プロポーズを断って
人生に決断はつきもので、一瞬ですべてが決まることがあります。
10年前に、商社マンからのプロポーズを断った女性は、
いま人生最大の後悔をしています。
その時の決断がどうあれ、人は何かと後悔する生き物です。
事故や病気が続くとロクなことを考えませんが、次は良いことが起きるかも。


0円で空き家をもらって東京脱出! [ つるけんたろう ]
ズボラな人でも毎日500円玉が貯まるすごい方法 [ 市居愛 ]

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

◆働く女性にとって仕事と恋愛、どちらを取るかは人生の分岐点になることも…。

 両立できればそれに越したことはありませんが、まだまだ世の中が働く女性に優しいとはいえない現在では、実際にはそう簡単なことではなかったりします。

トラコミュ   辛い生活貧乏貧困絶望と後悔 ≫    50代主婦日記

45歳からのお金を作るコツ 5年後ではもう遅い! [ 井戸美枝 ]
読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方 [ 山崎俊輔 ]

◆商社マンからのプロポーズを断ってしまった!

 現在、課長として6人の社員を束ねる渡辺晴香さん(仮名・38歳/メーカー勤務)は、菅野美穂似のキャリアウーマン。28歳のとき、恋人からプロポーズを受けましたが、仕事を理由に断ってしまったそうです。



「相手は友達の結婚式で知り合った同じ歳の商社マン。年収は間違いなく高いし、本人は英語と中国語が堪能(たんのう)なトライリンガル。決してイケメンではなかったけど、優しくていつも楽しませてくれる素敵な彼氏でした」

ビンボーになったらこうなった! [ 橋本玉泉 ]   超貧乏ものがたり [ 尾辻克彦 ]

トラコミュ  ネギも買えない・・・貧乏生活 ≫   60代からの新しい人生

 結婚相手としてもまったく問題なく、一緒になれば幸せな家庭が築けるとも思っていたそう。けれども、悩んだ末に彼女はプロポーズを断ってしまいます。

家計管理・貯蓄ランキング ← 最新を知ろう → 節約・節約術ランキング

「仕事がすごく面白くて、まだ家庭に入りたくなかったんです。実は、プロポーズをしてきたのは、彼に海外転勤の話があったから。結婚したら私も付いていくことになるため、当然仕事は辞めなければいけません。

おひとりさまのゆたかな年収200万生活 [ おづ まりこ ]
恋愛・最貧困女子 「35歳処女」今さら体験できない私たち (コア新書)

 転勤のない仕事であれば、結婚して仕事を続けることも可能でしたが、その選択肢は残念ながらありませんでした」

 恋人と別れた後、しばらくは仕事に打ち込もうと決めていた晴香さん。ところが、そう決意した彼女に水を差す出来事が起きます。

◆ヨリを戻そうと思ったら、すでに新しい彼女がいた

「新プロジェクトのメンバーに抜擢されていたのですが、別れて半年後にチームから外されてしまったんです。仕事でミスをしたとかそういう理由ではないのですが、前に在籍していた部署が退職者が続いて人員不足になり、私が急きょその部署に戻ることになったんです」

 部長から頭を下げられて頼まれてしまったそうで、それを受け入れざるを得なかったとか。会社に勤めている以上、覚悟しなければいけないことですが、それまでのように仕事のモチベーションを保つのは難しかったといいます。

「このとき、頭に浮かんだのは別れた彼のことでした。まだ海外転勤の前だったため、今ならヨリを戻せるかもと思ったんです。でも、彼には新しい彼女ができたばかりでした。

貧乏・生活苦ランキング ← あまりの貧困に、切なすぎて泣ける

 失った存在の大きさを改めて知ることになりましたが、これで私に残されたのは完全に仕事しかありませんでした」

 再びそう誓いますが、アンラッキーな出来事は続きます。この年の正月、帰省中に自損事故を起こして車を大破させてしまったのです。

「アイスバーンでスリップさせてしまい、ガードレールや電柱に衝突してしまったんです。幸い私は軽傷で済みましたが、ひどいむち打ちに悩まされることになりました」

◆事故や病気が相次ぎ、怖くなってお祓いをうけに神社へ

 さらに事故から約1か月後、今度はインフルエンザで会社を1週間休むハメになってしまいます。

「占いでは運気がいいはずだったのに、立て続けに不幸に見舞われてしまい、誰かに取り憑かれているんじゃないかと思ったほど。実際、お祓いを受けに神社に行ったこともありました」

 効果があったのかそれ以降、事故や大きな病気などはありませんでしたが、別れた彼以上の男性にはいまだ出会うことができずにいます。

「30代に入ってから3人の男性と付き合いましたが、相手は独身と言ってたのに妻子がいたり、二股にDVなどロクな連中ばかりじゃなかった(苦笑)。独身であることにあせっていたのかもしれませんが、あまりに男を見る目がない自分に嫌気が差してきます」

 その反動からか2年前に最後の彼氏と別れてからはフリーのまま。すでにアラフォーと呼ばれる歳になっていますが、婚活などは一切やっていないそうです。

「あせって同じ失敗をするのも嫌だし、1人はさびしいけど気楽なのも事実。このまま独身でもいいかなって思うんです。

 後ろはあまり振り向きたくないけど、彼のプロポーズを断ったのは自分の人生の最大の失敗。もし戻れるものなら彼に返事をする前に連れて行ってほしい。本気でそんなことを考えてしまいます」

 海外転勤にかぎらず、国内でも「夫の転勤があると、妻はそれについていくもの」という“固定観念”がまだまだ強いのが現状。夫婦のうち妻の方ばかりが、“仕事か?恋愛か?”の選択を迫られてしまうことに…。

 家族の転勤にともなって休職が取れる制度など、もしも企業が柔軟なシステムをとっていたなら、また彼女の人生もちがっていたのかもしれませんね…。
https://bit.ly/2t6e4ge

 ← 参考になったら、ヨイネしてね
トラコミュ   40代女子の日常 ≫   40歳前後:アラフォーの離婚&再婚

どれか一つ、貧乏を応援してください
    にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ    ありがとうございました

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ 1 にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 2



こんな記事も読まれています
タワマン・・・離婚して破産
生活保護・・・最底辺の生活