貧乏ゆすりの・・・効果
気がついたら「貧乏ゆすり」をしていた経験はありませんか? 
日本では行儀が悪いとされていますが、
貧乏ゆすりには驚愕の効用があることが研究報告されました。
適度な貧乏ゆすりは死亡率を大幅に低下させるようですよ。
エコノミークラス症候群で発生する足部の血栓が、
貧乏ゆすりをすることによって、大きくなる前に剥がれるんだとか。
他にもストレス軽減にもなるようです。
誰もいないところで、こっそりガタガタやりましょう。


「おひとり」を不安0で生き抜く女子貯金 [ 横山光昭 ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 働き方改革の効果もあってか、有給休暇を取得して旅行や観光地への行楽、商業施設、テーマパーク、遊園地など、普段より足を延ばして余暇を過ごす人が増えている。

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

45歳からのお金を作るコツ 5年後ではもう遅い! [ 井戸美枝 ]
読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方 [ 山崎俊輔 ]

休暇を長めに取得して、趣味や趣向を凝らした過ごし方を模索している人も少なくないようだ。



 しかし、遠出をすれば、どうしても目的地への移動中は、狭い空間に身を置く時間も長くなる。そんな時に忘れてはならないのが、「エコノミークラス症候群」だ。

ビンボーになったらこうなった! [ 橋本玉泉 ]   超貧乏ものがたり [ 尾辻克彦 ]

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

 エコノミークラス症候群は、平成16年の新潟県中越地震や同23年の東日本大震災、26年の西日本豪雨や28年の熊本地震など、被災によって「車中泊」を余儀なくされた人に起き、注意が喚起された。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

 エコノミークラス症候群は1977年、航空機のエコノミークラス搭乗者で「肺動脈血栓塞栓症」が多発する傾向に着目した学者が命名した。日本では、当時ドイツで活躍中の元サッカー日本代表の高原直泰選手が機内で発症したことで、その症名が広く知られ、「ロングフライト血栓症」とも呼ばれた。

おひとりさまのゆたかな年収200万生活 [ おづ まりこ ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

座りっぱなしのオフィスワーカーにも
 具体的には、狭い機内、車内の座席で長時間、足を動かせない状態が続くと、静脈にできた血の塊(血栓)が血流に乗って肺の入り口まで達し、肺動脈に詰まってしまう。結果、突然の呼吸困難や胸痛に襲われ、場合によっては死に至る症例も少なくない。

 発症例は、航空機内とは限らない。船内や電車内、バス利用者からの報告もあることから、医療界では「旅行者血栓症」と呼んで注意を促してきた。ちなみに「血栓の渋滞現象」は、座りっぱなしのオフィスワーカーにも起こり得るという。

 血液が順調に流れていれば血栓も動脈硬化も生じにくいが、この流れが乱れたり滞りを起こすと、血管壁や小板機能に異常が生じて血栓ができやすい。

 現代人の生活スタイルでは、足の深部静脈で血栓が生じやすい。足の静脈は、筋肉が動く際に血管が収縮され、そのポンプ機能の勢いで血液が上部の心臓に送り戻される。そのため、長時間、足を動かさないと血流が滞るのだ。

 予防策としては、ときどき立ち歩くといったことが有効だが、オフィスワーカーであっても頻繁に離席できる職種ばかりではない。長旅の航空機内や深夜走行中のバス内を歩き回ることは難しい。身内だけのドライブでも、渋滞にハマれば休憩や足を延ばす機会も限られる。

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

貧乏ゆすりがオススメ?
 そこで、意外な対策法を紹介したい。それは世界中で誰もが知っている、「貧乏ゆすり(ジグリング)」だ。

 ちなみに「貧乏ゆすり」の語源は、高利貸しの取り立ての前で江戸庶民(=貧乏人)が苛立って足を揺する様から生まれたとの説もある。一般的には、見た目もマナーの面でも悪評高い貧乏ゆすりだが、長旅の機内や渋滞中の車内では「賢い旅行者の基礎知識」として、侮れない効果を発揮する。ましてや、身内だけの長時間ドライブ時などは誰に気兼ねすることもなく、一家全員での車内貧乏ゆすりを推奨したい。

 事実、一昨年の秋には「私たちの実験結果では、貧乏ゆすりが下肢の血流を増加させ、動脈機能の低下を十分に予防しうるという驚愕の効用が判明した」という、米ミズーリ大学・ジェイム・パディラ助教授(栄養・運動生理学)の研究報告も発表されている。

 また、英国内の女性約1万3000人(37~78歳)を対象に行った平均12年間に及ぶ死亡率の追跡調査でも、興味深い結果が判明している。「貧乏ゆすりの多い女性」は、1日5~6時間座っていても、同5時間未満の同性より死亡率が37%も低かったのだ。

 同調査結果によれば「貧乏ゆすりを多くする層」の場合、BMI、グルコースやインシュリン反応などの健康面に関する指数でも良好な優位性を示していたそうだ。事実、昨今は“貧乏ゆすり体操”を変形性関節症のリハビリに採用している医療機関が少なくない。

 一方、自動車事故をめぐる国内外の原因報告書を閲覧すると、約1割が「運転者の体調不良」によって引き起こされている事実が浮き彫りにされる。人間は2時間以上運転していると足の血流が悪くなり、血栓が生じやすくなる。

 現代人にとって、こまめな水分補給(の漫然な準備)と貧乏ゆすり(ふくらはぎを揉むのも効果的)を欠かさないのは、健康の新習慣になるかもしれない。
https://bit.ly/2YYSkFL

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2