親が払った・・・家賃滞納
家賃滞納者の明け渡しプロが経験した実話です。
10年以上も家賃滞納が続き、それを支払い続けてきた実親。
総額は1500万円を超え年金生活に支障が出るようになりました。
それぞれの思いが交錯する中、
ゴミ部屋に強制退去の決定が下ります。
それでもまだ受け入れることができない住人は・・・


「おひとり」を不安0で生き抜く女子貯金 [ 横山光昭 ]
ズボラな人でも毎日500円玉が貯まるすごい方法 [ 市居愛 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

長期間に渡り連帯保証人が家賃を払い続けた本当のワケ

「もう本人も40歳を過ぎているのだから、自分で払ってもらわないと。今まで何千万円分も払ってきたんだ。もう払いきれません」

トラコミュ  辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

45歳からのお金を作るコツ 5年後ではもう遅い! [ 井戸美枝 ]
読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方 [ 山崎俊輔 ]

連帯保証人の木村慎之介さんの言葉です。歳は70歳。41歳になる息子の哲郎さんが家賃を払わないので、何年も代わりに払ってきました。



哲郎さんは、もう20年近くこの部屋に住んでいます。会社勤めをしていた頃は、家賃もきちんと支払われていたのですが27歳で起業し、掃除やマット交換の代理店を始めてから事態は暗転。経営が上手くいかず、家賃も滞納しがちになっていったのです。

ビンボーになったらこうなった! [ 橋本玉泉 ]   超貧乏ものがたり [ 尾辻克彦 ]

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

連帯保証人が10年以上も賃借人に代わって家賃を払い続けるというのは、かなり稀なケースですが、慎之介さんに督促すればすぐに払ってもらえたので、家主も敢えて別の手を打ってきませんでした。その結果、慎之介さんが肩代わりした金額はすでに1500万円を超えていました。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

ところが突然、その連帯保証人から支払いを拒否されたため、家主は明け渡しの手続きに乗り出しました。その状況になっても哲郎さんは、自分では払おうとはせず、督促に行った担当者にも、「親父に払ってもらえ」と悪態をつくだけでした。そもそも連帯保証人というだけで、なぜこんなに長期間支払い続けたのだろう? そんな疑問を抱いた私は、慎之介さんに連絡をとってみたのです。

おひとりさまのゆたかな年収200万生活 [ おづ まりこ ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

「お願いですから、もうあいつを追い出してください。もう私の手には負えません。あいつは子どもの頃から成績も悪く、何をやってもダメな子だったんです。地元の学校に進学されてはあの子のレベルが知られてしまうので、東京の大学に行ってくれて助かりました。名もない学校でも「東京の大学に行っています」と言えますから」

やっと就職したと思ったら、競艇に手を出して。収入はあるはずなのに、いつもお金を無心してきたんです。いったいどれだけお金を送ったことか、もう覚えていません。それなのにいきなり脱サラすると言い出して。そのときも1000万円ほど用立てました。うまくいってるのかと聞くと、「うるさい」って怒鳴るので、何も聞けません。

ここ数年は、毎月のように家賃の督促が私の方にあって、仕方がないのでずっと払ってきました。でも、もう私も限界です。これまで哲郎に何千万も持っていかれているんですよ。もう年金生活なんです、勘弁して欲しいです。

ここ最近、哲郎とは連絡もつきません。何通手紙を送っても音沙汰なしです。私は体力的に東京まではもう行かれませんから、哲郎の姉を行かせてみたんです。そうしたら哲郎に殴られたって、泣いて九州に戻ってきました。もう私たち家族では、手に負えません。

あの子さえいなければ、我が家はとても平穏なのです。哲郎がいるから、私たちは安心して寝ることもできない。どこか消えてくれればいいのに、本気でそう思います。

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

もっと早くに親子が向き合っていれば…

慎之介さんから、哲郎さんに対する不満は溢れるばかりですが、連帯保証人の慎之介さんが立て替え払いをしないとなれば、連帯保証人である慎之介さんも相手に明け渡しの訴訟を申し立てするしかありません。すると慎之介さんは、すがるように助けを求めてきました。

わかりました。お金は払います。だから私を被告にはしないでください。立場がなくなりますから。私は教育者なのです。中学校の校長もしました。今は私立の高校の顧問もしています。被告になんてされてしまえば、立場がありません。強制執行にかかる費用まで、ぜんぶ私が負担します。はい、約束します。だからどうか私を被告にすることだけはやめてください。

長期間、慎之介さんがお金を払ってきた理由が、これで分かりました。

保身を図るために、息子と向き合うことなく、安易にお金を払い続けてきたということなのでしょう。

哲郎さんは41歳ですから、もちろん十分すぎるほど大人です。けれどもここまでずっと親がかりで生きてきた人が、今になっていきなり梯子を外されてしまえば、生きていくのは難しいのではないでしょうか。

膝を突き合わせて、もっと早くに親子が向き合っていれば、違った結果になったかもしれません。残酷だな……そんな印象すら抱きました。

「親父が払えばここに居られるんだろう?」

慎之介さんとは支払いを約束した書面を交わし、哲郎さんだけを相手にした明け渡しの訴訟手続きが始まりました。手紙を書いても、電話をしても、そして会いに行っても、哲郎さんとは話し合いはできませんでした。

哲郎さんは欠席でしたが、裁判では明け渡しの判決が言い渡され、手続きはいよいよ強制執行へと移ることになりました。

執行官が部屋のベルを鳴らしても、中から鍵を開ける様子はありません。でもエアコンのファンが回っているので、哲郎さんは室内にいるようです。

「木村哲郎さん、裁判所です。鍵開けますよ」

何度か執行官が声をかけた後、外から部屋の鍵が開けられました。すると中からバットを振り回しながら、哲郎さんが飛び出してきたのです。

「警察呼んでっ!」

執行官は叫び、執行の現場は騒然としました。「警察」という言葉を聞いて、我に返った様子の哲郎さんからは、悪臭が漂っていました。背中まで伸びた髪の毛は何日も洗われていないようです。

部屋の中は、ゴミ屋敷のようでした。昼間からお酒を飲んでいたのか、テーブルの上にはビールの空き缶が並べられています。少し落ち着きを取り戻した哲郎さんに、執行官は執行手続きを説明します。ところが、哲郎さんは、「親父が払うから。いつまでに払えばいいの?」という言葉を繰り返すばかりでした。

執行官が部屋に公示書を貼り、期日までに部屋から退去するように伝えても、哲郎さんは最後まで「親父が払えばここに居られるんだろう?」と言い続けます。

1回目の催告の後、関係者が話し合いをしました。奇声を上げる、暴れるということで、近所から度々通報があり、哲郎さんは現場近くの警察ではよく知られた存在だったそうです。そこで話し合いには、警察の方にも入っていただきました。

垣間見る哲郎さんの姿は、とても経済活動ができるとは思えません。アルコール依存症の可能性は高く、精神も少し病んでいるかもしれません。とはいえ、病気だと断定できる状況でもなく、年齢的にも1カ月後の断行日には、やはり退去させるしかないという結論に至りました。

しかしながらこの状態で、哲郎さんは生きていけるのでしょうか。自身で生活保護の申請等ができるのでしょうか。役所へ相談に行けるのでしょうか。ここはご家族の助けが必要ではないか、そう思いました。確かに哲郎さんは40歳を過ぎたいい大人です。血の繋がった親から、本人の問題だと切り捨てられても仕方がない年齢でしょう。ただ少なくとも今の哲郎さんを見る限り、ひとりで生活ができるとはとても思えません。何らかの支援は必ず必要なのです。

それでも結局、慎之介さんは、哲郎さんがご実家に戻ることを受け入れてくれませんでした。「世間体が悪い」。慎之介さんが何度も口にしたのはその言葉だけだったのです。

「約束通り、すべての費用は負担します。でもお金以外のことはできません」

そうなると、私たちにはどうすることもできません。いよいよ強制退去の断行の日。予め警察も待機して、手続きが始まりました。哲郎さんは、午前中にもかかわらず、またお酒を飲んでいるようでした。前回同様暴れだしたので、警察の方が哲郎さんを部屋の外へ連れ出します。その間に荷物は、部屋から運び出されていきます。20年近く住んだ部屋には想像以上の量のゴミが溢れていました。

このゴミの中で、哲郎さんはどんな思いで生活していたのでしょうか……。結局、哲郎さんは身の回りの物だけを持って自転車で立ち去り、慎之介さんからは約束の金額がきちんと振り込まれてきました。

家主に依頼された家賃滞納の問題は、解決しました。けれども、私の心に残ったのは、なんとも後味の悪い複雑な思いだけでした。
https://bit.ly/30VkaPK

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 7 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2