金融資産ゼロ
ある調査によると、国民全体のうち3割が金融資産がゼロです。
他の調査では国民の4割が金融資産ゼロという報告もあります。
「人並み」の貯蓄とはいくらなのでしょう?
安心して暮らそうと思うなら少しでも貯めたいところですね。
そのへんを専門家が分かりやすく解説しています。
まずは年30万円、さらに「貯め期」を利用する方法も紹介しています。


「おひとり」を不安0で生き抜く女子貯金 [ 横山光昭 ]
ズボラな人でも毎日500円玉が貯まるすごい方法 [ 市居愛 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

「貯金ゼロ」が国民の3割?! いくら貯めれば安心して暮らせますか? データから割り出した「3つの目安」

トラコミュ   辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

45歳からのお金を作るコツ 5年後ではもう遅い! [ 井戸美枝 ]
読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方 [ 山崎俊輔 ]

先日、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社による、「30代・40代の金銭感覚についての意識調査 2019」が発表され、約2割の人が貯蓄できていないなどといった結果が話題となりました。



実際、「みんなどれくらい貯めているのか」「どのくらい貯めたら安心できるのか」というのは、普遍的に多くの方が関心を持っているテーマです。

ビンボーになったらこうなった! [ 橋本玉泉 ]   超貧乏ものがたり [ 尾辻克彦 ]

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

今回、『ほったらかしでもなぜか貯まる!』などの著書があるファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんが、「一体どのくらいの貯蓄をすれば、生涯安心して暮らせるのか」、いくつかの目安や目標とともに紹介してくれました。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

◆国民の三割が、金融資産ゼロである

冒頭のSMBCコンシューマーファイナンスの調査結果で、約2割の人が貯蓄できていないということに驚かれた方も多いようですが、実は類する調査結果は、以前から色々なところから出ています。

おひとりさまのゆたかな年収200万生活 [ おづ まりこ ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

例えば、金融広報中央委員会が運営しているサイト「知るぽると」が2016年に調査した結果を見てみましょう。国民の金融資産(預貯金のほか、株式や投資信託などの金融商品)の有無について調べた内容があります。

これによると、国民のうち、全体の三割が金融資産を持っていないという結果になっています。

年代別に見てみると、やはり20代では資産形成は難しいようで、金融資産の非保有世帯は45%程度となっていますが、それ以外の世代では、平均してやはり三割程度の世帯が、金融資産を持っていないという内訳になっています。

◆毎年30万円貯めることからはじめよう

貯蓄をしていない人や金融資産の非保有世帯が2割や3割と高い一方で、貯蓄額の平均値は高く、中央値は低いというデータ。このことから、貯蓄の度合いには、かなりの差が広がっていることが予想されます。

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

実際に多くの方とお金の話をしていても、貯蓄の度合いの差は激しく、貯蓄できている人は、十二分なほど貯蓄が進んでいて、できていない人はゼロでも驚くことなくそれが当たり前の日常になっていることを目の当たりにします。

そうした中では、中央値を目標とすることも厳しいと感じる人もいるかもしれません。

大きな目標を掲げると、挫折してしまうのは人の常。ここはまず、「自分には無理」とあきらめてしまう前に、ひとまず毎年30万円をきっちりためることからスタートしてはいかがでしょうか? これが2つ目の目安です。

一つのモデルケースとして、22歳で就職し、65歳まで働き続けると仮定します。毎年30万円の貯蓄を43年間続けたら、約1300万円の貯蓄を準備することができます。

会社勤めをしていた人が受け取る老齢厚生年金の平均受給額は、月額約15万円(2017年度)です。

その15万円に、貯蓄から月4万円を取り崩してプラスすれば、19万円になります。その生活費で暮らせるなら、約1300万円の貯蓄は約27年(1300万円÷月4万円)もつため、92歳までやり繰りできる計算になります。

◆月に2万5000円貯められれば、老後は安心かも

人によって必要な生活費は異なりますから、月19万円では安心できないという方もいらっしゃるかもしれません。そこは、例えば65歳以降も働くことや、まずは毎年30万円貯蓄を目指し、それが習慣化されたら貯蓄額を上げていくといったことでカバーしていくことになります。

いずれにせよ、まずは一歩踏み出すことで、何もしなかった状態よりも、確実に安心に近づくことができます。

変動要素はあるものの、「毎年30万円程度の貯蓄ができれば、90歳くらいまで安心して暮らせるかも」というのは、一つの足下の目標にしやすいのではないでしょうか。

年30万円と聞くと大きな金額に感じますが、月換算だと2万5000円になります。平日が25日と仮定すると1日1000円です。千里の道も一歩から、ではないですが、目標とする金額を年、月、日、と刻んでみると、意外と取り組めそうだと感じるかもしれません。

◆まずは自分が手に届きそうな目安を目標に

統計的なデータから「人並み」を目指す目標額、とにかく年30万円を貯めてみる方法、人生の「貯め期」を目安に手取りの一定割合を機械的に貯める方法と、大きく3つの目安をご紹介してきました。

まずは、自分が納得できる目安や、手が届きそうな目安を目標に、貯蓄習慣をスタートしてみることがおすすめです。

小さな金額を蓄えることが当たり前になると、後からそのスピードを加速することは、ゼロからイチをスタートするよりも、うんと取り組みやすくなります。自分にとっての「当たり前」のステージを少しずつ上げていけると良いですね。
https://bit.ly/2Hyxq5V

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 7 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2