まさかの妊娠
こんな報告書があります。
『親が未成年で、予期せぬ妊娠によって産まれた子どもたちは、
その後虐待されるリスクが高い』
女子高生の妊娠を扱った短編映画が完成しました。
その中で描かれているのは、高校生たちの性への無知。
妊娠した場合、苦しむのは女子ばかりが現状のようです。
でも、どんな事情があっても「生み捨て」はいけません。


退職金がでない人の老後のお金の話 [ 横山 光昭 ]
老後になって後悔しないために、知っておくべき88のこと [ 山崎武也 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

同級生との一時の性行為で妊娠してしまった17歳の女子高生、遥。父子家庭で誰にも相談できずにいるうちに、中絶できる時期も過ぎてしまった。いくつもの産婦人科を受診したが「22週を過ぎたら立派な人間だから、おろしたら殺人になる」などと断られ、追いつめられていく──。

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

金運だけを引き寄せる!貧乏神のはらい方 [ 碇のりこ ]
年間30万円得する神アイデア! 今こそ必要な超節約術70

これは短編映画「まだ見ぬ あなたに」の冒頭場面だが、予期せず妊娠し中絶の時期を逸してしまう少女は、現実にも少なくない。



岩手県では、19歳の少女が自宅のトイレで男児を出産後、窓の外に投げ捨てたとして2019年10月、殺人容疑で逮捕された。事件が起こると「生み捨て」した母親ばかりが責められがちだが、映画のメガホンをとった小澤雅人監督は、背景に「男たちの無知と無理解」があると指摘する。

執念深い貧乏性 [ 栗原 康 ]   宝くじで1億円当たった人の末路 [ 鈴木 信行 ]

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

「うちの息子は悪くない」開き直る親

遥の妊娠が発覚すると、相手の親は中絶できないという事実を受け入れられず、「産んで、育てられるんですか!」と、怒りをあらわにする。親たちが言い争う姿を見て遥は逃げ出し、「いらないのに!」と、泣きながらお腹を叩く。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

だが遥は一方で、ことの重大さに打ちのめされ「最低だよね、ひどいことしちゃった……」と、自責の念も口にする。

おひとりさまのゆたかな年収200万生活 [ おづ まりこ ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

小澤監督は映画で「周囲の無理解と、卑怯な男たち」の姿を描きたかったと話す。

「妊娠した女性は、どんな結果を選ぶとしても、出産をめぐる葛藤を経て精神的に成長していく。しかし相手の男性は逃げてしまい、いつまでも子どものまま。男性側の親が女性にひどい仕打ちをすることも多く、女性の実父すら逃げ腰になりがちだ」

小澤監督が、妊娠した少女たちと長年向き合う助産師や看護師に取材を重ねた結果、こうした実態が浮かび上がった。ある産婦人科関係者によると、実際に男性の親が「息子は悪くない」などと言い放ち、女性をさらに傷つけるケースもあるという。

日本家族計画協会の調査によると、日本で使われる避妊法は男性が付けるコンドームが8割を占める。女性側の取れる手立ては、低用量ピルなど極めて限られるのが実情だ。にもかかわらず多くの場合、予期せぬ妊娠に伴う男性の「ペナルティ」は女性に比べて非常に軽い。

映画制作に協力した「さめじまボンディングクリニック」の鮫島かおる事務長は、「予期せぬ妊娠をした女の子の多くは、相手の男性や学校、親たちの反応を恐れて誰にも相談できない。このため、医療機関につながるハードルも非常に高くなってしまう」と語る。

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

妊娠した女子高生の3割が自主退学

映画には、教師たちが「これから予想される欠席日数では、進級は不可能」と言い、遥の父親に退学届けを渡そうとするシーンも出てくる。

文部科学省は公立高校に対し、妊娠した女子生徒を安易に退学処分にしたり、退学を勧めたりしないよう求めている。だが同省の調査によると、公立高校で2015~16年度に妊娠が発覚した生徒約2100人のうち、30%が「本人または保護者の意思」で自主退学していた。通学を続けたくとも、教師に嫌味を言われたり転学を勧められたりして、自ら退学、転学を選ばざるを得ない女子高生も多いとみられる。

また鮫島事務長は「最も問題なのは、男子側に性に関する正しい知識が非常に乏しいことだ」と強調する。

学校の性教育は極めて不十分で、避妊やアフターピルなど必要な知識が伝わっているとは言いがたい。鮫島事務長は「『生徒を刺激すべきでない』として、必要な知識を伝えることに消極的な教師や保護者も多い」とも指摘する。

性に関する正しい知識の普及啓発を目指すNPO法人ピルコンが2016年、高校生約4000人に対して実施した調査によると、「避妊に失敗した時、72時間以内に使える緊急避妊薬(アフターピル)がある」ことを知っていた高校生は約2割、腟外射精が有効な避妊法ではないと知っていた高校生は35%にすぎなかった。

さらにスマホの普及に伴い、中高生がSNSを通じて不特定多数の人と接点を持つようになった。アプリでしかつながっていない相手との性行為で妊娠し、「生理が遅れた」と連絡したら男性と連絡が取れなくなった、などのケースも珍しくない。

鮫島事務長は「妊娠を水際で防げれば、女の子たちに悲しい思いをさせずにすむ。それには男子に『避妊をせずに少女と性行為をするのは、DVにも相当する行為』だと教える必要がある」と話す。
https://bit.ly/2L17FML(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1