあまり疲弊していた未央を心配して、親友が「たまには息抜きしなきゃダメ!」と言って、小旅行に誘ってくれたらしい。

「私もとても楽しみにしていたので、随分前から夫に伝えていました。それなのに、私の話を夫が完全に聞き流していて。1週間前に念押しをしたら『なにそれ、聞いてない』『出張を入れた』とか言い出したんですよ。もう、頭にきちゃって…。

1泊くらいならペットホテルに預けるという手も、あるんですけど。

でもうちの子非常に甘えん坊で繊細で、以前試しに預けてみたところ、ご飯も食べずトイレもしないでずっと震えていたんです。もう二度とそんな思いをさせたくなくって」

結局、未央は小旅行を泣く泣くキャンセルしたそうだ。

友人には平謝りで許してもらったが、電話口で「本当にごめんね」と繰り返すたび、ふつふつと怒りが湧いてきた。

「悪いのは私じゃなくて、彼ですよね。

彼がきちんと妻の話を聞き、予定をメモし、スケジュール管理してくれればよかったのにって。

そのとき私、急にぷつっと糸が切れた気がしたんですよね…」

未央はついに、範久に対し感情を爆発させた。

結婚して3年が経っていたが、未央が夫に対しヒステリックに声をあげるのは、これが初めてだったという。

「私はこんなにやっているのに、範久に合わせてきたのに、どうしてあなたは私に合わせてくれないの?合わせようという気がないの-!?って自分の想いを伝えました。でも、彼なんと言ったと思います?」

そんな風に畳み掛けた未央に、夫は困惑しながらも弁護士らしく淡々と冷ややかな口調で、こう言い放ったという。

「いや…落ち着いてよ。別に僕、未央に合わせてくれなんて頼んでない!」

-別に僕は、頼んでいない-

「そう言われてしまえば、確かにそうなんです。

範久から仕事をセーブするよう頼まれたわけではないし、毎日一汁三菜を準備するよう指示されたこともないのもわかっています。

彼の都合に合わせろなんて、一度も言われたことはないですし。すべてはただ、私が勝手にやってきたこと。

だけど正直ショックで…。だってすべては彼のために、二人の結婚生活のために、良かれと思ってしてきたことなんです。こんなことなら、好きな仕事をセーブしてまで尽くすんじゃなかった」

これまで未央は、話の中で何度も「夫のために」「家庭のために」と口にした。

献身的な彼女の思い自体は美しく、決して悪いことではない。

しかし少々バランスを欠いてしまったことが空回りを生み、逆に夫婦関係をギクシャクさせてしまったようだ。
https://bit.ly/2SP6jJJ(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1