激安葬儀でトラブル
じわじわと利用者が増えている激安葬儀。
一般的に約196万円とされる費用が10~20万円でできるようですが、
ある利用者は親族が会場を去れない中で、
葬儀社の人の面倒くさそうな舌打ちを聞いたそうです。
病院で7時間待たされた、遺体の保存処理をされなかった、
新卒女子が泣いて「私には納棺できません!」など、
とんでもないトラブルが増えています。
激安には、それなりの理由があるようですね。


0円で空き家をもらって東京脱出! [ つるけんたろう ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

激安葬儀でトラブル続出。
各TV番組や週刊誌が絶賛する“激安葬儀”。一般的な葬儀は約196万円かかるともいわれる費用が10万円~20万円の激安でできるという。しかし、調査してみると多くの落とし穴が!?

トラコミュ   辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

45歳からのお金を作るコツ 5年後ではもう遅い! [ 井戸美枝 ]
読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方 [ 山崎俊輔 ]

激安葬儀業者のプランは必要最低限な葬儀すら困難に

 葬儀を行うのは激安葬儀業者ではない。実務を担うのは下請けの葬儀社。1級葬祭ディレクター・佐藤信顕氏が前回指摘したとおり、支払額の3~4割(激安葬儀業者Aの直葬プラン18万8000円の場合は約7万円)を激安葬儀業者が中抜きとあっては、果たして安心して葬儀を任せられるものだろうか?



「宣伝では亡くなってから連絡すれば、1~2時間で寝台車が到着するとあったが、実際は病院で7時間も待たされた」(50歳・自営)

ビンボーになったらこうなった! [ 橋本玉泉 ]   超貧乏ものがたり [ 尾辻克彦 ]

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

「告別式のついた1日葬プラン(24万円)を利用。開始が朝8時からと早く、出棺が終わると『次がありますので』とすぐ追い出された。式の進行も終始、機械的で温かみがなく、親族が涙にむせんで会場を後にできないでいると、葬儀会社の人が面倒くさそうに舌打ちする音が聞こえた」(40歳・通信)

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

 これらのエピソードからは時間的、金銭的に、下請け葬儀社に余裕がないことが伝わってくる。
「遺体はエンバーミングが必要なのに、担当者は『プロではないので故人さまの処理はできません』の一点張り。処置用の綿花を置いて去ってしまい、遺体は傷んでしまった」(55歳・運輸)

「納棺を任されたのが新卒の女性。『私にはできません!』と泣いて帰ってしまった」(47歳・証券)

 人材難はどこも同じだが、最後の別れをいい加減にされては困る。

「告別式の男性司会者のシャツの裾が、ジャケットから飛び出ていて、不快だった」(60歳・旅行)

「葬儀社の若い人2人が、はしゃいで笑いながら、祭壇の準備をしてて腹が立った」(42歳・商社)
 これらは常識以前の問題。一体、葬儀の場を何だと思っているのか。

おひとりさまのゆたかな年収200万生活 [ おづ まりこ ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

 このようなモラル破壊、おおよそ葬儀にふさわしくない非人情な下請け葬儀社の行動は、激安葬儀に起因すると佐藤氏は言う。

「先ほどの激安葬儀業者Aの直葬プランで、必要な項目、かかる金額を下記で説明します。下請けの葬儀社が11万8000円で赤字を出さずに葬儀を執り行うのは不可能。本来なら棺代(納棺も含む)だけで8万円必要だからです」

 8万円の仕事を1万3000円で受け、利益はわずか5万円以下。もしこの仕事ばかりが続くのであれば、金銭的な余裕も、社員教育の時間も持つことは難しいだろう。

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

「通常の葬儀」と「激安葬儀」見積もり額の比較

<通常の葬儀>
寝台車(安置所へ) 3万円
ドライアイス 2万4000円
枕飾り 1万5000円
安置料金3日 1万5000円
棺代 8万円
役所手続き 1万5000円
寝台車(火葬場へ) 1万5000円
火葬料 2万5000円
骨壺 1万2000円
花 5万円
スタッフ 5万円
白木位牌 5000円
合計 33万6000円

<激安葬儀>
寝台車(安置所へ) 0円
ドライアイス 1万2000円
枕飾り 1万円
安置料金3日 0円
棺代 1万3000円
役所手続き 0円
寝台車(火葬場へ) 0円
火葬料 2万5000円
骨壺 5000円
花 3000円
スタッフ 0円
白木位牌 2000円
合計 7万円

激安葬儀の価格 18万8000円
葬儀社の激安葬儀による利益 4万8000円

※激安葬儀の価格「18万8000円」から、激安葬儀費用「7万円」と激安葬儀業者の中抜き金額「7万円」を引くと4万8000円となる(佐藤氏調べ)
=======

「昨今の葬儀も節約という流れで、街の葬儀社さんも高単価の仕事が減少。利益度外視で激安葬儀業者の仕事を受けざるを得ないのです」

 ゆえに数をこなそうと、一日3つの激安葬儀を回し、従業員も疲弊。激務だけで給料も上がらないから、従業員の緊張感もなくなる。

「生活保護受給者が喪主となって直葬する場合、東京都では20万6000円の葬祭扶助が国から出ます。それ以下で葬儀を行う会社に、安心して葬儀を任せられますか?」

 原資という最低限の保証すら与えず、下請けを酷使する激安葬儀業者。これが業界の現状だ。
https://bit.ly/2JCBQuC

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 7 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2