1000万円貯蓄
1000万円の貯蓄がありますか?
私は900万円以上は足りません。
毎日の生活に追われて、貯蓄する気がグラつく日々です。
1000万円貯めている人を大勢見てきた人が言うには、
簡単な4つの習慣さえあれば1000万円を達成できるようです。
達成年齢を決める、自分軸、お肌、メリハリ・・・これを守れば私でも貯まる?
4つは全部無理でも、2つぐらいなら出来そうです。半分で500万かあ~


0円で空き家をもらって東京脱出! [ つるけんたろう ]
今日、ホームレスになった 15人のサラリーマン転落人生 [ 増田明利 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

◆1000万円貯金がある人の習慣とは?
これまで多くの貯まる人・貯まらない人に取材をしてきました。おしゃれで可愛らしい20代の女性会社員で、手取り10万円台ながら1000万円の貯蓄があるという方にも、たくさんお会いしてきました。いっぽう、手取りが20万円、30万円以上あっても、貯蓄が300万円~500万円程度をいったりきたりという人も多くいます。

トラコミュ   辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

45歳からのお金を作るコツ 5年後ではもう遅い! [ 井戸美枝 ]
読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方 [ 山崎俊輔 ]

そこで筆者が、1000万円の貯蓄がある人に多い習慣について、4つお伝えします。



1:「〇歳までに1000万円貯める」という具体的な目標がある
これまで取材でお会いしてきた、1000万円の貯蓄がある人のほとんどが、「○歳までに1000万円貯める」という目標を持っていました。決して、「なんとなく貯めていたら1000万円に到達した」という曖昧なものではないのです。

ビンボーになったらこうなった! [ 橋本玉泉 ]   超貧乏ものがたり [ 尾辻克彦 ]

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

具体的に目標を立て、期限を区切ることで、月々の貯蓄のモチベーションが上がります。また、ムダな出費を少しでも抑えようという気持ちが働きます。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

例えば今、あなたが30歳で、300万円の貯蓄があり、「40歳までに1000万円貯めたい」と思ったら、10年間で700万円を貯めるペースが必要です。1年間あたり70万円なので、1カ月あたりは、70万円÷12カ月=約5.8万円。つまり、月々6万円貯めていけば、40歳に1000万円貯蓄に到達できるというわけです。

ぜひ、具体的に「貯める目標」を立ててみましょう。

おひとりさまのゆたかな年収200万生活 [ おづ まりこ ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

2:お金を使う際には、“自分軸”で考えている
1000万円の貯蓄がある人は、お金を使う際に、必ず自分の価値観と照らし合わせています。「あの人がオススメだと言ったから」「みんなが持っているから」「割引だから」などという“他人軸”で買い物をするのではなく、「自分にとって必要だから、価値があるから」という“自分軸”で判断をしています。

以前、取材で印象的だったのが、1000万円以上貯蓄がある20代女性が言っていた、「たとえ有名ブランドのものでも、実物を見て、ペラペラな素材のもので価値がないと思ったら、私は買いません」という言葉。

つまり、「大切な自分のお金を出す価値があるか」とつねに意識しながら、お金を使う習慣ができているのです。よって衝動買いがグッと減り、ムダな出費がなくなるため、その分貯蓄が増えるということになります。“自分軸”で買ったものは、満足度も高くなるはず。

ぜひ買い物をする際には、“自分軸”を意識してみてくださいね。

貧乏・生活苦ランキング ← 貧しすぎる毎日に、涙が頬を伝う

3:“お肌の手入れ”に気を付けている
意外かもしれませんが、1000万円の貯蓄があるの人の多くが、“お肌の手入れ”に気を付けていました。その理由は、「お肌の手入れは、10年後、20年後の自分につながるから」「一度お肌がボロボロになると、リカバリーするのに大変だから」というもの。

多少高くても、お肌にあう基礎化粧品をじっくり選んでいる人が大多数でした。また、ふだんは節約をしていても、月1回はお肌のエステに行ったり、美容機器を買ったりという人もいました。

お肌のために、睡眠に気を使い、食事も気をつけている人も多くいます。これらのことは、「健康維持」にもつながり、将来の医療費や美容費の削減にもなります。また、健康な状態なら、仕事にも打ち込みやすく、成果も出しやすくなり、収入アップも見込めるかもしれません。

良質な睡眠をとる、規則正しい生活をする、食事に気をつけるなどは、今すぐにできること。ぜひ実践してみてくださいね。

4:出費に“メリハリ”をつけている
1000万円の貯蓄がある人は、出費を何もかも我慢しているわけではありません。毎年海外旅行や国内旅行に行っている人や、好きなアーティストのライブに足しげく通っている人、フラワーアレンジメントやヨガにハマっている人など、「これだけは惜しみたくない」という趣味がある人が大多数でした。

ここで差がつくのが、1000万円の貯蓄がある人は、「出費が多かった場合は、他の出費を削る」という意識があること。海外旅行に行く場合は、その前後2、3カ月程度は職場にお弁当を持っていったり、外食を控えたりと、他の出費をセーブして調整しています。

何かの出費が増えたら、何かの出費を減らす。出費にメリハリをつける意識があれば、趣味などを我慢することなく、1000万円貯蓄に近づくことができるのです。

以上、貯蓄1000万円いく人の習慣4つをお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。「1000万円貯めてみたいな」という方は、漠然と思っているだけでなく、まずは「○歳までに1000万円貯める」という目標を立てるところからスタートしてみてくださいね。
https://bit.ly/2VEkao9

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
      ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 7 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2