貧困女子からの・・・脱出
貧困女子から脱出する3つの鉄則です。
まずは貯金30万を推奨しています。
やはり精神的な余裕がないと健全な家計を目指せません。
小さな無駄を省きながら、少し高みを目指す。
文字にすると簡単なのですが実践するのは難しそう。
貯めるのは大変ですが、使うのは早いんですよね。


「おひとり」を不安0で生き抜く女子貯金 [ 横山光昭 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

お金の使い道は消費することだけではない
以前、自分の見聞を広げることが貧困からの脱出の第一歩とお伝えしました。過度な節約をやめて外にでるべきだと。それが収入UPの道へと通じると思うからです。

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

45歳からのお金を作るコツ 5年後ではもう遅い! [ 井戸美枝 ]
読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方 [ 山崎俊輔 ]

しかし、この記事では逆説的にはなりますが、それでも限りある収入からなんとか貯蓄と投資をしてほしい、ということを書かなければなりません。



まず、厳しいことですが、たとえば月収10万円未満だという人は、大半が家賃に消え、残りのお金で生活していくのは、非常に困難なことでしょう。実家があるのなら、実家に戻り、家賃負担や生活費負担を減らすことも考えたほうがいいかもしれません。

ビンボーになったらこうなった! [ 橋本玉泉 ]   超貧乏ものがたり [ 尾辻克彦 ]

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

まずは、生活基盤を再度整えるところからリスタートするのがベターのように思います。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

消費支出は、男女ともに昨年から増加
月収10万円とまではいかなくとも、若年層の年収は300万円未満が多数を占めます。そんな若年層のお金の使い道はどうなっているのでしょう。

おひとりさまのゆたかな年収200万生活 [ おづ まりこ ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

総務省の『家計調査<家計収支編>』(2018年)から単身世帯の家計収支をまとめました。

35歳未満の単身世帯の平均消費支出は、1カ月16万4905円。男女別では、男性が16万9524円、女性が15万7669円と、男性のほうが若干多い結果となっています。2017年データと比較すると、全体では約9000円の増加ですが、男性は約1万2000円の増加。女性は約5000円の増加となっています。

細かな消費支出においては、男性は食料、交通・通信費の割合が高く、女性では住居、食料、交際費などのその他支出の割合が高くなっており、この傾向に大きな変化はありません。

男女の収入差は開く一方。節約も限界
収入は昨年から男性が約4万2000円増加、女性も約1万5000円増加しています。それでも、男女で約8万5000円の差があります。これは昨年から大きく差が開いています。結果、社会保険料や税金などの非消費支出は男性のほうが多く、女性との差は約1万8000円となっています。

景気回復は、女性の消費行動がけん引するなどといわれますが、収入が増加しても、節約志向は変わらず、消費を抑える傾向にあり、理美容費、被服費など、工夫してファッションを楽しんでいるのかもしれません。

節約で気になるのは、教養娯楽費。日々の生活の楽しみや資格取得など教養を身に付けることまでも節約してしまうことです。今、将来のステップアップ、キャリアップのためにお金を惜しんでいると、取り返しのつかないことになります。今回の調査では、男女ともに、昨年より増加しているのは、よい傾向だといえます。

なかなか思うように収入が上がらないため、できる限りの節約は無理もありませんが、お金の使い道は、メリハリをつけて考える必要があるのではないでしょうか。

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

数字上、家計は黒字でも、貯蓄を取り崩しては意味がない
単純な家計収支では、男女とも黒字。男性は約13万3000円。女性は約7万8000円と頑張っています。これだけ貯蓄に回せていれば、貧困女子ということはありませんが、あくまでも平均なので、収支が赤字の人もいるでしょう。

黒字で毎月貯蓄ができているとしても、生活が苦しくなると貯蓄を取り崩す、ボーナスは赤字の補てんに回る、という人も少なくありません。

赤字の補てんのために貯蓄を取り崩すことは、貧困からの脱出を妨げる大きな要因になっています。貧困は収入が少ないことだけが問題なのではなく、お金の使い方にも問題があります。

自分はムダ遣いをしていない、と言う人もいるでしょう。しかしお金の使い方とは、消費することだけを指しているのではありません。お金の生かし方と言い換えることができるでしょう。

まずは30万円。2~3カ月は生活できる額を貯める
ただし、今、本当に貯蓄がゼロの人は、とにかく30万円を目標にお金を貯めてください。

30万円あれば、万一病気やけがをしても2~3カ月は生活を乗り切ることができるでしょう。30万円あれば、安い家賃のところに引っ越すこともできます。30万円あれば、資格取得の費用にあてることもでき、キャリアアップの第一歩が踏み出せます。まずは30万円を目標に頑張ってください。

そして30万円貯まったら、毎月の貯蓄のうち半分は、増やすお金として投資に回してください。

もちろん30万円貯まるまでの期間は、投資に関する勉強にあてる期間でもあります。毎月1万円を貯蓄するのであれば、5000円はこれまでどおりに積立貯蓄を継続し、残り5000円は積立でできる投資商品がいいでしょう。どんな投資商品を選べばいいのか、考える時間はたくさんあります。

まずは、マネー行動を起こすこと。これまでの生活を変えたいなら、投資に興味を持つこと。これが貧困女子から脱出するための処方箋です。
https://bit.ly/2Z9OIjw(情報源)

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 7 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2