貧乏くさい・・・結婚式だねえ
ささやかな結婚式でも、新郎新婦にとっては嬉しいものです。
しかし、子どもの結婚を心から祝おうとしない親もいます。
クチは出すけどお金は出さないくせにね。
もし、式の最中に「貧乏くさい結婚式だねぇ」と言われたら・・・
新婦は義両親のイヤミな言葉に悲しくて泣きそうになりました。
この時、普段は温厚な新郎がとった行動とは・・・


0円で空き家をもらって東京脱出! [ つるけんたろう ]
ズボラな人でも毎日500円玉が貯まるすごい方法 [ 市居愛 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 実は9~11月は一番の結婚式シーズン。結婚式といえば、新郎・新婦の親からしてみれば、我が子の晴れ舞台のはずですが――。

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

45歳からのお金を作るコツ 5年後ではもう遅い! [ 井戸美枝 ]
読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方 [ 山崎俊輔 ]

「“親なら子どもの結婚式は心から祝いたいもの”だとは限らないということを、残念な形で思い知らされました……」



 悲しそうな表情で話し出した遥さん(仮名・29歳)。現在は夫の太一さん(仮名・31歳)と幼稚園児の息子の3人で暮らしています。

ビンボーになったらこうなった! [ 橋本玉泉 ]   超貧乏ものがたり [ 尾辻克彦 ]

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

一人息子の結婚、初孫の誕生にすら全く関心を示さない義両親

「入籍前、両家顔合わせの際に、義両親から『まさか太一なんかが結婚できるとは思っていなかった』『こんなやつのどこがよかったの?』などと、口々に言われたんです。それも、冗談ではなくて、本気で馬鹿にしている口調でした。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

いい気持ちはしなかったですね。前々から、太一に『自分は一人っ子なのに出来が悪いから、両親から嫌われている』とは聞いていましたが、ここまで露骨なものなのかとびっくりしました」

おひとりさまのゆたかな年収200万生活 [ おづ まりこ ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

 結婚してから約一年で遥さんは妊娠。安定期に入ってからすぐに義両親に報告しましたが、おめでとうの一言もなかったそうです。

「出産後も、『今ほかの親戚が出産したばかりだから、そっちに構っていられない』と言われて。義両親にとっては初孫ですが、出産祝いのお金もプレゼントも、一切ありませんでした。本来なら無事に子どもが産まれたことを喜んでいたいはずなのに、『俺の親が失礼でごめん』と謝り出した夫がかわいそうでしたね……。

 出産から数ヶ月後、『うちはお金がなくて何もしてあげられないから、そっちの親御さんに助けてもらって』とだけ、太一に義両親から電話があったようです。そう言いながらも、『旅行してきました!』などと、旅行先の画像つきで義母から私たちにLINEが送られてことはたびたびありましたけどね」

「私たちに」かけられるお金はない、ということだろうからと、義両親のことはまったくあてにせずに生活していた遥さんたち。しかし今年、せっかくの晴れの舞台で大きなトラブルが起きてしまったと言います。

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

義母「私たちがお金を出すんだから、もっといい式場にすればよかったのに」

「結婚式を挙げずに入籍だけしたので、今年、小規模ですが、挙式と披露宴をすることにしたんです。義両親を招待すると、『私たちの交通費と滞在費は、当然あなたたちが出すのよね?』と義母は言ってきました。来ないでくださいという感じでしたが、仮にも最愛の人の両親ですし、さすがに呼ばないわけにはいかなかったんです。それが大きな間違いでした。式当日、義両親は、式なんてどうでもいいとばかりに、飲食に集中していて……挙句の果てに、義父が泥酔し、『いや~、貧乏くさいけど、いい式じゃないか!』と言い出したんです」

 失礼極まりない義父の発言ですが、義母はさらにとんでもないことを言い出したそうです。

「『そうよね。私たちがお金を出すんだから、せっかくならもっといい式場にすれば、と言ったのにねえ。お嫁さんがこの程度の式場でいいって言うもんだから。ほんっとうにいいお嫁さんだわあ』と、大声で嫌味ったらしく言い出したんです。これは事実無根で、式は私たち夫婦の貯金だけで挙げたものです。確かに式場もプランも安めでしたが、だからこそ温かみのある式にしたかったのに、その気持ちも台無しにされ、泣きそうになりました」

 会場の雰囲気は最悪に。そこで、太一さんが今までの怒りを爆発させました。

温厚な夫がブチ切れ。それでも義両親は反省の色なし

「『いい加減にしろよ!! 一度だって俺たちに金を出してくれたことがあったか!? 今すぐに帰ってくれ』と、義両親にブチ切れたんです。太一は温和な性格ですから、義両親はあぜんとしていました。太一はさらに『ほら、今すぐ帰れ!!』と言って、義両親を強制的に式場から退出させたんですよ。『うちの親が、本当にすみませんでした』と、太一は私の両親と、参列者に謝罪。私にも『ごめんな、せっかくの結婚式だったのに』と言うなり、とうとう号泣してしまいました。私は、『太一のせいじゃないよ』と言うのが精一杯でした」

 後日、義両親からは猛烈な抗議があったものの、2人は無視。太一さんは自分の親と絶縁することを決意したそうです。

「今は結婚式のやり直しをしようと考えています。親子3人だけでもいいから、幸せな気持ちになれる式がしたいですね」

 無理に関わるよりも、幸せのためには縁を切ったほうがいい相手というのは存在するもの。それが親だと簡単に縁を切ることは難しいかもしれませんが、遥さんたちの幸せを願うばかりです。
https://bit.ly/2oivBTQ(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 7 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2