お金事情・・・シニアの平均
『年金2000万円不足問題』が巷を騒がせましたね。
「今から貯金しても間に合わない」と嘆く人もいれば、
「そのくらいの備えは当たり前」と余裕の人もいます。
口には出しませんが多くの人が気になるのは、
自分の老後生活が“平均”よりも上か下かではないでしょうか。
我が家の老後は平均よりも下の下が、ほぼ確定しています。


ひとりぐらしも神レベル [ カマタミワ ]
定年夫婦になる! 100歳までお金に苦労しない [ 井戸 美枝 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 都内在住の山田太郎氏(65、仮名)は、すべてにおいて日本の「シニアの平均値」を兼ね備えた“並の中の並”の男性である。

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

45歳からのお金を作るコツ 5年後ではもう遅い! [ 井戸美枝 ]
読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方 [ 山崎俊輔 ]

 連日報じられた年金2000万円不足のニュースを見ながら、山田氏は胸を撫でおろした。「うちは何とか逃げきれそうだな……」。



 総務省の「家計調査」(2018年)によると、世帯主が65歳以上である2人以上の世帯(高齢者世帯)の平均貯蓄額は2248万円。妻と2人暮らしの山田氏の貯蓄額2248万円があれば、年金収入と貯蓄でどうにか暮らしていけそうだ。

ビンボーになったらこうなった! [ 橋本玉泉 ]   超貧乏ものがたり [ 尾辻克彦 ]

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

 1954年生まれの山田氏は、高校卒業後の1973年に食品メーカーに入社し、本人も認める「平凡なサラリーマン人生」を歩んできた。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

 20代半ばに同い年の妻と結婚し、2人の子供に恵まれる。会社員としてモーレツに働き、60歳で定年を迎えた。子供たちはすでに結婚・独立し、それぞれ家庭をもうけている。

おひとりさまのゆたかな年収200万生活 [ おづ まりこ ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

 定年後は嘱託で働きながら、いよいよ年金の受給開始まで漕ぎつけた。そんな山田氏の懐事情をのぞいてみよう。

毎月5万円のマイナス

 山田氏の年金受給額(厚生年金)は毎月14万5508円で、専業主婦だった妻の国民年金は月5万6731円。対して毎月の総支出は25万555円。およそ月に5万円が貯蓄から削られている計算だ。

 住まいは結婚直後に35年ローンで購入したマイホーム。すでにローンは完済している。「家計調査」によると、65歳以上(2人以上世帯)の持家率は92.6%だ。

 山田家では毎月の食費に7万922円を使う。食生活は月に1度、なじみの寿司屋に夫婦で行くのが唯一の贅沢で、普段はスーパーのおつとめ品ですませることも多い。

 山田家の毎月の光熱・水道費は2万2063円。梅雨が終わって猛暑となった最近は、クーラーが欠かせない。熱中症や風邪予防のためにも、空調は節約しすぎないようにしている。

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

 固定電話や携帯電話、お中元やお歳暮の配送料などの通信費は月8968円だ。毎朝、読んでいる新聞や書籍・印刷物に月3853円を使っている。衣服・履物代は月に7374円かかる。ファッションにこだわりがあるわけではないが、妻はなにかと買い足している。スーツを着なくなった山田氏も冠婚葬祭の礼服購入などが増えていた。

 さらに床屋での散髪とたまの銭湯利用(理美容サービス)に月2943円を支払っている。月の保健医療費は1万5099円かかる(ここまではいずれも前出「家計調査」より)。

 60歳でセミリタイアしてからは、大病はないものの、ちょっとした風邪や腰痛が治りにくくなった。

 年間にかかる入院費は16万4945円で、通院費は16万8832円。年間の薬代(調剤費)は8万3863円である(いずれも厚生労働省保険局調査課「医療保険に関する基礎資料~平成28年度の医療費等の状況~」をもとに、65歳~69歳の数値を編集部で試算した)。

 病院には年間17日ほど通い、今年は肺炎を患い念のため4日ほど入院した。

 ある週末、結婚して隣町に住む長女(38)が5歳と3歳になる孫を連れてふらっと現われた。

「夏休みにこの子たちを海に連れていきたいのよね」。そうつぶやく娘の表情を見て何かを察知した山田氏は、「これ、少ないけど……」と2万円の入った封筒を手渡した。

 ソニー生命が実施した「シニアの生活意識調査2018」が、孫のために出費があったシニア(50~79歳)の男女に1年間で使った金額を尋ねると、「5万~10万円未満」が最も多く、孫への出費の平均は12万8269円だった。

 具体的な使い道は「おこづかい・お年玉・お祝い金」(75.1%)がトップで、「一緒に外食」(53.1%)「おもちゃ・ゲーム」(41.2%)が続いた。

 山田氏は孫を目に入れても痛くないほどかわいがり、平均すると月に1万円以上を孫のために使ってしまうのだ。来年には小学校に進学するため、娘からはランドセルや学習机の購入を相談されている。

 ただし、最近は「孫疲れ」との言葉もある。前出の「シニアの生活意識調査2018」が孫のいるシニアに「孫の勉強の世話をしたいか」と尋ねると「したくない」(48.1%)が「したい」(28.8%)を大きく上回った。
https://bit.ly/31MS8q0

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 7 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2